• sgbc-devotion

ローマ人への手紙8:14~17

Jesus said,

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2016年10月22日(土)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙8:14~17 14 神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。 15 あなたがたは、人を再び恐怖に陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、子としてくださる御霊を受けたのです。私たちは御霊によって、「アバ、父」と呼びます。 16 私たちが神の子どもであることは、御霊ご自身が、私たちの霊とともに、あかししてくださいます。 17 もし、神の子どもであるなら、相続人でもあります。私たちがキリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているなら、私たちは神の相続人であり、キリストとの共同相続人であります。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。

・ヨハネ福音書1:12 『創造主なる神様は、イエスを受け入れた人々、すなわちその御名、主イエスを信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。』

・ガラテヤの手紙3:26 『あなたがたはみな、主イエスキリストに対する信仰によって、神の子どもと認められたのです。』

14~15節 (14 神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。15 あなたがたは、人を再び恐怖に陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、子としてくださる御霊を受けたのです。私たちは御霊によって、「アバ、父」と呼びます。)

このようにBibleは、神の御子Jesusの十字架上の死と弁護を、自分の人生の贖罪の死だと信じて受け入れられた人は皆、ただそれだけで父なる神様に許されて、「神の子」とされる特権を手にできると、約束してくれます。そして聖書は、天地万物の創造主なる神があなたの父なる神様となって下さるのだから、もう死も、何ものも恐れずに生きれば良いと、教え説いているのです。この光栄な恵みを自覚して誇りとしながら、何が起きても萎縮せず、強く生ようとすることが大切です。それらを自覚して「神の子」とされた特権を悟り誇れる人は皆、永遠にいく倍も報われるからです。

16~17節 (16 私たちが神の子どもであることは、御霊ご自身が、私たちの霊とともに、あかししてくださいます。17 もし、神の子どもであるなら、相続人でもあります。私たちがキリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているなら、私たちは神の相続人であり、キリストとの共同相続人であります。)

そして聖書は、創造主なる神様の子であることさえ自覚して誇れれば、あなたは、父なる神様からの不可能を可能にできるみことばの約束と預言を全て相続できると約束します。あなたに与えられる、父なる神様のみことばからの人生をより良く造り変えられる相続財産に期待します。

・ピリピの手紙3:20 『そして、主イエスに救われた 私たちの国籍は、今や天国にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいるのです。』

このように聖書は あなたは神様に特別に選ばれた民であり、今や「天国人」でもあると教え説いています。あなたの死後の国籍は、永遠の神の国・天国(神の国)に移されると言うのです。あなたの死後の霊魂の移住地は内定したのです。しっかり自覚して下さい。天国の国籍を自覚して誇れる人たちにだけ、神の国の特別な権威が任されるからです。

・マタイ福音書5:9 主イエスは約束した。『平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。』

そして聖書は、「神の子」とされたあなたは、神の御子Jesusの十字架信仰を日々のBible & メッセージを通して しっかり養育しながら、肉体の死後の完全なる移住地「天国」行きを楽しみに準備し、いつも神愛と隣人愛を大切に生きるようにと教え説いています。これが神の子としての生きる目的であり、絶対的な使命だと教え説いたのです。これらの人生と死の真理を信じるか、信じられないかはあなた次第。しかし聖書は、どんな偉人や賢者たちでさえも、結局は人生の意味と死後の行き先については無知であり、世界最高権威ある「聖書」のみことばに頼るしかないと、忠告しています。肝に命じて下さい。

・マタイ福音書6:33~34 『だから何よりも、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、あなたに必要なものはすべて与えられます。だから、もう明日のための心配は無用です。明日のことは明日が心配します。労苦はその日その日に、十分あるものなのです。』

・詩篇55:22 『あなたのすべての重荷を主にゆだねよ。 主は、あなたのことを心配してくださる。 主は決して、主を信頼する 正しい者がゆるがされるようには、なさらない。』

聖書は、「神の子」とされたあなたは、Jesusを知る前の古い生き方や思考と、不完全な学問や常識感をかなぐり捨てて、ただBibleのみことばと、Jesus十字架信仰をそのまま信じ受け入れようと決断しながら祈りつつ生きていければ、あなたの全ての問題は解決して、それと同時にあなたの全必要は満たされるようになると、はっきりと約束しています。

近い将来、あなたが何よりも神の国と神の義を第一に求めるとは、どういう事なのか悟って行えるようになり、神の偉大なる奇跡と感動的な報いを引き出せる人生になることを期待します。 AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、何よりも神の国と神の義を第一に求められる人生となるように、日々新しく造り変えて、必要な悟りをもお与え下さい。 そうすれば、皆、父なる神様からの相続財産である、全ての恵みを受け取りながら、隣人を救い導ける勝利的人生を築けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り