• sgbc-devotion

第一コリントの手紙12:13~18

GOD said,

『あなたは癒された』

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい』

『神は愛です』

『主のしもべは栄える』

2017年1月17日(火)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙12:13~18 13 なぜなら、私たちはみな、ユダヤ人も外国人も、奴隷も自由人も、一つのからだとなるように、一つの御霊によってバプテスマを受け、そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。 14 確かに、からだはただ一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。 15 たとい、足が、「私は手ではないから、からだに属さない」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。 16 たとい、耳が、「私は目ではないから、からだに属さない」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。 17 もし、からだ全体が目であったら、どこで聞くのでしょう。もし、からだ全体が聞くところであったら、どこでかぐのでしょう。 18 しかしこのとおり、神はみこころに従って、からだの中にそれぞれの器官を備えてくださったのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。

・創世記1:1,27 『初めに、創造主なる神が天と地を創造した。そして神は、人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして人を創造し、男と女とに人を創造されたのだ。』

13節 (13 なぜなら、私たちはみな、ユダヤ人も外国人も、奴隷も自由人も、一つのからだとなるように、一つの御霊によってバプテスマを受け、そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。)

このようにBibleは、あなたの創造主なる神様は、この世界人類の全ての造り主であり、全世界共通の神であると、教え説きます。胸に書き記して下さい。

・ダニエル書7:25~27 『主を信じない彼らは、いと高き方、主に逆らうことばを吐き、いと高き方、主を信じる聖徒たちを滅ぼし尽くそうとする。そして、主を信じない人々は、時と法則を変えようとし、神の聖徒たちは、ひと時とふた時と半時の間、敵の手にゆだねられる。しかし、主のさばきが行われ、敵の主権は奪われて、主を信じない彼らは、永久に絶やされ、滅ぼされる。全ての国と、主権と、天下の国々の権威とは、いと高き方の聖徒である民に与えられる。その御国は永遠の国。やがて、すべての主権は神の民たちに仕え、服従する。』

このようにBibleは、ある一定期間だけ、Bibleを信じられない神の敵対者たちがこの世界を支配することがありますが、必ず世界中にBibleの神様のみことばと預言が広がっていき、いつの日か神の民「クリスチャン」たちが、この世界の中心的な役割をするように成り変わると預言していました。その預言通り、現在の世界日時の標準となっている「西暦2017年」とは、主イエスが誕生してから2017年目であり、主イエスの誕生を祝うクリスマスは世界に希望を与える聖日で、今や世界中には23億人のクリスチャンが存在しているのです。あなたが信じるBible & Jesusは、今や世界で一番影響力があり、世界で最高な権威を誇っているのです。JESUSの預言通り、全ての聖書のみことばは、必ず成就していくのです。肝に命じて下さい。

・ピリピの手紙3:20~21 『私たちの国籍は天国にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として、再びおいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。キリストは、万物をご自身に従わせることのできる、神の御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じ姿に変えてくださるのです。』

13~18節 (13 なぜなら、私たちはみな、ユダヤ人も外国人も、奴隷も自由人も、一つのからだとなるように、一つの御霊によってバプテスマを受け、そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。14 確かに、からだはただ一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。15 たとい、足が、「私は手ではないから、からだに属さない」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。16 たとい、耳が、「私は目ではないから、からだに属さない」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。17 もし、からだ全体が目であったら、どこで聞くのでしょう。もし、からだ全体が聞くところであったら、どこでかぐのでしょう。18 しかしこのとおり、神はみこころに従って、からだの中にそれぞれの器官を備えてくださったのです。)

そしてBibleは、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を信じて、父なる神様にすべての罪悪と過ちをゆるされて、贖罪されたあなたの国籍は、今や永遠なる天国に移されていると、約束しています。あなたは肉体の死後、神さまや天使たちと同じような永遠の霊的カラダが与えられ、天国人として神の国に帰還出来ると約束するのです。 また聖書は、今すでに世界中の天国人は23億人以上もいると教え説いており、皆、あなたの永遠なる兄弟姉妹だと教え説くのです。 あなたは、国籍を超越した同じ天国人たちと聖書のみことばで一致して祈り合い、神の国の愛と平和を実現する為に、神様に選ばれたのです。愛するこの日本と世界平和の為にも、この使命を祈り実践しようとする人々は皆、いく倍も報われるのです。 ・第一コリントの手紙10:17 『主イエスはお一つですから、私たちは 多数であっても、一つの神のからだなのです。それは、みなの者がともに一つの主イエスの御ことばを食べるからです。』

・第一コリントの手紙1:10 『教会のみなは一致して、仲間割れすることなく、同じ心、同じ判断を完全に保ってください。』

・第一コリントの手紙12:6 『教会のみなの賜物や奉仕、働きには違いがありますが、神はすべての人の中ですべての働きをなさる同じ神です。』

14~18節 (14 確かに、からだはただ一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。15 たとい、足が、「私は手ではないから、からだに属さない」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。16 たとい、耳が、「私は目ではないから、からだに属さない」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。17 もし、からだ全体が目であったら、どこで聞くのでしょう。もし、からだ全体が聞くところであったら、どこでかぐのでしょう。18 しかしこのとおり、神はみこころに従って、からだの中にそれぞれの器官を備えてくださったのです。)

このようにBibleは、教会のJesus Familyには様々な違いや個性がありますが、皆の主なる神様とそのみことばは同じであり、教会のJesus Familyたちと同じ信仰心と同じ判断力を保てなければ、大した神の奇跡は引き出せないと忠告しています。教会のJesus Familyたちと真理に基づいた、神の国拡大の共通の夢や使命感を大切に生きることも重要です。

あなたは教会のJesus Familyたちと共通した神の国拡大の夢と使命を持っていますか? 自分の欲望と夢しか大切にできない人に、神の偉大なる奇跡や永遠なる恩恵は皆無です。肝に命じて下さい。

・テトスの手紙2:8 『みことばに敵対する者は、何も悪いことが言えなくなって、恥じ入ることになるでしょう。』

このように聖書は、Bible & Jesusのみことばを軽視して思い上がり続ければ、結果として人生最大の恥と大損を刈り取ることになると忠告します。永遠なる幸福と揺るがぬ成功的な人生を勝ち取るには、真理に基づく精神と生き様が問われると忠告するのです。胸に書き記して下さい。

あなたとあなたが関わる教会のJesus Familyたちに現れる、山をも動かせる程の信仰による一致と信頼関係に期待します。 AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、永遠なる天国民としての自覚と使命感を悟らせて下さい。そして主よ、皆と教会のJesus Family達に同じみことばと共通のビジョンを持たせ、信仰と使命の一致による信頼関係を築かせて下さい。

そうすれば、皆の人生に山をも動かせる程の神の奇跡が現れ出すからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り