• sgbc-devotion

第二コリントの手紙12:1~6

GOD said,

『あなたは癒された』

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい』

『神は愛です』

『主のしもべは栄える』

2017年3月13日(月)

ディボーション聖句

第二コリントの手紙12:1〜6 1 無益なことですが、誇るのもやむをえないことです。私は主の幻と啓示のことを話しましょう。 2 私はキリストにあるひとりの人、イエスを知っています。この人は十四年前に――肉体のままであったか、私は知りません。肉体を離れてであったか、それも知りません。神はご存じです、――第三の天にまで引き上げられました。 3 私はこの人が、――それが肉体のままであったか、肉体を離れてであったかは知りません。神はご存じです、―― 4 パラダイスに引き上げられて、人間には語ることを許されていない、口に出すことのできないことばを聞いたことを知っています。 5 このような人について私は誇るのです。しかし、私自身については、自分の弱さ以外には誇りません。 6 たとい私が誇りたいと思ったとしても、愚か者にはなりません。真実のことを話すのだからです。しかし、誇ることは控えましょう。私について見ること、私から聞くこと以上に、人が私を過大に評価するといけないからです。

[聖句メッセージ]

本日から、第二コリントの手紙は12章です。

1節 (1 無益なことですが、誇るのもやむをえないことです。私は主の幻と啓示のことを話しましょう。)

この時、使徒パウロはBible&メッセージを行動に移せていなかった為に、神の聖霊力と説得力の乏しかった形式的なクリスチャンたちの目を開かせようと、思い切って、秘密にしていた自らの不思議な神の国体験を証ししました。

あなたは、日々のBible&メッセージを聞き流し過ぎた為に、Jesusのような奇跡力や周囲の人々を救える聖霊力が乏しくなってきていませんか?

また、あなたは周囲の人々に思い切った、Jesus信仰の証しができなくなり、小さくまとまり過ぎた虚しい宗教生活を生きていませんか?

聖書は、教会から語られるBible&メッセージを聞き流し過ぎて行動に移せなくなると、段々とJesusのような奇跡力と聖霊力が死んでいくと忠告するからです。

しかし、あなたは悔い改めて、周囲の人々に数多く証しする生活習慣に変えられていき、Jesusのような奇跡力や周囲の人々を救い導ける聖霊力が回復できることを信じます。

尚、以下は使徒パウロが秘密にしていた、神の国の不思議体験による証しです。

・使徒の働き26:14~18

使徒パウロは証しした。『キリストの弟子たちを迫害しようとしていた私たちは、みな地に倒されましたが、そのとき不思議な声があって、ヘブル語で私にこう言うのが聞こえました。「パウロ、パウロ(サウロ)。なぜわたしを迫害するのか。とげのついた棒をけるのは、あなたにとって痛いことだ。」私が「主よ。あなたはどなたですか」と言いますと、主なる神様がこう言われました。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。起き上がって、自分の足で立ちなさい。わたしがあなたに現れたのは、あなたが見たこと、また、これから後わたしがあなたに現れて示そうとすることについて、あなたを神の働き人、また、わたしの証人に任命するためである。わたしは、この神の民と異邦人との中からあなたを救い出し、彼らのところに遣わす。それは彼らの目を開いて、暗やみから光に、サタンの支配から神に立ち返らせ、わたし イエスを信じる信仰によって、彼らに罪の赦しを得させ、聖なるものとされた人々の中にあって、神の御国を受け継がせるためである。』

1節 (1 無益なことですが、誇るのもやむをえないことです。私は主の幻と啓示のことを話しましょう。)

このように使徒パウロは、昔の自分はクリスチャンを迫害する、ユダヤ教の過激派リーダーの一人であったと告白しました。ある日、パウロは未信徒の仲間達と共に、クリスチャンを迫害しに行こうと出かけたのですが、すると急に天から神様の聖なる力が現れてきて、彼はその場で失神させられ、十字架上で死んだはずの神の御子Jesusの御声を聞かされたのです。

尚、Jesusは、神の国から使徒パウロに以下のように語られました。「神の教会とクリスチャンたちを迫害することをやめて、すぐに悔い改めなさい。なぜなら そういう行為は、直接神様に反抗することになり、神の国に戦争をしかける永遠の自殺行為そのものだからです。」とJesusは、使徒パウロに忠告したのです。Jesusは、神の教会にいる礼拝者、奉仕者(クリスチャン)たちとは神のカラダそのものだと、忠告したのです。胸に書き記して下さい。

