• sgbc-devotion

第一コリントの手紙14:26~33

Jesus said,

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2017年1月25日(水)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙14:26~33

26 兄弟姉妹たち。では、どうすればよいのでしょう。あなたがたが集まるときには、それぞれの人が賛美したり、教えたり、黙示を話したり、異言を話したり、解き明かしたりします。そのすべてのことを、徳を高めるためにしなさい。

27 もし異言を話すのならば、ふたりか、多くても三人で順番に話すべきで、ひとりは解き明かしをしなさい。

28 もし解き明かす者がだれもいなければ、教会では黙っていなさい。自分だけで、神に向かって話しなさい。

29 預言する者も、ふたりか三人が話し、ほかの者はそれを吟味しなさい。

30 もしも座席に着いている別の人に黙示が与えられたら、先の人は黙りなさい。

31 あなたがたは、みながかわるがわる預言できるのであって、すべての人がみことばの預言を学ぶことができ、すべての人がみことばの勧めを受けることができるのです。

32 預言者たちの霊は預言者たちに服従するものなのです。

33 それは、神が混乱の神ではなく、平和の神だからです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

26節 (26 兄弟姉妹たち。では、どうすればよいのでしょう。あなたがたが集まるときには、それぞれの人が賛美したり、教えたり、黙示を話したり、異言を話したり、解き明かしたりします。そのすべてのことを、徳を高めるためにしなさい。)

このようにBibleは、神に救われた人々は主イエスの教会に集まって礼拝賛美したり、日々のBible & メッセージ(聖書の黙示)の恵みを証しし合ったり、互いにみことばを聞いて学び合うように教え勧めます。日々のBible & メッセージを学びながら礼拝賛美し続けれる人は皆、神のみことばの預言力と聖霊力を磨き育てることができるのです。胸に書き記して下さい。

・マタイ福音書13:41~42

Jesusは言った。『人の子イエスは天の御使いたちを遣わします。彼らは、つまずきを与える者や御ことばの不法を行う者たちをみな、神の御国から取り集めて、火の燃える炉に投げ込みます。彼らはそこで泣いて歯ぎしりするのです。』

・第一コリントの手紙10:23

『すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことがあなたに有益とはかぎりません。すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが人の徳を高めるとはかぎりません。』

・第一コリントの手紙14:3

『ところが、御ことばの預言をする者は、人の徳を高めるために、勧めをなし、慰めを与えるために、人に向かって話します。』

・マタイ福音書11:6

Jesusは言った。『だれでもわたしのみことばにつまずかない者は幸いです。』

26~27節 (26 兄弟姉妹たち。では、どうすればよいのでしょう。あなたがたが集まるときには、それぞれの人が賛美したり、教えたり、黙示を話したり、異言を話したり、解き明かしたりします。そのすべてのことを、徳を高めるためにしなさい。27 もし異言を話すのならば、ふたりか、多くても三人で順番に話すべきで、ひとりは解き明かしをしなさい。)

そしてBibleは、神に救われた「神の子」たちは、いつどんな時も神の国を言い広めようと尽力して、主イエスの教会の徳を高められる言葉遣いや生活習慣を心掛けるように教え勧めています。なぜなら、聖書はあなたの周囲の人々や見えない敵たちは、「神の子」とされたあなたの日々の言動と、生活習慣の様子を観察しているので、神を味方につけられる模範を示すようにと、忠告するのです。

聖書は、もしあなたが見えない敵に打ち勝ちながら、周囲の大切な人々を救い導きたいのならば、あなたが神の聖霊力と説得力を表す言動と模範を示すしかないと教え説きます。人任せでは見えない敵には打ち勝てず、周囲の人々も救い導くことはできないのです。あなたはより良く造り変えられて、見えない敵に打ち勝ち、周囲の人々を救い導くためにBibleのみことばとHoly Spiritを授かったのです。肝に命じて下さい。

26~27節 (26 兄弟姉妹たち。では、どうすればよいのでしょう。あなたがたが集まるときには、それぞれの人が賛美したり、教えたり、黙示を話したり、異言を話したり、解き明かしたりします。そのすべてのことを、徳を高めるためにしなさい。27 もし異言を話すのならば、ふたりか、多くても三人で順番に話すべきで、ひとりは解き明かしをしなさい。

そして使徒パウロは、神の聖霊力と説得力の乏しかったコリント教会の仲間たちに、主イエスの教会から語られるみことばの忠告と、預言に反する自己流のクリスチャンLIFEを築いては、神の偉大な御業が現れるどころか、かえってその罪深い言動と生活習慣により、周囲の人々を躓かせてしまい、必要以上の試練と災いを招くことになると注意しました。主イエスの十字架のゆるしを受けられるキリスト者は、何をしても裁かれない自由があるのですが、あなたの内なる聖霊と教会のJesus Familyたちをガッカリさせてばかりでは、結果必要以上の試練と災いを招くことになると忠告するのです。

・第一コリントの手紙10:31~32

『こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現すためにしなさい。ユダヤ人にも、他国人にも、神の教会にも、つまずきを与えないように生活しなさい。』

