• sgbc-devotion

第一コリントの手紙3:18~23

Bible said,

『神は愛です。』

『力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いが伴っているからです。』

『あなたの罪は赦された。』

『主は絶えず、あなたを導く。』

2016年12月14日(水)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙3:18~23

18 だれも自分を欺いてはいけません。もしあなたがたの中で、自分は今の世の知者だと思う者がいたら、知者になるためには愚かになりなさい。

19 なぜなら、この世の知恵は、神の御前では愚かだからです。こう書いてあります。「神は、知者どもを彼らの悪賢さの中で捕らえる。」

20 また、次のようにも書いてあります。「主は、知者の論議を無益だと知っておられる。」

21 ですから、だれも人間を誇ってはいけません。すべては、あなたがたのものです。

22 パウロであれ、アポロであれ、ケパであれ、また世界であれ、いのちであれ、死であれ、また現在のものであれ、未来のものであれ、すべてあなたがたのものです。

23 そして、あなたがたはキリストのものであり、キリストは神のものです。

[聖句メッセージ]

本日で、第一コリントの手紙3章は終わりです。

18節 (18 だれも自分を欺いてはいけません。もしあなたがたの中で、自分は今の世の知者だと思う者がいたら、知者になるためには愚かになりなさい。 )

『自分を欺いてはいけません』とは、人と張り合うために、または、人に良く見せるために本当の自分を偽ってはいけないという、忠告になります。

あなたは、自分の弱さや足りなさを隠そうと振舞ったり、人によく見せようと偽ったり、見せかけの格好よさや強がりを つくろうことはありませんか?

聖書は、こういう人に不可能を可能にするJesusの十字架力と神の奇跡は任されないと注意しているのです。キリストの十字架力を悟って、人目を恐れずに自由に生きられたり、神の奇跡と偉大なる恩恵を受けるのに大切なのは、真実の自分らしさを追求し受け入れて生きることでもあります。肝に命じて下さい。

・第一サムエル記16:7

『主は仰せられた。「彼の容貌や、背の高さ、見かけばかりを見てはならない。わたしは彼を退けている。なぜなら、わたしは人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る。」』

またBibleは、真心からBible & メッセージを読む人々には、その人の心の深みと真実の自分らしさを見極めさせ、どう思考して生きるべきなのかを教え諭してくれる、全人生の取扱説明書であり、神の知恵の書と言われています。日々のBible & メッセージから、現在の本当の自分の状態を把握して受け入れ、人に良く見せることよりも、主イエスの十字架に自分自身を明け渡しながら悔い改め、自分らしく生きることに努める人は皆、神の奇跡と味方をつけられるのです。そうすれば、Bible & Jesusのみことばはあなたを癒して守り導き、あなたをより良く造り変えてくださるからです。胸に書き記して下さい。

そしてBibleは、人に良く見せようとばかりしたり、人と張り合う気持ちがいつも先行しては、神の聖霊の奇跡と味方をつけられる幸いな人生を取り逃がしやすいと、忠告しています。周囲の人々の目よりも、神様によく思われる人生を意識する人たちの方が神の奇跡と偉大なる聖霊力は任されるのです。

・箴言29:25

『人を恐れると人生のわなにかかる。 しかし主に信頼する者は守られる。』

このようにBibleは、社会の流行り事と周りの人々の目を意識し過ぎて、振り回されないように生きることも重要だと、教え説きます。人に大差などなく、他人の評価や意識と流行りごとは、いい加減で変わりやすいものだからです。人に合わせようとばかり考え過ぎたり、人に認められたいと夢中になるよりも、神の知恵の書である「聖書」から 本当の自分らしさを見つめ直しながら、あなた自身への神のご計画と永遠なる真理を大切に見極めて生きる方が重要なのです。

あなたの夢とビジョンは、変わりゆすい社会の風潮と流行りごとや、周囲の人々の影響で造られた偽物ではありませんか? あなたの手がけている夢とビジョンは、神のご計画と神の真理やあなたの特性を生かした本物ですか?

これらを見極めることが何より重要なのです。聖書はあなたへの真の夢、神のご計画を教え諭してくれる神の預言的書物。日々のBible&メッセージから自身の実生活、人間関係のあり方や、夢とビジョンを照らし合わせて悔い改めながら生き続ける人は皆、永遠にブレない使命と本物の夢を手にするのです。

・マタイ福音書20:26~28

Jesusは言った。『あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、あなたがたのしもべになりなさい。人の子イエスが来たのが、仕えられるためではなく、かえって仕えるためでした』

19~20節 (19 なぜなら、この世の知恵は、神の御前では愚かだからです。こう書いてあります。「神は、知者どもを彼らの悪賢さの中で捕らえる。」 20 また、次のようにも書いてあります。「主は、知者の論議を無益だと知っておられる。」 )

Jesusは人に認められて、偉くなりたい者や、成功した人ほど、肉欲と権力を振り飾らそうとせずに、かえって、しもべのように仕えるように勧めており、また、自分が賢いと思える人ほど、愚か者のように、愛嬌を持って振る舞うようにと、勧めています。こういう余裕の持てる人ほど、本物の知者であり、人を動かせると教えているのです。

