• sgbc-devotion

ローマ人への手紙15:20~26

Jesus said,

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2016年11月27日(日)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙15:20~26 20 このように、私は、他人の土台の上に建てないように、キリストの御名がまだ語られていない所に福音を宣べ伝えることを切に求めたのです。 21 それは、こう書いてあるとおりです。「彼のことを伝えられなかった人々が見るようになり、聞いたことのなかった人々が悟るようになる。」 22 そういうわけで、私は、あなたがたのところに行くのを幾度も妨げられましたが、 23 今は、もうこの地方には私の働くべき所がなくなりましたし、また、イスパニヤに行く場合は、あなたがたのところに立ち寄ることを多年希望していましたので―― 24 というのは、途中あなたがたに会い、まず、しばらくの間あなたがたとともにいて心を満たされてから、あなたがたに送られ、そこへ行きたいと望んでいるからです、―― 25 ですが、今は、聖徒たちに奉仕するためにエルサレムへ行こうとしています。 26 それは、マケドニヤとアカヤでは、喜んでエルサレムの聖徒たちの中の貧しい人たちのために募金することにしたからです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。

・使徒の働き1:8~9 『聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは神の力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」こう言ってから、主イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなられた。』

このように聖書は、全く無罪の神の御子Jesusは十字架につけられて、ご自分を信じる者の身代わりの死と弁護のために死なれてから、その三日後によみがえり、神の使徒や500人ほどのクリスチャンたちに復活して現われたと教え説きます。そして神の御子Jesusは、ご自分を信じて洗礼を受けた全ての人々に永遠なる救い主「聖霊」を与えると約束されてから、神の国に帰られたのです。

また聖書は、もしあなたが洗礼を受けて「聖霊」を受けたと堅く信じて、周囲の人々を救う愛の働きを大切に生きられるのなら、あなたに与られた聖霊力は段々と満ち溢れていき、何をしても神が味方して下さったり、今までなかった程の神の奇跡や不思議が続出すると、預言します。信じられずに躊躇するのか、堅く信じて行動に移すかはあなた次第です。

しかし聖書は、神の御子Jesusの言う通りに洗礼を受けてから、周囲の人々にみことばを宣べ伝えて救おうとする、神の愛第一主義に転化するだけで、あなたのすべては新しく、より良く造り変えられると約束するのです。胸に書き記してください。

あなたはJesusを信じて洗礼さえ受ければ、周囲にみことばを宣べ伝える愛の労を怠っても、神の奇跡や祈りの奇跡を手に入れられると勘違いしていませんか? 神の救いのみことばを宣べ伝える愛なくして、また、神の国拡大の天に宝を積む奉仕なくして、偉大なる恩恵は現れないにくいのです。肝に命じて下さい。

20~22節 (20 このように、私は、他人の土台の上に建てないように、キリストの御名がまだ語られていない所に福音を宣べ伝えることを切に求めたのです。21 それは、こう書いてあるとおりです。「彼のことを伝えられなかった人々が見るようになり、聞いたことのなかった人々が悟るようになる。」22 そういうわけで、私は、あなたがたのところに行くのを幾度も妨げられましたが、)

神の御子Jesusの言う通りに洗礼を受けて、「聖霊」を受けられたことを信じ、神の救いのみことばをを宣べ伝える愛に人生を賭けた、当時の使徒と500人のクリスチャンたちの聖霊力は満ち溢れ出し、あっという間にユダヤ王国全土と、ローマ帝国支配下の全ての国々に福音は広がっていきました。 このように、Jesusのみことばに聞き従う「神の子」たちには神の奇跡が味方するようになり、聖書の預言もすべて成就するのです。胸に書き記して下さい。

・ルカの福音書1:37 Jesusは言った。『神にとって不可能なことは一つもありません。』

そして聖書は、神様から与えられた不可能を可能にできる聖霊力を受けながらも、周囲の人々や世間を恐れたり遠慮し過ぎて、与えられた聖霊力を無駄にしないようにと忠告します。 あなたは神さまに与えられた聖霊力を無駄にしていませんか? 不可能を可能にできる神の聖霊は、あなたの動機や生活習慣や人間関係のあり方を見て働かれるのです。

・箴言8:21 主なる神様は約束された。『わたしを愛する者には財産を受け継がせ、 彼らの財宝を満たす 』

そして聖書は、神から与えられる権威、富、知恵、名誉、権力、癒し、勝利とは、神のみことばを宣べ伝える愛の使命の延長上の結果として、与えられる恵みのひとつに過ぎないと、教え説きます。神の愛の使命に生きる人は皆、永遠に揺るがない成功を手に入れられると教え説くのです。

・ルカの福音書12:19~21 Jesusは、たとえを話された。『自分のたましいにこう言おう。「我がたましいよ。私は成功して、これから先何年分もいっぱい富がためられた。さあ、安心して、食べて、飲んで、楽しもう。」』しかし神は彼に言われた。「愚か者。おまえの聖霊は、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した成功と富は、いったいだれのものになるのか。」人は皆、自分のためにたくわえても、神の前には富んでいない。』

そして聖書は、神の国とそのみことばの義よりも、自分のためだけの夢、努力、勝利、成功、権力、名誉、人気、富は長続きせず、非常に虚しい最期を迎えると、ハッキリ預言します。所詮、人は皆、全てを手放して、肉体の死を迎えることになるからです。 あなたは、神のみことばの使命や永遠なる真理を知りながらも、虚しい身勝手な欲望を追いかけ過ぎる傾向はありませんか?

