• sgbc-devotion

第一コリントの手紙15:35~44

Jesus said,

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2017年1月31日(月)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙15:35~44 35 ところが、ある人はこう言うでしょう。「死者は、どのようにしてよみがえるのか。どのようなからだで来るのか。」 36 愚かな人だ。あなたの蒔く物は、死ななければ、生かされません。 37 あなたが蒔く物は、後にできるからだではなく、麦やそのほかの穀物の種粒です。 38 しかし神は、みこころに従って、それにからだを与え、おのおのの種にそれぞれのからだをお与えになります。 39 すべての肉が同じではなく、人間の肉もあり、獣の肉もあり、鳥の肉もあり、魚の肉もあります。 40 また、天上のからだもあり、地上のからだもあり、天上のからだの栄光と地上のからだの栄光とは異なっており、 41 太陽の栄光もあり、月の栄光もあり、星の栄光もあります。個々の星によって栄光が違います。 42 死者の復活もこれと同じです。朽ちるもので蒔かれ、朽ちないものによみがえらされ、 43 卑しいもので蒔かれ、栄光あるものによみがえらされ、弱いもので蒔かれ、強いものによみがえらされ、 44 血肉のからだで蒔かれ、御霊に属するからだによみがえらされるのです。血肉のからだがあるのですから、御霊のからだもあるのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

35~36節 (35 ところが、ある人はこう言うでしょう。「死者は、どのようにしてよみがえるのか。どのようなからだで来るのか。」36 愚かな人だ。あなたの蒔く物は、死ななければ、生かされません。)

このようにBibleは、神を敵にまわしている罪深い思考と生き方に取りつかれた、霊的無知な人たちは、以下のように話すと預言します。「神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を受け入れれば、肉体の死後、新しい霊的カラダでよみがえられて、天国に必ず行けると言うのか? では、どのような肉体でよみがえるのか、ハッキリ実証して下さい。そうでなければ、わたしは神の御子Jesusの十字架による神のゆるしや死後の復活と天国行きを信じてられないし、洗礼も受けられない。』などと、難癖をつけたがると預言します。 あなたの周囲には、聖書をしっかり読んごこともないのに、死について知ったかぶりをする、神様に挑戦的な霊的無知な人はいませんか? 聖書は、こういう、神や死に対して知ったかぶりをする高慢な人に神様は敵対すると、ハッキリ教え説いており、神様はこういう人にはご自分の存在を隠し続けると、断言するのです。 聖書で神様は、謙遜かつ素直な清い心で、神とそのみことばに心の耳を傾ける人にしか、天国の門を開かないと、ハッキリ教え説くからなのです。肝に命じて下さい。 しかし聖書は、こういう霊的無知な家族や友人たちであっても、「神の子」とされたあなたが真心から祈り、忍耐し続けて、Bible & Jesusの福音を語り続けるのならば、そういう無知な人たちも神様にゆるされて救われることがあると、教え説くのです。どうか、そういう霊的無知で、神と死について知ったかぶりだけな人たちを嫌がらず、哀れんであげて下さい。なぜなら聖書は、いつの日か、彼らはひどく悲しい死の結末を刈り取ると断言するからです。

・第一コリントの手紙1:19~22

『それは、旧約聖書であなたの主は、こう語られているからです。「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしくする。」この世の知者はどこにいるのですか。賢い学者はどこにいるのですか。この世の立派な議論家はどこにいるのですか。神は、この世の知恵を愚かなものにされたではありませんか。事実、この世が自分の知恵によって、神を知ることがないのは、神の知恵とご計画によるのです。それゆえ、神はみこころによって、信じる人の宣教のことばの愚かさを通してだけ、信じる者を救おうと定められたのです。ユダヤ人は証拠を要求し、ギリシヤ人は論理性を追求します。しかし、私たちは十字架につけられて死に、復活されたキリストを ただ信じて宣べ伝えるのです。ユダヤ人にとってはつまずき、外国人たちにとっては愚かと思えるでしょうが、しかし、ユダヤ人であっても外国人であっても、主に選ばれて召された者達にとっては、キリストのことばは神の力、神の知恵なのです。なぜなら、神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。』

36節 (36 愚かな人だ。あなたの蒔く物は、死ななければ、生かされません。)

Bibleは、人は皆、肉体の死を迎えなければ、創造主なる神様の存在を見ることや、神様のすべてを知ることは許されておらず、神のみことばを証し伝える人々の語る言葉と生き様にしか現れることはないと教え説きます。

・ヤコブの手紙4:8

『幼な子のようになり、神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいてくださいます。罪ある人たち。手を洗いきよめなさい。二心の人たち。心を清くしなさい。』