聖書は、経済至上主義に生かされている私たちは、日々政治経済や関わる組織の奴隷のように忙しい日々を送るしかないのですが、何よりも神のカラダなる教会と、そのJesus Familyたちを大切に生きることこそが、まことの神礼拝(神の国第一主義)だと教え説いたのです。Jesusは神の教会を大切にたてあげようとしている真の礼拝者と奉仕者たちは、必ずいく倍も報われると約束してくれたのです。

・ローマ信徒への手紙8:31

『では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。』

このように聖書は、あなたの神様はJesusを信じて洗礼を受け、教会をたてあげている礼拝奉仕者たちを特別扱いしてくれると約束しています。その報酬とは、あなたの敵には敵となり、あなたの仇には仇となってくれる神の子の特別待遇であり、神の国のVIP待遇だと約束したのです。教会をたてあげているクリスチャンは、この特別待遇をしっかり自覚してBibleに基づいた生活習慣を築けていけば、努力が報われる人生になり変われるのです。この聖書の黄金律をしっかり胸に書き記して下さい。

・使徒の働き17:3

『私があなたがたに伝えているこのイエスこそ、神の救い主キリストなのです。』

2~4節 ( 2 私はキリストにあるひとりの人、イエスを知っています。この人は十四年前に――肉体のままであったか、私は知りません。肉体を離れてであったか、それも知りません。神はご存じです、――第三の天にまで引き上げられました。3 私はこの人が、――それが肉体のままであったか、肉体を離れてであったかは知りません。神はご存じです、――4 パラダイスに引き上げられて、人間には語ることを許されていない、口に出すことのできないことばを聞いたことを知っています。)

そしてBibleは、Jesusは人間の肉体と神の霊的体の二つを併せ持った「創造主なる神様の後継ぎ」、「世界人類のまことの救い主」だと教え説きます。そして聖書は、Jesusのみことばとは神の御力と権威のこもった、永遠の真理だと教え説いたのです。Jesusを信じる者は皆、永遠に報われるのです。

・ヨハネの福音書20:28~29

主イエスは言った。『使徒トマスは、死から復活したイエスに言った。「あなたは私の主。私の神。」そこで、イエスは彼に言われた。「あなたは、復活したわたしを見たから信じたのですか。神の奇跡を見ずに信じる者は幸いです。」』

・第二コリントの手紙10:17~18

『誇りたい者は、主なる神だけを誇りなさい。自分で自分を推薦する人でなく、主に推薦される人こそ、受け入れられる人です。』

5~6節 (5 このような人について私は誇るのです。しかし、私自身については、自分の弱さ以外には誇りません。6 たとい私が誇りたいと思ったとしても、愚か者にはなりません。真実のことを話すのだからです。しかし、誇ることは控えましょう。私について見ること、私から聞くこと以上に、人が私を過大に評価するといけないからです。)

そして聖書は、あなたにパウロのような神の特別な不思議体験などなくても、パウロや奇跡体験の多い仲間たちと比較してねたんだり、霊的体験の乏しさを残念がることもないと、はっきり教え説いています。なぜなら聖書は、そういう神の不思議体験は苦しみや痛みが辛く、神の不思議体験なくして、Bible&メッセージを信じることこそがまことの信仰だと、教え説いたからです。

・第二コリントの手紙10:17~18

『誇りたい者は、主なる神だけを誇りなさい。自分で自分を推薦する人でなく、主に推薦される人こそ、受け入れられる人です。』

・箴言19:21

『人の心には多くの計画がある。 しかし、すべて主の計りごとだけが成る。』

6節 (6 たとい私が誇りたいと思ったとしても、愚か者にはなりません。真実のことを話すのだからです。しかし、誇ることは控えましょう。私について見ること、私から聞くこと以上に、人が私を過大に評価するといけないからです。)

Bibleは、歴史上で偉大な功績と奇跡を起こしてきた偉人たちばかりを過大評価せず、その背後で働かれていた神の知恵とパワーの源である、BibleのみことばとJesusの十字架力だけを何よりの誇りとして生きるように教え勧めています。なぜならBibleは 人間の能力や才能には大差などなく、全ての歴史的功績と奇跡とは、全てが神のご意志と真理が反映されている結果に過ぎないと、教え説くからなのです。誰よりも創造主なる神様を敬愛して、Bibleのみことば&Jesusの十字架を誇りに生きる人は皆、永遠にいく倍も報われるのです。

あなたの人生に現れる、神様からの偉大な功績とその感動的な奇跡に期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし神の教会をたてあげる奉仕活動を行わせて、BibleのみことばとJesusの十字架を何よりも誇りとして生きられるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆の人生に神様の偉大なる功績やJesusのような奇跡が起こり出して、周囲の人々も数多く救われていくからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り