また聖書は、もしあなたに神の国の特別な恩恵や助けが必要ならば、日々のBible & メッセージから自らの生活習慣と、生き様を照らし合わせて祈りつつ、できる限り悔い改めようとするしかないと、教え説きます。現実とみことばを照らし合わせて、自己満足ではなく、神様の御業と周囲の人々を動かせる程の説得力と聖霊力の備わった生活習慣に、日々改善し続けるしかないのです。あなたにその自信がなくとも、あなたの内なる聖霊に不可能はありません。

26~31節 (26 兄弟姉妹たち。では、どうすればよいのでしょう。あなたがたが集まるときには、それぞれの人が賛美したり、教えたり、黙示を話したり、異言を話したり、解き明かしたりします。そのすべてのことを、徳を高めるためにしなさい。27 もし異言を話すのならば、ふたりか、多くても三人で順番に話すべきで、ひとりは解き明かしをしなさい。

28 もし解き明かす者がだれもいなければ、教会では黙っていなさい。自分だけで、神に向かって話しなさい。29 預言する者も、ふたりか三人が話し、ほかの者はそれを吟味しなさい。30 もしも座席に着いている別の人に黙示が与えられたら、先の人は黙りなさい。31 あなたがたは、みながかわるがわる預言できるのであって、すべての人がみことばの預言を学ぶことができ、すべての人がみことばの勧めを受けることができるのです。)

このように使徒パウロは、人が集まるところではいつも真理を軸としながら、お互いの徳を高め合うことを第一に心掛けなさいと、教え説きました。

『徳を高める』とは、創造主なる神様が個々の人間に与えられた能力を発見し合い、認め合いながら、お互いの能力を磨き合い、主イエスの愛と永遠なる真理のみことばを軸にした社会生活を築くようにという意味があります。

またBibleは、神の子とされたあなたは、いつも教会の徳を高めることを意識することも重要であり、Jesus Familyからの信頼や尊敬を獲得しながら、教会から語られるみことばの預言を軸に、教会の人間関係や組織運営をしっかり立てあげることで、立派な神のカラダなる教会を形成して生きるようにと教え勧めます。Bibleは主イエスの教会の徳を高める者たちは、神の特別な奇跡が任されると約束してくれます。神の国とその教会の徳を高めようとする人は皆、必ず神の特別な奇跡を受け取れるのです。

・箴言27:17

『鉄は鉄によってとがれ、 人はその友によってとがれる。』

Bibleで教える、真の愛に満ちた親友関係とは、それぞれが お互いの徳を高め合う為に、叱咤激励しあったり、お互いに助け合おうとする友愛関係だと教え説きます。Bibleは、真の揺るがぬ友愛関係を学び取れる、神の愛の書。あなたの友人関係に表れる、神が認めて祝福して下さるまことの友愛関係に期待します。

・ルカの福音書12:51

Jesusは言った。『あなたがたは、わたしが、この地に ただの平和を与えるために来たと思っているのですか。そうではありません。あなたがたに言いますが、まずは、偽りの平和を壊しに来たのです。』

27~33節 (27 もし異言を話すのならば、ふたりか、多くても三人で順番に話すべきで、ひとりは解き明かしをしなさい。28 もし解き明かす者がだれもいなければ、教会では黙っていなさい。自分だけで、神に向かって話しなさい。29 預言する者も、ふたりか三人が話し、ほかの者はそれを吟味しなさい。30 もしも座席に着いている別の人に黙示が与えられたら、先の人は黙りなさい。31 あなたがたは、みながかわるがわる預言できるのであって、すべての人がみことばの預言を学ぶことができ、すべての人がみことばの勧めを受けることができるのです。32 預言者たちの霊は預言者たちに服従するものなのです。33 それは、神が混乱の神ではなく、平和の神だからです。)

このように聖書は、神の御子Jesusは、この世界の見せかけの平和や薄っぺらい愛の関係を正して、真の愛と揺るがない平和を教え諭すために来られたと教え説きます。

あなたの救い主Jesusとその言霊力は、神の子とされたあなたの周囲の偽りの平和や、見せかけの友愛関係を壊してつくり直したり、愛に冷えた家族愛を回復させられると預言するのです。あなたの神様は、あなたの全ての人間関係をより良く造り変えて下さる、真の愛なるお方なのです。

33節 (33 それは、神が混乱の神ではなく、平和の神だからです。)

またBibleは、人は皆、神のみことばの預言と約束を第一にする人生を本気で築いていけば、あなたの人間関係に情熱的で、感動的なJesus Loveが表れると約束してくれます。Bible & Jesusのみことばで人間関係をしっかり築いていけば、命懸けで愛し合える家族関係、神の家族関係、友愛関係の絆を手に入れると約束するのです。

あなたの人間関係に現れる、神の情熱的な愛と揺るがぬ平和、絆力に期待します。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を Jesus Loveで満たして、神のみことばの預言と約束を軸にしながら、主イエスの教会の徳と周囲の人々の徳を高められる生活習慣を築けるようにして下さい。

そうすれば皆、今までない程の神の特別な恩恵や奇跡を刈り取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り