・ヘブル書11:6

『信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。』

このように聖書は、あなたの主なる神様は、人は皆、二心(本音と建て前)のズル賢さがあるのをご存知であり、主なる神様を自分のご利益の為に利用したり、神様を試そうとするずる賢い人々には、永遠の神の国(天国)と人生と死の秘密や、神の知恵を悪用させない為に、そういう不信仰なご利益主義の人たちには、絶対に現れないと教え説きます。 聖書は、創造主なる神様は、人は皆、自分本位な罪深い心をあわせもっているので、真心から幼子のようになって、純粋に神のみことばを信じて祈り求める神の子たちの証しや預言のことばでしか、神の存在と御声を現さないことを決められたと、教え説くのです。人間の罪深さと限界を知り、幼子のように素直になって、神の国の奥義と人生と死の真理である聖書のみことばに耳を傾ける姿勢が重要なのです。

・ローマ信徒への手紙10:17

『信仰とは聞くことから始まります。』

このように聖書は、本物の神信仰とは、あなたがどう考えているのか、どう思うのかは重要ではなく、何よりも第一に大切なことは、いかにして、日々のBible & メッセージや同じJesus Familyたちから語られるみことばの解き明かしや証しのことばに、聞く耳を傾けられるかだけに、かかっていると教え説きます。神の感動的な奇跡や愛の御業を引き出すのに重要なのは、ただ 黙って集中しながら、神のBible & メッセージに耳を傾けられるかだけがポイントだと教え説くのです。聖書は、Bible & メッセージに耳を傾けられない自己満足なだけの信仰ならば、すぐに悔い改めるべきだと忠告するのです。 あなたはBible & メッセージが何を言わんとしているのか深く黙想して心の耳を傾けることよりも、自分本位の思考ばかり働かせようとする、虚しい自己満足なご利益宗教になり下がっていませんか? 聖書は、こういう自分本位な人には神の感動的な奇跡や神の御声は現れないと、忠告しています。肝に命じて下さい。

37~44節 (37 あなたが蒔く物は、後にできるからだではなく、麦やそのほかの穀物の種粒です。38 しかし神は、みこころに従って、それにからだを与え、おのおのの種にそれぞれのからだをお与えになります。39 すべての肉が同じではなく、人間の肉もあり、獣の肉もあり、鳥の肉もあり、魚の肉もあります。40 また、天上のからだもあり、地上のからだもあり、天上のからだの栄光と地上のからだの栄光とは異なっており、41 太陽の栄光もあり、月の栄光もあり、星の栄光もあります。個々の星によって栄光が違います。42 死者の復活もこれと同じです。朽ちるもので蒔かれ、朽ちないものによみがえらされ、43 卑しいもので蒔かれ、栄光あるものによみがえらされ、弱いもので蒔かれ、強いものによみがえらされ、44 血肉のからだで蒔かれ、御霊に属するからだによみがえらされるのです。血肉のからだがあるのですから、御霊のからだもあるのです。)

またBibleは、主イエスの十字架上の身代わりの死と弁護(贖罪)と死後の復活を信じた人は皆、やがて肉体は死んでも、必ず、新たな霊的なカラダが与えられると約束してくれます。新しい霊的なカラダとは、それぞれの個性は残されますが、決して朽ちることのない、神様と同じような性質を持つ栄光の姿、神に似た形を意味します。聖書は、それはまるで天使のようであり、人生で味わったことのない神の清い似姿に生まれ変われると教え説くのです。ただただ、創造主なる神様に期待して、肉体の死後の永遠なる天国人生を 楽しみに待ち望むことも重要なのです。

・創世記1:27

『神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして人を創造し、男と女とに彼らを創造された。』

・ルカの福音書1:27

Jesusは言った。『神にとって不可能なことは一つもありません。』

44節 (44 血肉のからだで蒔かれ、御霊に属するからだによみがえらされるのです。血肉のからだがあるのですから、御霊のからだもあるのです。)

そしてBibleは、あなたの創造主なる神様はこの世界人類に血肉の肉体を創造されたのだから、肉体の死後も、新しい霊的なカラダを用意してくれないはずがないと、教え説きます。聖書は、あなたの創造主なる神様は無から有を創造されるお方であり、決して不可能などないお方だと、教え説くのです。死後の神の国と新たな霊的カラダのかことを信じるか、信じられないかは、あなた次第。しかし聖書は、不可能を可能に出来る創造主なる神様と、その聖書のみことばの預言を受け入れられない人には、永遠なる神の救い「天国行き」はあり得ないと、はっきり忠告するのです。信じる人たちだけが、永遠に救われるのです。

世界人類の救い主である、神の御子Jesusからあなたに与えられる、神の感動的な奇跡と肉体の死後の永遠の霊的なカラダに期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、幼な子のように素直になって、日々のBible & メッセージを集中して聞き、数多く神の知恵と永遠なる真理をしっかり蓄えられるようにして下さい。 そうすれば、皆に神の感動的な奇跡が起こり出し、肉体の死後も神様や天使に似た、永遠なる霊的カラダが与えられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り