• sgbc-devotion

ローマ人への手紙8:1~4

GOD said,

『あなたの罪は赦された』

『わたしのしもべは栄える』

『いつも、喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事に感謝しなさい』

2016年10月19日(水)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙8:1~4 1 こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。 2 なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。 3 肉によって無力になったため、律法にはできなくなっていることを、神はしてくださいました。神はご自分の御子を、罪のために、罪深い肉と同じような形でお遣わしになり、肉において罪を処罰されたのです。 4 それは、肉に従って歩まず、御霊に従って歩む私たちの中に、聖書の律法の要求が全うされるためなのです。

[聖句メッセージ]

本日からローマ信徒への手紙は8章です。 では、聖句をあげてから説明します。

・創世記1:1,27 『世界人類の初めに、まず神は、天と地を創造した。そして、神は人をご自身のかたちに似せて創造された。神のかたちに似せて、男をそして女とを創造なされたのだ。』

このようにBibleは、天地万物の全てのものは創造主なる神様が創造たれたと、はっきり教え説きます。この天地万物と世界人類の主権は見えずとも、結局は父なる神様にあると、教え説くのです。人間は、肉体の命とその人生を、いっときの限られた期間だけ、創造主なる神様に信頼されて任されただけなのです。この真理を胸に刻み、人生を創造主なる神様の視点から見つめ直すことも重要です。なぜなら、神の摂理を信じて悟れる人たちだけが神の感動的な奇跡や百倍の恩恵を受けられるからです。

あなたは授かった命と人生を自分の手で手に入れたと思い違いすることはありませんか? 人は皆、自分の力だけで命や人生を築ける訳がないのです。

・ヨハネ福音書3:15~21 『父なる神様は、実に、そのひとり子 イエスをお与えになったほどに、この世を愛された。それは神の御子イエスを信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子イエスを世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。したがって、御子イエスを信じる者は裁かれない。信じない者は神のひとり子イエスの御名を信じなかったので、すでに裁かれている。その裁きというのは、こうである。神の光が世に来ているのに、人々は光よりもこの世の闇を愛した。その行いが悪かったからである。神に逆らい悪いことをする者は光を憎み、その行いが明るみに出されることを恐れて、神の光のほうには来ない。しかし、真理の御ことばを信じて行う者は、神の光のほうに来る。その信仰と行いが神にあってなされたことが明らかにされるためである。』

1~2節 (1 こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。2 なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。)

そして聖書は、天地万物の創造主で、世界人類の主権者であられる父なる神様は、全人類が守るべき真理や律法を完全に守れなくとも、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護にすがりつき、祈る姿勢を貫けるのなら、ただそれだけで永遠の人生とチャンスを受けられると、約束しています。Jesusを信じるあなたの人生での全ての、罪悪、咎、過ちは、神の御子Jesusが身代わりに命を投げ出して裁かれてくれるため、父なる神様に許され、永遠なる神の国でも人生をやり直せると教え説くのです。あなたは死による永遠の滅び、悲しい死の結末から解放された、本物の「神の子」だと教え説くのです。胸に書き記して下さい。そして、このJesusの十字架のみことばをいつも思い巡らしながら生きていけば良いのです。

3節 (3 肉によって無力になったため、律法にはできなくなっていることを、神はしてくださいました。神はご自分の御子を、罪のために、罪深い肉と同じような形でお遣わしになり、肉において罪を処罰されたのです。)

また聖書は、真心からJesusの十字架とそのみことばにすがれる人は皆、もう一人ではなく、神の永遠なる救い主「聖霊」の助けを確保できると約束してくれます。あなたがJesusのお名前で祈りつつ 、聖書のみことばに気を留め続けるのなら、あなたの内なる聖霊はあなたに必要な助けをいつまでも施して下さると約束するのです。

あなたは、あなたの心霊の深みに、人生と死の救い主である「聖霊様」が ご同居して下さっていることに 気付けていますか? それとも、内なる聖霊様にほとんど気付けず、自分本位の生活習慣や人間関係を継続していませんか? 聖霊様に気付けず、自分本意の生活習慣や人間関係に捕らわれる人に聖霊からの助言や神の奇跡的な援護力は減少してしまいます。日々のBible & メッセージを通して、あなたの内なる聖霊様と親しく交わろうとベストを尽くすことが大切なのです。

・第一コリントの手紙1:18 『主イエスの十字架のみことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、信じて救いを受ける私たちには、神の力です。』

・ルカの福音書12:12 Jesusは約束してくれました。『あなたがたが、言うべきこととやるべきことは、その必要な時に聖霊が教えて助け導いてくだいます。』

4節 (4 それは、肉に従って歩まず、御霊に従って歩む私たちの中に、聖書の律法の要求が全うされるためなのです。)

そして聖書は、いつもBible & メッセージを黙想して、内なる聖霊と会話するように祈れる人や、何よりもJesusの十字架を誇りとしながら福音宣教を大切に生きられる人には、救い主「聖霊様」が人生の問題を解決する知恵、インスピレーションや不思議な助けをも与えて下さると教え説きます。ただイタズラに日々の生活を繰り返そうとすることをやめて、日々のBible & メッセージを通して、絶えず霊の目を醒まそうと内なる聖霊様を意識して、生活することが重要なのです。

あなたの人生に表れる、聖霊様の不思議な助言と援軍や奇跡力に期待します。 AMEN

(祈り)

主なる神様、皆にJesusの十字架信仰とそのみことばの奥義を深く悟らせ、いつも内なる聖霊様と親しく交わり、祈れるようにして下さい。 そうすれば 皆の聖霊力は満ち溢れ出して、聖霊の不思議体験や神の奇跡的な助けを受けられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り