• sgbc-devotion

第一コリントの手紙11:1~9

Jesus said,

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2017年1月10日(火)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙11:1~9

1 私がキリストを見ならっているように、あなたがたも私を見ならってください。

2 さて、あなたがたは、何かにつけて私を覚え、また、私があなたがたに伝えたものを、伝えられたとおりに堅く守っているので、私はあなたがたをほめたいと思います。

3 しかし、あなたがたに次のことを知っていただきたいのです。すべての男のかしらはキリストであり、女のかしらは男であり、キリストのかしらは神です。

4 男が、祈りや預言をするとき、頭にかぶり物を着けていたら、自分の頭をはずかしめることになります。

5 しかし、女が、祈りや預言をするとき、頭にかぶり物を着けていなかったら、自分の頭をはずかしめることになります。それは髪をそっているのと全く同じことだからです。

6 女がかぶり物を着けないのなら、髪も切ってしまいなさい。髪を切り、頭をそることが女として恥ずかしいことなら、かぶり物を着けなさい。

7 男はかぶり物を着けるべきではありません。男は神の似姿であり、神の栄光の現れだからです。女は男の栄光の現れです。

8 なぜなら、男は女をもとにして造られたのではなくて、女が男をもとにして造られたのであり

9 また、男は女のために造られたのではなく、女が男に仕えるために造られたのだからです。

[聖句メッセージ]

本日から、第一コリント人への手紙は11章です。

1節 (1 私がキリストを見ならっているように、あなたがたも私を見ならってください。

) 

このローマ信徒への手紙を書いたのは、使徒パウロでした。彼はこの手紙を書き送ったローマ教会を開拓した主任牧師(長老職者)だったのです。Bibleの教える長老とは、ただの年配者を言うのではなく、神のみことばを解き明かす為に神の召しを受けた教会の監督者たちで、神の協力者となるために正式に按手礼を受けて教会の聖職者や監督者とされた人々のことを言うのです。胸に書き記して下さい。

・マタイ福音書8:4

『イエスは言われた。「気をつけて、だれにも話さないようにしなさい。ただ、人々への証しのために、行って、自分を祭司と長老にだけ見せて話しなさい。」』

・第一テモテの手紙5:17

『よく、教会の指導の任に当たっている長老は、二重に尊敬を受けるにふさわしいものとしなさい。特に、みことばの教えのためにほねおっている長老職者は特にそうです。』

・第一ペテロの手紙5:5

『同じように、若い人たちよ。長老たちに従いなさい。みな互いに謙遜を身に着けなさい。神は高ぶる者に敵対し、へりくだる者に恵みを与えられるからです。』

1~2節 (1 私がキリストを見ならっているように、あなたがたも私を見ならってください。2 さて、あなたがたは、何かにつけて私を覚え、また、私があなたがたに伝えたものを、伝えられたとおりに堅く守っているので、私はあなたがたをほめたいと思います。)

これらのBibleのみことばを堅く信じて、神の教会の監督者たちのBible & メッセージや、とりなしの祈りを信頼する人は皆、神の更なる後ろ盾と奇跡を引き出せるのです。なぜなら聖書は、それこそがいつも神様を味方に引き寄せられ、祈りが更に効かれる人生の黄金律だと約束するからです。

あなたには長らく解決しない問題や、原因不明の体調不良、病気はありませんか?

もし、そういう問題や体調不良があるのなら、自分で解決しようとばかりせず、思い切って、教会の聖職者並びに長老職者に打ち明けて、聖書のみことばで心一つに祈り続けることも大切です。なぜならそういう人に、神の特別な奇跡や癒しが起こると聖書は約束するからです。この聖書の教える神の奇跡の黄金律を胸に書き記して下さい。

・ヤコブ書5:14

『あなたがたのうちに病気や問題のある人はいますか。その人は教会の長老たちを招き、主の御名によって、祈ってもらいなさい。なぜなら信仰による祈りは、病む人を回復させ、主はその人を立たせてくださるからです。また、もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されるからです。』

このように聖書は、教会の監督者たちの祈りは、神の特別な油注ぎを受けているので、神の特別な奇跡や癒しを引き出しやすいと教え説きます。神のカラダなる教会の監督者たちと同じみことばと祈りで一致できる時、神の奇跡を生み出せる教会力を引き出せると教え説くのです。この神様が造られた神の国のシステムを決して、侮らないことが重要です。信じる者は、いつか必ず報われるからです。

・第一ペテロの手紙3:7

『男たちよ。女性の肉体が自分よりも弱い器だということをわきまえて生活し、いのちの恵みをともに受け継ぐ者として尊敬しなさい。それは、あなたがたの祈りが妨げられないためです。』

3節 (3 しかし、あなたがたに次のことを知っていただきたいのです。すべての男のかしらはキリストであり、女のかしらは男であり、キリストのかしらは神です。)

Bibleで世界人類の創造主は、人類のほとんどの女性たちを男性よりも肉体の力が弱い器に造られたと教え説いています。しかし男性は、肉体の強さが女性よりも多く与えられた分、女性の弱さをわきまえて尊敬しなくては、神への祈りの効力や神の偉大な祝福を手放すリスクがあると忠告します。神に選ばれし男性は、母、妻、周囲の女性や子どもたちの弱さを理解しながら、大切にリスペクトしなくては、大した祈りの応答を受けられず、神様に用いられることも皆無なのです。神の国は、自分より腕力の劣る女性や子どもたちを大切にする男性たちに味方するのです。肝に命じて下さい。

