• sgbc-devotion

第一コリントの手紙3:1~4

Jesus said,

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2016年12月12日(月)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙3:1~4 1 さて、兄弟姉妹たちよ。私は、あなたがたに向かって、御霊に属する人に対するようには話すことができないで、肉に属する人、キリストにある幼子に対するように話しました。 2 私はあなたがたには乳を与えて、堅い食物を与えませんでした。あなたがたには、まだ無理だったからです。実は、今でもまだ無理なのです。 3 あなたがたは、まだ肉に属しているからです。あなたがたの間にねたみや争いがあることからすれば、あなたがたは肉に属しているのではありませんか。そして、ただの人のように歩んでいるのではありませんか。 4 ある人が、「私はパウロにつく」と言えば、別の人は、「私はアポロに」と言う。そういうことでは、あなたがたは、ただの人たちではありませんか。

[聖句メッセージ]

本日から、第一コリントの手紙は3章です。

・エペソの手紙4:13,15

『私たちはみな、信仰の一致と神の御子イエスに関する御言葉の知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するために集められました。それは、互いに愛をもって真理の御言葉を語り合い、あらゆる点において成長し、かしらなる主イエスキリストに達することができるためなのです。』

1〜2節 (1 さて、兄弟姉妹たちよ。私は、あなたがたに向かって、御霊に属する人に対するようには話すことができないで、肉に属する人、キリストにある幼子に対するように話しました。2 私はあなたがたには乳を与えて、堅い食物を与えませんでした。あなたがたには、まだ無理だったからです。実は、今でもまだ無理なのです。)

このように聖書は、「神の子」とされたあなたは、日々のBible & メッセージから神の知恵と聖霊力を増し加えて、いつの日か、Jesusのような神のご計画と御業を表すために、神のカラダなる教会に集められたと教え説きます。このBibleのみことばを堅く信じ、自覚する人達だけがいく倍も報われる人生になり変われるのです。肝に命じて下さい。

・第二ペテロ3:18

『わたしたちの主、救い主イエス・キリストの恵みと御言葉の知識において、成長していきなさい。』

2節 (2 私はあなたがたには乳を与えて、堅い食物を与えませんでした。あなたがたには、まだ無理だったからです。実は、今でもまだ無理なのです。)

またBibleは、日々のBible & メッセージから神の知恵とその霊的な糧を蓄えながら、みことばを実践適用しなくては、神の奇跡力と人を救える聖霊力の成長はあり得ないと、はっきり教え説いています。

いつもJesusの十字架を仰ぎ見ることで神の許しを獲得して、この世の完全とは言えない社会常識や、流行ごとに振り回され過ぎずに、日々のBible & メッセージをしっかり蓄えながら賢く生きることが重要だと教え説くのです。この真理を しっかり掴み取り、ブレずにみことばに生きようとする人は皆、永遠にいく倍も報われるからです。

あなたは、この世の流行ごとや周囲に振り回されず、みことばの真理と使命に堅く立って、ブレずに生きられていますか? それとも、周囲の目を気にし過ぎたり、この世の富と権力や流行ごとに振り回され過ぎていませんか? 自問自答してみて下さい。 この点をよく吟味して、日々のBible & メッセージからブレを調整しながら賢く生きる人は皆、夢と願いを刈り取れると、聖書は約束するからです。

・第一テモテの手紙3:6

『霊的監督者を選ぶのなら、信者になったばかりの人であってはいけません。高慢になって、悪魔と同じさばきを受けることにならないためです。』

1節 (1 さて、兄弟姉妹たちよ。私は、あなたがたに向かって、御霊に属する人に対するようには話すことができないで、肉に属する人、キリストにある幼子に対するように話しました。)

Bibleは、神の御子Jesusの身代わりの死と弁護を受け入れて信じさえすば、人は皆、神の赦しを獲得して、誰でも永遠に救われる(天国行きの内定)と教え説きます。 しかしBibleは、神の聖霊に満ちた奇跡と救霊の実を刈り取れるクリスチャンは、いくつかの条件があると教え説くのです。

一番目。

同じ教会の仲間達との聖書信仰による一致が必要不可欠であり、一匹狼や、みことばに背く自分勝手な人への神の奇跡や人を救う救霊力は皆無に等しいと教え説くのです。

二番目。

神の奇跡と救霊の実を永続的に獲得するには、大人なみことばの知恵力、洞察力が 非常に重要であり、実生活でのみことばに伴った生活習慣や、生き様が問われると教え説きます。なぜなら聖書は、それらの条件が満たされない人は皆、神の真理とご計画を勘違いしたり、高慢になりやすく、神を知らない人々に等しい、リスクある人生になり得ると忠告するからです。

また聖書は、もしあなたに神のみことばの真理や知恵が不足しているのなら、神の知恵が与えられるように祈りつつ、聖職者にアドバイスやとりなしの祈りの援軍を受けるように教え説きます。知ったがぶりをする子どものような信仰生活では、多くのリスクが伴うからです。