23節 (23 今は、もうこの地方には私の働くべき所がなくなりましたし、また、イスパニヤに行く場合は、あなたがたのところに立ち寄ることを多年希望していましたので――)

当時のローマ帝国支配下の国々に、Jesusの福音を宣べ伝えていた使徒パウロたちは、全く自己満足せずに、新たに『イスパニア』伝道の夢を持ち始めました。このイスパニアとは現在のスペインです。

・箴言29:18(現代訳) 『夢とビジョンがなければ、人は皆、ただ自分勝手にふるまい滅びる。 しかし、御言葉のビジョンを守る者は幸いになれる』

このように聖書は、使徒パウロたちのように、たとえ大きな目標や勝利をやり遂げたとしても、決して自己満足と天狗にならず、常に新たなビジョン、夢、向上心を絶えず 日々のBible & メッセージから求め探し続ける人は皆、永遠なる成功を手に入れられると、預言します。 聖書は、人生とは自己保身的な守りに入れば、やがて後退して行くと教え説きます。なぜなら人は皆、明日の自分がどうなるのかさえ分からずに生きており、神以外には人生を完全に守ることなどは不可能だと教え説くからです。 また聖書は、日々のBible & メッセージから愛のビジョンと清い夢を探し出すことが揺るがぬ成功への手がかりとなれると預言します。神のみことばから与えられる夢とビジョンは、永遠の約束と祝福が伴うからです。

あなたは、神のみことばからの使命、夢、ビジョンを しっかり掴み取れましたか? これらをしっかり掴み取ろうと探し出す信仰生活こそが本物の信仰となり、山をも動かせるJesus信仰になれるのです。胸に書き記して下さい。

・エペソの手紙5:26~27 『キリストが教会を愛し、教会の為にご自身をお捧げになったのは、御ことばにより、水の洗いをもって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、キリストご自身で、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の教会を、ご自分の前に立たせるためでした』

24~26節 (24 というのは、途中あなたがたに会い、まず、しばらくの間あなたがたとともにいて心を満たされてから、あなたがたに送られ、そこへ行きたいと望んでいるからです、――25 ですが、今は、聖徒たちに奉仕するためにエルサレムへ行こうとしています。26 それは、マケドニヤとアカヤでは、喜んでエルサレムの聖徒たちの中の貧しい人たちのために募金することにしたからです。)

そして使徒パウロは、新たな宣教地『イスパニア』という夢を抱き、まずイスパニアに住む懐かしい友人に会いに行って休暇を取り、気分転換をしたいと考えました。

しかし使徒パウロは、休暇を取ることよりも、自らが所属するエルサレム教会のJesus Familyたちを思い出して、教会の仲間たちに、みことばを教える愛の奉仕と証しをするために、またエルサレム教会の貧しい人々に自らが働いて得たお金を寄付する愛の労をすることを選択したのです。

このように聖書は、一緒に礼拝してきた教会の仲間たちは、神が会わせた特別な関係性があると教え説きます。あなたがともに礼拝してきたJesus Familyたちは、あなたの夢と願いを叶えるために必要不可欠な尊い存在だと、教え説くのです。

あなたは、共に礼拝してきた同じ教会の神の家族たちを大切にしなくても、神の奇跡や願いの応答を受けられると、勘違いしていませんか?

・マタイ福音書6:19~21 Jesusは言った。『自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。むしろ、自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。』

そして神の御子Jesusは、もしあなたが神からの願いの応答や大きな報いを受けたいのならば、やりたい事ばかりせずに、また営利活動ばかりに時間と気を取られ過ぎないようにと、忠告しました。あなたの時間の使い方、営利活動、神との関係、Jesus Family以外との関係、Jesus Familyとの関係のバランスを整えることが大切なのです。

あなたの時間の使い方、生活のバランスが内なる聖霊に整えられていき、神の奇跡や祈りの応答を受けられるバランスに変えられていくことを期待します。 AMEN

(祈り)

主なる神様、皆をJesusや使徒パウロたちのように、周囲の人に神の救いのみことばを宣べ伝える「愛第一主義」を大切にしてバランスの良い生活設計ができるようにして下さい。そうすれば、皆の聖霊力は満ち溢れ出していく、随所に神の不思議と奇跡が起こり出すからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り