• sgbc-devotion

ローマ人への手紙10:12~17

Jesus said,

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2016年11月5日(土)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙10:12~17 12 ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。同じ主が、すべての人の主であり、主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。 13 「主イエスの御名を呼び求める者は、だれでも救われる」のです。 14 しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。 15 あなたがたが遣わされなくては、どうして宣べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。「良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。」 16 しかし、すべての人が福音に従ったのではありません。「主よ。だれが私たちの知らせを信じましたか」とイザヤは言っています。 17 そのように、本物の信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。

・創世記1:1,1:27

『初めに、創造主なる神が天と地の全てとを創造された。そして、神は人をご自身のかたちに似せて創造された。まず、神のかたちとして男を創造してから、男と女とに彼らを分けて、創造されたのである。』

・創世記9:3

『大洪水の後、神が生かされたノアの息子三人たちから、現在の全世界の民達は分かれ出たのである。』

12節 (12 ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。同じ主が、すべての人の主であり、主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。)

このようにBibleは、あなたの神様は全宇宙と、この地球の天地万物の創造主だと、はっきり教え説いています。あなたの主なる神様は世界人類の全ての父であり、本物の神様だと言うことです。この聖書のみことばを堅く信じる人は皆、永遠にいく倍も報われるのです。

・マルコ福音書12:29~30

『イエスは答えられた。「一番大切な人生の戒めはこれです。「人々よ、聞け。われらの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ」』

13節 (13 「主イエスの御名を呼び求める者は、だれでも救われる」のです。)

そして聖書は、Jesus(主イエス)のお名前と十字架信仰にすがる人は、皆、誰でも永遠に救われると約束します。あなたの霊魂は死んでも、永遠に生きられると約束するのです。

・ヨハネの福音書14:6

『イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、永遠の命なのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神様のみもとに来ることはありません。』

また聖書は、Jesus(主イエス)のお名前と十字架信仰は、世界中の貧困者や餓死者を無視してまで、自分勝手な思考と欲望を大切に生きている人々の唯一の神様との完全なパイプであり、身勝手な人々の罪悪をゆるせる唯一の神様とのコネクションになれると、教え説きます。

あなたは、神の御子Jesusの十字架上の贖罪と、みことばなくして、神様や天国に繋がれると勘違いすることはありませんか?

・マタイ福音書10:7

Jesusは全ての人々に命じました。『あなたがたは 出て行って「天の御国が近づきました。主イエスを信じなさい。」と宣べ伝えなさい。』

このように聖書は、神の子とされたあなたは、周囲の人々にJesut(主イエス)のお名前と、十字架信仰による救いのみことばを宣べ伝える神の国の大使として選ばれたと、はっきり教え説きます。そしてBibleは、神に救われた「神の子」たちが この神の国の使命を外して生きれば、大した神の奇跡や人を救う説得力も与えられず、迷い多き、物足りない人生に成り下がると、預言しているのです。

あなたは、「神の子」としての神の使命や、人を救う説得力に満ち溢れていますか? それとも、神の子としての使命が定まらず、神の奇跡や人を救う説得力に乏しいクリスチャンライフを築いてしまっていませんか? 心霊の深みを探ってみてください。

聖書は、神の国の使命を第一に生きようと尽力しなければ問題は解決しにくく、神の使命感や奇跡も減少していくと、はっきり教え説いているからなのです。あなたはこの国の希望の光です。この真理と使命を自覚して、神の国の大使としての人生へパラダイムシフトする人は皆、神の感動的な奇跡と偉大なる恩恵に助けられるのです。胸に書き記して下さい。

14~15節 (14 しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。15 あなたがたが遣わされなくては、どうして宣べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。「良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。」)

そして聖書は、もしあなたがJesus(主イエス)の十字架のみことばを宣べ伝えなければ、あなたのご家族と周囲の人々は神の国とのパイプとコネクションが得られず、永遠なる人生とチャンスを見失うもあると、忠告しています。永遠の人生とチャンスを受けられた あなたには、それ相応の責任や使命が伴うのです。肝に命じて目をさまし、一人でも多くの人々にJesus(主イエス)の永遠なる救いを宣べ伝えてあげて下さい。あなたには不可能と思えても、あなたの内なる聖霊にはそれができるからです。

・マタイ福音書28:18~20

『復活されたイエスは、最後に、こう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは出て行って、あらゆる国の人々を救いなさい。そして、父なる神、子イエス、聖霊の御名によって洗礼を授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべての御ことばを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」』

これらのJesus(主イエス)のみことばの命令を胸に書き記して、周囲の人々を差別したり、見捨てたりすることのないように、教会のJesus Familyたちと共に祈り合い、救霊活動もBestを尽くして下さい。なぜならJesusは、このみことばの命令に人生を費やす人は皆、今よりも百倍報われると約束してくれたからです。胸に書き記して下さい。

15節 (15 あなたがたが遣わされなくては、どうして宣べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。「良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。」)

このように聖書は、日々の生活習慣や個々の欲望だけに縛られず、みことばを宣べ伝えることで、一人でも多くの人々を救う愛を大切に生きる人は皆、神の認める立派な人生であり、そういう人には神の御子Jesusが起こした奇跡以上の奇跡をも起こせると、預言しています。聖書は人生で何よりも大切な使命とは、実はJesus(主イエス)の永遠なる救いのみことばを宣べ伝える愛の使命だと、教え説いているからです。

そして聖書は、この神の国の夢とビジョンに生きようとする人の祈りと願いは、神の奇跡を引き出せると約束したのです。

あなたの祈りや願いの真の動機は何ですか?

日々のBible & メッセージからあなたの心の深みと動機を探ることが大切です。なぜなら神様は、人の上部ではなく、人間の心の深みと真の動機を探られて、祈りと願いの応答を振り分けられているからです。

・マタイ福音書22:14

(現代訳)『神様に招かれる人は沢山いますが、選ばれる人、つまり神の好意を素直に受け取る人はごくわずかです。』

16~17節 (16 しかし、すべての人が福音に従ったのではありません。「主よ。だれが私たちの知らせを信じましたか」とイザヤは言っています。17 そのように、本物の信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。)

そして聖書は、全ての人々が神に選ばれる訳でもなく、また、誰もがみことばに素直になれて神の奇跡や百倍の報いを受けられる訳でもなく、世界中の全員が神の国(天国)に行ける訳でもないと、教え説いています。あなたの神様は一人一人の本質とその人の生活習慣や心霊の深みを見られるのです。

しかし聖書とは、人間の心霊の思考と動機や生活習慣を正せる、唯一の神の国の教育書。日々のBible & メッセージを真摯に受けとめて、祈りつつ、悔い改めようとする人は皆、神の奇跡や願い以上の応答を受け続けられるのです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、Jesus(主イエス)のお名前と十字架のみことばを完全に信頼できる人たちに造り変えて下さい。 そうすれば皆、周囲の人々にみことばを宣べ伝えるために生きるようになり、数多くの良い実を結びながら、神の百倍の報いや願いの成就をも引き出せるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り