あなたは、これらの条件を しっかり把握して、神の知恵と奇跡を受けられる準備を していますか? 聖書は、これらの条件をしっかり準備する人は皆、賢い人であり、人生の荒波がきたとしても、決して人生で大崩れしないで済むと約束するからです。胸に書き記して下さい。

聖書は、幼子のように素直に神のみことばに聞き従う信仰は何よりも重要ですが、成熟した説得力のある大人の信仰なくしては、神の国の偉大な権威や神の大きな奇跡を引き出せる聖霊力は、父なる神様に任されることはあり得ないと教え説きます。何事もそうですが、日々の訓練による成長がなければ、神からの大きな恩恵や奇跡は任されないのです。 しかし、あなたは日々のBible & メッセージを読み蓄えることで、神の知恵と聖霊力に満ちた本物のクリスチャンになり変われる人だと、期待します。あなたさえ本気になれれば、あなたの神様、内なる聖霊様は本気に報いて下さるのです。肝に命じて下さい。

3~4節 (3 あなたがたは、まだ肉に属しているからです。あなたがたの間にねたみや争いがあることからすれば、あなたがたは肉に属しているのではありませんか。そして、ただの人のように歩んでいるのではありませんか。4 ある人が、「私はパウロにつく」と言えば、別の人は、「私はアポロに」と言う。そういうことでは、あなたがたは、ただの人たちではありませんか。)

今日の聖句のコリント教会の人々は 、元々はJesus信仰ではない外国人や、異教徒が多数救われて生まれた教会でした。彼らは洗礼を受けてから、三年経たない人々ばかりであり、聖書の知識にも乏しく、それぞれが聖書のみことばよりも、他人の目や不安定で移ろいやすい社会常識や流行ごとに影響されやすく、また、それぞれが昔ながらの価値観と教育から振る舞うことが多かったので、大した神の奇跡は起こらず、教会内の人間関係も仲良しグループ的な派閥意識が作用していたため、いつもトラブル続きだったのです。

あなたの教会生活、教会での人間関係形成はいかがですか? しかし使徒パウロは、この未成熟な聖書信仰力と聖霊力に乏しかった、コリント教会の仲間たちたちを Babyクリスチャンとして取り扱い、忍耐して教育したのです。そして、そのかいあって、コリント教会の仲間たちは成長していき、神の奇跡と聖霊力に満ち溢れていったのです。あなたの関わる教会の監督者たちも忍耐を尽くして、あなたに神の知恵と聖霊力が増し加わるように、ベストを尽くしているはずです。そして、教会の監督者たちを祈りサポートする人は皆、特別に報われるのです。

・マタイ福音書28:20

Jesusは命じました『わたしがあなたがたに命じておいたすべての御言葉を守るように、彼らを忍耐して教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。』

4節 (4 ある人が、「私はパウロにつく」と言えば、別の人は、「私はアポロに」と言う。そういうことでは、あなたがたは、ただの人たちではありませんか。)

この愛する国、日本もコリント教会のように、神のみことばであるJesus & Bibleを知らずに育ち、生きてきた人が多数いますが、使徒パウロのように決してあきらめず、派閥意識など捨て去り、ただ忍耐して教え合い、また励まし合う事が大切なのです。この聖書教育の使命を怠らずに、いつもBestに振る舞う人々に神の百倍の恩恵が表れるとBibleは約束してくれるからです。

・使徒の働き20:31~32

使徒パウロは言った『目をさましていなさい。私が三年の間、あなたがたひとりひとりに御言葉で訓戒し続けて来たことを、思い出してください。いま私は、あなたがたを神とその恵みの御言葉とにゆだねます。日々の御言葉は、あなたがたを育成し、すべての聖なるものとされた人々の中にあって天の御国を継がせることができるのです。』

・ルカの福音書13:7

主イエスはたとえで話された『主人は、ぶどう園の番人に言った。『見なさい。わたしは三年もの間、やって来ては、このいちじくの実のなるのを待っているのに、なっていたためしがない。この良い実のならない木は、切り倒してしまいなさい。何のために土地をふさいでいるのですか。』

主イエスキリストは、約三年間、使徒たやクリスチャンたちを教え育てて、自立した一人前の聖霊力に満ちたクリスチャンに教育しました。石の上にも三年、と言われますが、三年間、焦らず忍耐して、自らの偉大なる神からの可能性と主のみことばだけに期待して、日々のBible & メッセージと教会生活から霊的な成長を目指して下さい。

また、すでにあなたのクリスチャンLIFEが三年以上経つのなら、もう聖霊力と説得力のない生活に見切りをつけて、日々の与えられたBible & メッセージから、Jesusの救いを宣べ伝える使命を何より第一にする思考、生活習慣や人間関係形成にパラダイムシフトしてみることが重要です。そうすれば、必ずJesusの不思議や、神の奇跡、援護があなたを助け続けるからです。あなたに表れる、成熟した大人なJesus信仰とそれに伴って与えられる神の不思議力に期待します。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のBible & メッセージから具体的な神の使命と、みことばを掴ませて、それを行なえる大人なJesus信仰に造り変えて下さい。 そうすれば皆に、Jesusのような聖霊力と説得力が増し加えられ、神の不思議や奇跡が続出するからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り