・第一テモテの手紙4:1

『しかし、神の御霊が明らかに預言して言われるように、これから後の時代になると、国々の指導者たちは惑わす霊と悪霊の教えとに心を奪われていき、人々の多くは御言葉信仰から離れるようになります。』

Bibleは、今の時代は何よりも大切な真理や愛よりも、悪霊が支配している経済至上主義の弱肉強食の時代であり、差別と矛盾多き悪い世界だと教え説きます。そして聖書は、この世界は体力、財力、権力の強さを誇示している様々な男性指導者達が真理や弱きを助ける隣人愛を軽視しており、か弱い女性や子供たちの未来をも一方的に支配していて、男尊女卑や経済格差を基準にした、弱肉強食の悪い社会を形成しがちがと教え説くのです。

・ローマ信徒への手紙2:11

『しかし、神にはえこひいきなどはないのです。』

3~9節 (3 しかし、あなたがたに次のことを知っていただきたいのです。すべての男のかしらはキリストであり、女のかしらは男であり、キリストのかしらは神です。4 男が、祈りや預言をするとき、頭にかぶり物を着けていたら、自分の頭をはずかしめることになります。5 しかし、女が、祈りや預言をするとき、頭にかぶり物を着けていなかったら、自分の頭をはずかしめることになります。それは髪をそっているのと全く同じことだからです。6 女がかぶり物を着けないのなら、髪も切ってしまいなさい。髪を切り、頭をそることが女として恥ずかしいことなら、かぶり物を着けなさい。7 男はかぶり物を着けるべきではありません。男は神の似姿であり、神の栄光の現れだからです。女は男の栄光の現れです。8 なぜなら、男は女をもとにして造られたのではなくて、女が男をもとにして造られたのであり9 また、男は女のために造られたのではなく、女が男に仕えるために造られたのだからです。)

聖書は、あなたの神様には男女差別、経済格差、年功序列などのえこひいきはないと教え説きます。今日の聖句を誤解しないことが重要なのです。

今日の聖句で、あなたの神様は高慢無知で、罪深い男性権力者たちのセクハラ、パワハラや不品行の罪悪から女性を守る為にも、あえて女性に身を守る知恵を授けています。聖書は、女性は女性美や色気を前面に出すことよりも、 女性としての内なる魅力と可能性を磨くことの方が大切であり、むしろ目立ち過ぎないヘアスタイルや身なりをするなどして、男性の罪悪や性的蔑視から身を守るようにと教え説いただけなのです。

また現在も今日の聖句にそのまま従っているイスラム諸国とユダヤ教徒達(一部)の人々は、魅力的かどうかは別として、離婚率、性犯罪件数、堕胎件数、不倫者が極めて低いのも事実です。このように人は皆、神のみことばに従って自制すると、様々な犯罪と災いや家庭崩壊から守られる事実があるのです。

また聖書は、主イエスの十字架上の身代わりの死と弁護を信じて、神の永遠なるゆるしを受けられたあなたは、何をしても、神様からも裁かれない永遠の自由が与えられていると、教え説いていますが、聖書は女性が性を意識し過ぎながら美を追求し過ぎたり、恋愛によるエロス志向を突き詰めれば突き詰めるほど、多くの男女関係は乱れやすく、また罪深くなり、性犯罪件数、不倫率、離婚率、家庭崩壊率や傷ついた女性、子供たちが増えると預言します。異性やエロスを意識したり、美を追求するのは自由ですが、何事も行き過ぎは人生崩壊に繋がると忠告するのです。

・ルカの福音書22:26

Jesusは言った。『あなたがたの間で一番偉い人は一番年の若い者のように仕えなさい。また、治める人は仕える人のようでありなさい。』

8〜9節 (8 なぜなら、男は女をもとにして造られたのではなくて、女が男をもとにして造られたのであり9 また、男は女のために造られたのではなく、女が男に仕えるために造られたのだからです。)

また聖書は、女性は男性に仕えてあげる時、神様に与えられた魅力と聖霊力がより多く引き立つと、教え説きます。またJesusは、男性だろうが、女性であろうが、喜んで周囲の人々に仕えらる人ことが神の国では一番偉く、また神様からの素晴らしい報いを受けられると、教え説いています。「神の子」とされたあなたは、主イエスのように、周囲の人々に仕える為に選ばれました。

「神の子」とされているあなたが、更に周囲の人々に喜んで仕えるようになり、もっと神様からの素晴らしい良い実を刈り取れる人生になれることを期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして、周囲の人々をえこひいきせず、真心から尊敬し合い、仕えあえるようにして下さい。そして、皆の霊の目を醒まさせ行き過ぎた性意識、恋愛感情を抱かないようにバランスを調整して下さい。お願いします。

そうすれば、皆の全ての人間関係、異性関係がより良くなり、神の素晴らしい良い実も、数多く刈り取れる人生になれるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り