• sgbc-devotion

ローマ人への手紙8:10~13

Bible said,

『主の教えを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ人は、何をしても栄える』

『心を尽くして主に拠り頼め。 自分の悟りにたよるな』

『幸いなことよ。神の知恵を見いだす人は』

2016年10月21日(金)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙8:10~13 10 もしキリストがあなたがたのうちにおられるなら、からだは罪のゆえに死んでいても、霊が、義のゆえに生きています。 11 もしイエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が、あなたがたのうちに住んでおられるなら、キリスト・イエスを死者の中からよみがえらせた方は、あなたがたのうちに住んでおられる神の御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだをも生かしてくださるのです。 12 ですから、兄弟姉妹たち。私たちは、肉に従って歩む責任を、肉に対して負ってはいません。 13 もし肉に従って生きるなら、あなたがたは死ぬのです。しかし、もし御霊によって、からだの行いを殺すなら、あなたがたは生きるのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。

・ヨハネ福音書11:25~26 『イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。また、生きている時に、わたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」』

・ヨハネ福音書14:6 『イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神のみもとに行くことはできません。」』

・ローマ信徒への手紙10:9 『なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせて、神の御国に導いてくださると信じるなら、あなたは永遠に救われるからです。』

10節 (10 もしキリストがあなたがたのうちにおられるなら、からだは罪のゆえに死んでいても、霊が、義のゆえに生きています。)

このようにBibleは、もしあなたが神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と、弁護を祈り求めるのなら、永遠なる神様からのゆるしを受けられ、あなたの人生での全ての非は完全無罪にされると、教え説きます。また聖書は、あなたが神の御子Jesusは十字架上で死なれてから復活して、神の国であなたを待っていて下さると、幼子のように信じて告白できるのなら、たとえあなたの肉体が朽ち果てても、神の特別な許可を得られて、霊魂は永遠に滅びずに天国に行けるとまで約束してくれたのです。これが永遠なる人生と神の許しを築くのに必要な手続きだと教え説くのです。あなたは神の御子Jesusの十字架信仰より、父なる神様との永遠なるコネクションを受けられました。神の御子Jesusの十字架信仰によるの恵みを、決して忘れずに生きることが大切です。

・ルカの福音書11:11~13

主イエスは約束された。『あなたがたの中で、子どもが魚を下さいと言うときに、魚の代わりに蛇を与えるような父親と母親が、いったい、いるでしょうか。卵を下さいと言うのに、だれが、さそりを与えるでしょう。してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父が、主イエスを信じて求める人たちに、どうして、助け主、聖霊を下さらないことがありましょう。」』

11節 (11 もしイエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が、あなたがたのうちに住んでおられるなら、キリスト・イエスを死者の中からよみがえらせた方は、あなたがたのうちに住んでおられる神の御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだをも生かしてくださるのです。)

そしてBibleは、神の御子Jesusの十字架信仰を信じて、聖書のみことば通りに洗礼さえ受けるのなら、永遠なる人生の救い主である「神の御霊(聖霊)」がプレゼントされると、約束しています。

Bibleで『聖霊(神の御霊)』とは、人生の永遠なる助け主であり、肉体の死後、天国へ唯一導ける救い主であると教え説くのです。

このように聖書は、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死(あなたの人生の贖罪)とJesusの復活(天国への道)を 信じ告白して、聖霊(洗礼)を受けられたあなたは、もう死や何事も恐れる必要はないと約束するのです。

聖書は、「神の子」とされたあなたの人生は、永遠に安泰だと約束しているのに、あなたは死や何ものかを恐れて生きてしまうことはありませんか? 死や何事かを恐れて生きる人は、神の奇跡と偉大なる恩恵を半減させてしまいます。 Jesusの十字架信仰を持っているあなたは、死や何ものも恐れる必要はないのです。胸に書き記して下さい。

・第1ペテロの手紙5:6~7 『ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。あなたがたの思い煩いを、いっさい神に祈りゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。』

またBibleは、もしあなたが一切の問題や不安を神の御子Jesusのお名前で祈り、すべての悩みや心配ごとを完全に祈り明け渡せるのならば、あなたの全てのマイナスはプラスに転じると、約束してくれます。神の御子Jesusのお名前と、その十字架力に一切の不安と悩みを明け渡して、安心して前を向き続けることが真の信仰生活なのです。この真理を悟り行える人は皆、ただそれだけで永遠にいく倍も報われるのです。

あなたは、Jesusのお名前で祈ったはずなのに、中途半端に心配や不安を心に溜め込んでいませんか? 聖書は、それは見えない敵の誘惑だとはっきり教え説きます。完全に100%以上、Jesusのお名前と十字架力に祈り託し続ければ、良いだけなのです。

・ローマ信徒への手紙3:10 『神が認める正しい義人はいない。ひとりもいない。』

・ローマ信徒への手紙6:23 『罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。』

11~13節 (11 もしイエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が、あなたがたのうちに住んでおられるなら、キリスト・イエスを死者の中からよみがえらせた方は、あなたがたのうちに住んでおられる神の御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだをも生かしてくださるのです。12 ですから、兄弟姉妹たち。私たちは、肉に従って歩む責任を、肉に対して負ってはいません。13 もし肉に従って生きるなら、あなたがたは死ぬのです。しかし、もし御霊によって、からだの行いを殺すなら、あなたがたは生きるのです。)

またBibleは、人は皆、神のご意志と神の平等な愛に反して生きる、自分勝手な罪深さを 持っていると教え説きます。 ですから創造主なる神様は、やむを得ず、全ての人々に肉体の死や永遠なる報いを与えることで、全人類を平等に調整する手段を取られたのです。最終的に、肉体を持つ人は皆、神のご意志と神の平等な愛を無視して生き続けた罪悪や、この世界の貧困者や餓死者などに対して無関心に生きた罪悪の刈り取りを、裁き主である神様から強いられることになると、教え説くのです。人は皆、人生での数多くの恵みや自由意志を受けられた分、それなりの代償と責任が伴うという事です。

しかし聖書は、神の御子Jesusの十字架上の贖罪を信じられたあなたは、神の御子Jesusの十字架上の死が絶えず身代わりとなるために、ゆるされることになり、そして洗礼を受けて 与えられた内なる聖霊が、あなたを神の国へと助け導いてくれると教え説くのです。あなたの人生は、永遠に後悔したり、苦しむ必要はないのです。胸に書き記して下さい。

・第1コリントの手紙1:18 『十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。』

もしあなたが、日々、神の御子Jesusの十字架とそのみことばを 大切に愛して生きようするのなら、それだけで 必ず、永遠にいく倍も報われるのです。みことばに人生を賭ける あなたに与えられる、神の偉大なる奇跡と神の百倍の恩恵に期待します。 AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、全ての物事を 神の御子Jesusのお名前と十字架力に、 完全に祈り委ねられるようにして下さい。 そうすれば、皆の全ての問題は、やがて自分自身の魅力と人格を磨く糧に変わり出し、全ての問題がBestに解決していけるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り