• sgbc-devotion

ユダの手紙1:1~4

GOD said,

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい』

『神は愛です』

『主のしもべは栄える』

『あなたの罪は赦された』

2017年3月20日(月)

ディボーション聖句

ユダの手紙1:1~4 1 イエス・キリストのしもべであり、ヤコブの兄弟であるユダから、父なる神にあって愛され、イエス・キリストのために守られている、召された方々へ。 2 どうか、あわれみと平安と愛が、あなたがたの上に、ますます豊かにされますように。 3 愛する人々。私はあなたがたに、私たちがともに受けている救いについて手紙を書こうとして、あらゆる努力をしていましたが、聖徒にひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。 4 というのは、ある人々が、ひそかに忍び込んで来たからです。彼らは、このようなさばきに会うと昔から前もってしるされている人々で、不敬虔な者であり、私たちの神の恵みを放縦に変えて、私たちの唯一の支配者であり主であるイエス・キリストを否定する人たちです。

[聖句メッセージ]

本日から、ユダの手紙に入ります。

1~2節 (1 イエス・キリストのしもべであり、ヤコブの兄弟であるユダから、父なる神にあって愛され、イエス・キリストのために守られている、召された方々へ。2 どうか、あわれみと平安と愛が、あなたがたの上に、ますます豊かにされますように。)

このように聖書は、「神の子」とされたあなたは、死後の世界「神の国」からも信じられない程多くの先輩クリスチャンたちの祈りと注目を浴びていると、教え説きます。目に見えずとも、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を受けたあなたは、神の特別な援護を受けられているののです。しっかり胸に書き記して下さい。

今日の聖句の「ヤコブ」と、その兄弟であった「ユダ」について説明します。 この二人がどういう人物であったのか、一番有力な説を書き記します。 「ヤコブ」とは神の御子Jesusの血縁関係であった弟・ヤコブ(ヤコブ書の筆者)になります。そして「ユダ」とは、神の御子Jesusと仲間たちを裏切った「イスカリオテのユダ」ではなく、十二使徒のもう一人のユダであり、彼もJesusの血縁関係であったと言われているのです。彼らは神の御子Jesusと同じ血縁で生まれ、同じ家庭に育ち、幼少期からJesusと共に育ち過ごしてきたのです。その彼らが同じ血縁関係のJesusを、真の神様の実子であったと証ししたのでした。そして聖書は、Jesusの血縁関係の親族たちが、Jesusだけは神様の本物の実子だったと命がけで証ししたことこそが、何よりの神の奇跡であったと教え説くのです。

・ヨハネ福音書4:44

『主イエスは「預言者(神の証し人)は自分の故郷では尊ばれない」と証言した。』

3節 (3 愛する人々。私はあなたがたに、私たちがともに受けている救いについて手紙を書こうとして、あらゆる努力をしていましたが、聖徒にひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。)

このように聖書は、人は皆、血縁関係の親族たちや、古くから知る友人や知人たちに、目に見えない本物の神様の存在と完全な真理(人生と死の意味と道)を教え説こうとしても、過去の関係性やしがらみが邪魔する為、簡単に福音や真理が伝わらないと預言します。むしろ、過去をよく知らないあかの他人たちの方が神様の存在や人生の正しい真理が伝わりやすいと教え説くのです。しかし神の御子Jesusだけは産まれながらに、まことの神様の完全なご性質と人格が備わっていた為、親族のヤコブとユダもJesusだけは特別な神の御子だったと、命懸けで証言していたと教え説くのです。

・使徒の働き16:31

「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」

3節 (3 愛する人々。私はあなたがたに、私たちがともに受けている救いについて手紙を書こうとして、あらゆる努力をしていましたが、聖徒にひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。)

そして聖書は、もしあなたが神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による神の赦しとBibleの絶対的な真理を堅く信じ続けて、いつか必ずあなたの肉親と大切な人々はJesusを信じて救われると自問自答して祈り、あきらめずに、福音宣教を重荷に生活できれば、あなたの大切なすべての人々は、絶対に救われると約束します。 聖書は、この世の社会と組織はあなたを裏切ることもあり、愛する人々たちさえも傷つけ合い、最後に自分自身にも期待を裏切られる世界を形成しがちなのですが、あなたの救い主JesusとBibleのみことばだけは、永遠に変わらず、あなたを裏切ることはないと、約束するのです。聖書のみことばを堅く信じて、日々の生活習慣を築こうとする人は皆、永遠に揺るがない人生を築けるのです。胸に書き記して下さい。

4節 (4 というのは、ある人々が、ひそかに忍び込んで来たからです。彼らは、このようなさばきに会うと昔から前もってしるされている人々で、不敬虔な者であり、私たちの神の恵みを放縦に変えて、私たちの唯一の支配者であり主であるイエス・キリストを否定する人たちです。)

そして聖書は、人生で何よりも大切なこととは、いかにして、揺るがない自己を確立することであり、永遠に揺るがない自己を確立するには、あなたの創造主なる神様からの真理であるみことばを吸収して生きるしかないと教え説きます。 あなたは、自己確立ができていますか? 自己確立のために聖書を活用していますか? それとも、周囲の人々や組織に影響されて振り回されるばかりで、何よりも大切な自己確立をおろそかに生きていませんか? 自己確立できない人にまことの自由感、幸福、成功的人生はなし得ないのです。

また聖書は、人生で大切なこととは、人生と死の意味と真理をしっかり吸収することで、本物のビジョンや夢を掴み取ることであり、いかにして周囲の人々を受け入れて許すことが重要で、いかに愛すべき人と信じるべき人を見極めながら人間関係を築けるかに懸かっていると教え説くのです。

あなたが親しくしている周囲の人間関係と人間関係のあり方は、神の御心にかなうものですか? あなたの人間関係に見えない敵の誘惑はありませんか?

聖書は、神からあなたに与えられているビジョンや徳を高められる人間関係を見極められる神の知恵の書。胸に書き記して下さい。

あなたに与えられる、あなたの人生を永続的に祝福させられる、神様からの清い夢とビジョンや、人生と死の徳を高められる人間関係形成に期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、神のみことばを通して見えない敵の誘惑と罠となりえる人間関係と人間関係の在り方を教え、造り変えて下さい。

そうすれば皆、人生の徳を高められる、愛に満ちた人間関係を手に入れられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り