• sgbc-devotion

ローマ人への手紙8:26~27

Bible said,

『主の教えを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ人は、何をしても栄える』

『心を尽くして主に拠り頼め。 自分の悟りにたよるな』

『幸いなことよ。神の知恵を見いだす人は』

2016年10月25日(火)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙8:26~27 26 神の御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。 27 人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。

・マタイ福音書6:7~8 主イエスは言われた。『あなたがたが祈るときは、神を知らない人達のように同じことばを、ただ、くり返して祈ってはいけません。彼らはことば数が多ければ聞かれると思っているのです。だから、彼らのまねをしてはいけません。あなたがたの父なる神は、あなたがたがお願いする先に、あなたがたに必要なものを知っておられるからです。』

26~27節 (26 神の御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。 27 人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。)

このように聖書は、自分のことばかり考えて貪欲になり過ぎて、何度も同じ願い事を繰り返し祈り続けたり、えこひいきする人々のためだけに、ただ繰り返し同じ内容の祈りばかり祈る人は、神の奇跡や恩恵を受け取りにくいと忠告します。聖書はそういう片寄った思考と祈り方では、ただの貪欲なご利益宗教に成り下がって、神の権威を蔑(さげす)むことになるので、祈りの応答や願いごとを叶えにくいと、はっきり忠告しているのです。 神の奇跡や願いの応答を受け取るのに大切なのは、自分本位の思考(自我)と欲望を神様に完全に明け渡すように祈り委ね、ただ期待しながら忍耐して待つ作業が伴うのです。

あなたの祈りは、神の使命や隣人を救う愛の動機には程遠い、ご利益宗教に成り下がってしまい、同じような祈祷課題ばかり繰り返し祈っていませんか?

聖書は、自分本位の欲望に満ちた祈りでは、ご利益宗教に成り下がるため、たとえ成就したとしても、永続的な神の幸運と祝福は期待できないと、忠告しています。 また聖書は、全ての祈りを成就させていた、Jesusの思考と祈り方から本物の祈りを学び取るようにと、教え説いているのです。なぜなら聖書は、あなたの思考と祈り方さえ変われば、Jesusのような、神の奇跡に満ちた祈りの応答を引き出せると約束するからなのです。

聖書は、あなたの父なる神様は、「神の子」とされたあなたとその大切な仲間たちの全必要をご存知なので、しつこく、繰り返し催促するように、同じ言葉だげで祈らない方がいいと、教え説きます。そういう祈りを繰り返すだけでは、身勝手な焦りと苛立ちに捕らわれて貪欲になり過ぎたり、敵の誘惑に捕らえられて 神様を敵に回すことさえもあると、忠告するからなのです。

そしてBibleは、あなたが神の御子Jesusのお名前で真心から祈れるのならば、あなたのたった一度の祈りさえも、父なる神様は永遠に覚えてくださると、教え説きます。この聖書の祈りの法則と約束を確信し、ただひたすら祈りの応答を期待しながら、日々のBible & メッセージを表現し続けることに専念して、待ち続けられれば良いだけなのです。これら、神の圧倒的な奇跡と援軍を引き出せる祈祷術を胸に書き記して下さい。なぜなら聖書は、人生での最大の武器はJesusへの祈りだと断言するからです。

あなたは「祈り」とは、困った時だけの神頼みだと考えていませんか? あなたは「祈り」とは、世界人類の主なる神様との会話であり、人生で何よりの最大の武器であることを自覚できていましたか?

「祈り」とは困った時の神頼みだけでは手遅れになることも多く、天地万物の主なる神様との太いパイプと絆を深められる、神様との一番大切なコミュニケーション(会話)であり、人生での試練や攻撃に打ち勝てる、何よりの霊的武器なのです。肝に命じて下さい。 あなたの人生に表れる、神の奇跡を引き出せる「祈り」に期待します。

・マタイ福音書6:9~13 Jesusは必要な祈りを教えられた。『だから、こう祈りなさい。「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。」』

もし、あなたに神の御力と奇跡をより多く動かせる祈祷力が必要ならば、聖書から神の御心を深く知り、あなたの心と神の御心が一つになれるように真心から祈る熱意が必要です。

あなたの祈りは、神の御心とご計画を無視した、身勝手な欲望に満ちた祈りになっていませんか?

神の御心(意思)とご計画を数多くつかみ取れる人にだけ、人知をはるかに超えた奇跡的な祈祷力が任されるのです。聖書は神の御心(ご意思)とあなたへの神のご計画を知ることのできる、世界人類の取扱説明書。日々のBible & メッセージを通して、神の奇跡を生み出せる祈りの方程式をつかみ取ろうとする人の祈りは、必ずいく倍も報われるのです。

では、Jesusが教えてくれた神の奇跡や百倍の恩恵を引き出すための神のご意思とその祈り方を7つあげていきます。

一番目

主イエス(Jesus)のお名前と神の国の影響力が、あなたの周囲に数多く表れるように、具体的に思考しながら祈る。

二番目

あなたの関係する国と都市や社会に、そして、あなたの周囲に神のご意志とご計画が滞りなく表れるように、具代的に思考しながら祈る。

三番目

あなたとご家族と教会の仲間たちに、必要な全ての糧が与えられるように、思考しながら祈る。

四番目

聖書の神のみことばから自らの足りなさと過ちを省み、具体的に悔い改められるように、深く思考しながら祈る。

五番目

あなたの大切な人々と教会の仲間たちの罪悪や過ちが 神様のゆるしを受けられるように、具体的にとりなして祈ったり、自らを反省しながら祈る。

六番目

あなたとあなたのJesus Familyたちが、全ての人々をゆるせるように。そして教会の仲間たち同志、福音宣教できる情熱と愛の使命のために生きられるように祈る。また、あなたとJesus信仰の仲間たちの全ての人間関係が、主イエス(Jesus)を知り、悔い改め、救われるように、具体的に名前をあげて祈り合う。

七番目

あなたとご家族と大切な仲間達が見えない敵や罪悪の誘惑に陥らぬように、また、悪い霊と悪い力に影響され、支配されないように、具体的に祈る事も大切なのです。

聖書は、これらJesusが教えてくれた七つの神の御心(思考)と祈り方を真心に、いつも身勝手な動機に片寄らず、バランス良く絶えず祈り続けることが 何よりの人生での武器と防御となれると教え説きます。なぜなら聖書は、神の御子イエス(Jesus)のように思考して祈る人の祈りは数多く聞かれ、その人の万事は益となり、そういう人の祈りは大きな神の御力と奇跡を引き出せると、はっきり約束しているからです。

今日、祈るために必要不可欠な神の知恵(思考力と祈り方)を手に入れた あなたの人生に表れる、Jesusのような不可能を可能にできる祈祷力に期待します。 AMEN

(祈り)

主なる神様、皆にBible & メッセージから神の御心とご計画を悟らせ、Jesus(主イエス)のような祈りを真心から祈れるように造り変えて下さい。 そうすれば、皆と周囲に祈りによる感動的な奇跡が続出するからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り