・ローマ信徒への手紙12:3

『私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。』

20~21節 (20 また、次のようにも書いてあります。「主は、知者の論議を無益だと知っておられる。」 21 ですから、だれも人間を誇ってはいけません。すべては、あなたがたのものです。 )

そしてBibleは、現実から程遠い理想主義者や格好ばかり気にする人とインテリぶってBibleのみことばに反抗したり、知者ぶっている人たちほど、むしろ霊的に鈍感無知であり、その中味は大した事がないと、はっきり教え説いています。真の賢い人とは人間の限界や自分自身の限度をわきまえられる人たちなのです。 また世界一権威がある賞と言われるノーベル賞受賞者の90%以上は、Jesusを信じた洗礼者か、ユダヤ教徒(Bible信者)たちだと言われています。このように、本物の知者たちは人間には計り知れない神秘を受け入れられる謙遜さと、幼子のような信仰力や発想力が必要不可欠なのです。 Jesusの十字架信仰で、救われて「神の子」とされたあなたも、内なる聖霊力を信じて、自分自身の偉大なる可能性に気づき、絶えず、向上心を持ち続けて、みことばに生きられれば、神の偉大なる恩恵を手にするのです。なぜなら、あなたは主イエスのような神の御業や奇跡を引き起こすために、神様に選ばれたからです。信じる人は皆、いく倍も報われます。

21節 (21 ですから、だれも人間を誇ってはいけません。すべては、あなたがたのものです。 )

そしてBibleは二流、三流の知者たちほど、あれこれ無益な議論を好み、神のみことばに反抗したがると預言しています。あれこれしつこく、難癖つける人々の悪口と攻撃は、まともに受け入れずに聞き流して、他の人たちに伝道し続ければいいのです。あなたは確実に、難癖つけたがる霊的無知な人々よりも、神からの知恵と賜物を受けられた人だからです。

・箴言3:5

『心を尽くして主に拠り頼め。 人間の悟りにたよるな。』

・箴言3:7

『自分を知恵のある者と思うな。 主を恐れて、悪から離れよ。』

22節 (22 パウロであれ、アポロであれ、ケパであれ、また世界であれ、いのちであれ、死であれ、また現在のものであれ、未来のものであれ、すべてあなたがたのものです。 )

またBibleは、人間の悟りと才能には大差などなく、すべての人々には限界や限度があると、教え説いています。聖書は自分より賢く、また、より良く見える人々が現れたとしても、その人を必要以上に崇めたり、それらに支配され過ぎないようにと忠告しているのです。あなたは、権力者や有名人たちを、Bible & Jesusのみことばよりも特別視し過ぎたり、チヤホヤしようとすることはありませんか?

聖書は、権力者や有名人たちを特別視する人たちに、神の特別な味方や奇跡は任されないと、はっきり忠告しています。こういう人は皆、人の支配下に置かれる人生に留まるのです。肝に命じて下さい。

また聖書は、人は皆、たとえ多くの富、権力や名声による数多くの恵みを受けられたとしても互いに敬愛し合うものであり、自分を知者、勝ち組などと勝ち誇り過ぎることは愚かだと、教え説きます。神の永遠なる救いや聖霊の追い風を永続的に受けたいのならば、人を崇めず、はた妬まず、さげすまない事も重要なのです。

・ ヨブ記12:13

『この世界の知恵と権力とは神とともにあり、思慮と英知も、すべて神のものだ。』

・ヨブ記1:21

『私たちは、裸で母の胎から生まれて来た。また、裸で私たちは死に帰ることになる。主はすべてを与え、主はすべてを取られるお方。主の御名はほむべきかな。』

23節 (23 そして、あなたがたはキリストのものであり、キリストは神のものです。 )

聖書は、人は皆、やがて肉体の死を迎えなければならず、たとえ人が、どんなに大きな富や権力と名声を得られたとしても、やがてそれらすべてを神に明け渡して、死後の世界に、向かわなければならないと教え説きます。どんなに富んでも、また有名な知者、権力者になれたとしても、所詮すべては、いっときの出来事にしか過ぎないのです。ですから、それらに踊らされて有頂天になったり、またそれらに振り回されて自信をなしくたりしない人生を築くことも大切なのです。

またBibleは、天地万物のすべてのものは、永遠の主権者であるあなたの神様のものだと、ハッキリと教え説いています。ですから 欲張り過ぎたり、貧しさと弱さを卑下する必要などないのです。天地万物のすべてのものは、神からの一時的な預かりものに過ぎないからです。この世の欲望と快楽ごとは、程よく追いかけ、そして、適度に握り締めることが大切であり、いつでも手放せるような気持ちで向き合って生きることも重要なのです。

23節 (23 そして、あなたがたはキリストのものであり、キリストは神のものです。 )

そして聖書は、「神の子」とされたあなたは、父なる神様の大切な宝物だと、教えてくれます。それを胸に刻み、誇りとして生きて下さい。

この真理と真実を何よりの誇りと生きることが、何よりのあなたの強味となれるからです。

あなたの父なる神様とJesusの十字架信仰を何よりの誇りとして生き続ける人は皆、必ず、神の感動的な奇跡や偉大なる恩恵を手に入れられるのです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、個々に必要なBible & メッセージをしっかり蓄えて行動できる、真の知者に造り変えて下さい。

そうすれば皆、神様からの最高な贈り物と全ての恵みが届けられる、最高な人生を築けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.