• sgbc-devotion

ローマ人への手紙5:19~21

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2016年10月7日(金)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙5:19~21 19 すなわち、ちょうどひとりの人の不従順によって多くの人が罪人とされたのと同様に、ひとりの従順によって多くの人が義人とされるのです。 20 聖書の律法が入って来たのは、違反が増し加わるためです。しかし、罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました。 21 それは、罪が死によって支配したように、恵みが、私たちの主イエス・キリストにより、義の賜物によって支配し、永遠のいのちを得させるためなのです。

[聖句メッセージ]

本日でローマ信徒への手紙5章は終わりです。では、聖句をあげてから説明します。

・第一コリントの手紙15:20~26

『今やキリストは、死んだ者たちの初穂として死者の中からよみがえられました。というのは、死が人類最初の人アダムを通して来たように、死者の復活もひとりの人イエスを通して来たからです。すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が永遠に生かされるからです。しかし、天国行きにはその順番があります。まず初穂であるキリスト、次にキリストの再臨のときキリストに属していた者です。それから、この世界は終わりが来ます。そのとき、キリストはあらゆる支配と、あらゆる権威、権力を滅ぼし、国を父なる神にお渡しになります。キリストの支配は、すべての敵をその足の下に置くまで、と定められているからです。最後の敵である死も滅ぼされます。』

19節 (19 すなわち、ちょうどひとりの人の不従順によって多くの人が罪人とされたのと同様に、ひとりの従順によって多くの人が義人とされるのです。)

このようにBibleは、世界人類最初の人、アダムが、創造主なる神様との契約違反(罪)を起こしたために、この事件直後から世界人類は皆、人生での様々な労苦や病魔を背負わなければならなくなり、それぞれが死を迎えることになってしまったと、教え説きます。しかしBibleは、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を信じてゆるされたあなたは、肉代の死後、神の国「永遠なるパラダイス」に引き上げられると約束してくれるのです。

またBibleは、この世界はやがて終末が起こると預言しており、その際、主イエスキリストは、再びこの世界人類に再臨することになり、現在すでに死後の世界(パラダイス)にいるJesus信仰の古い先輩から順番に、新たな霊的なカラダ(神様と天使に似た霊的カラダ)が与えられ、世界人類史上、類を見ない神の祝福に支配された『天国』に移されると、約束するのです。神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による、神様からのゆるしを受けられたあなたは、父なる神様の特別なご招待を受けており、死後は神の国で永遠なる人生を手に入れられると教え説くのです。この神の約束を何よりも楽しみに期待しつつ、Jesus信仰によるみことばを大切に、悔いなき人生を築けば良いだけなのです。

あなたは、未来や肉体の死後の準備をしながら、尊い人生を築けていますか?

それともあなたは、その場限りの人生を築いてしまっていませんか?

聖書は、未来の成功と肉体の死後の勝利的人生を築くために、天に宝を積む方法が書かれている神の知恵の書。みことばに生きようとする人は皆、未来と死後、いく倍も報われるのです。

・第二テモテ手紙3:16

『聖書はすべて、神の霊感により書かれた書物です。』

20~21節 (20 聖書の律法が入って来たのは、違反が増し加わるためです。しかし、罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました。21 それは、罪が死によって支配したように、恵みが、私たちの主イエス・キリストにより、義の賜物によって支配し、永遠のいのちを得させるためなのです。)

この『律法』とは、神の霊感によって書かれた聖書のみことばであり、世界人類が守るべき聖書の戒めになります。このように聖書とは、創造主なる神様と人間との全人生と死の契約書であり、神の御前に全人類が守るべきルール(法律)で、永遠の真理とも言われています。ですから聖書は、人は皆、肉体の死後、神からのみことばを基準として、創造主なる神様からどんな人生を思考しながら築いて生きてきたのか?ジャッジされると、教え説くのです。胸に書き記して下さい。

・ローマ信徒への14:12

『こういうわけですから、私たちは、おのおの自分の人生のことを、死後、神の御前に立ち、申し開きすることになります。』

・第一ペテロの手紙4:5

『放蕩せず、しっかりと生きている神の民の悪口を言う人々は、やがて、裁き主の神の御前で裁かれる時が来ます』しかし聖書は、人は皆、自らの人生での罪悪と過ちに気づいて、神の御子Jesusの十字架を仰ぎ見ながら悔い改め続けられるのならば、永遠に救われると約束しています。Jesus信仰を大切にしているあなたは死んでも、永遠なる人生を 手にするのです。

・ルカ福音書7:47

Jesusは罪人に言った。『わたしは、「わたし(イエス)を信じ愛した、この人の多くの罪は赦されている。」と言います。それはこの人がわたし(イエス)を多く愛したからです。しかし、少ししか 神に赦されない者は、少ししか、わたし(イエス)を愛せません。」』

このようにBibleは、今は神のみことばの大切さを知らず、聖書の律法を多く守れない人であったとしても、今日から神の御子Jesusの十字架のみことばを堅く信じて、真心から悔い改めようと、神の御子Jesusを誰よりも愛そうとするのなら、今日から新たに、神の祝福と奇跡に満ちた聖霊力を手に入れられると、約束してくれました。今日からのあなたの信仰とその生き様次第で、あなたの人生は、Jesusのような愛と奇跡に満ちた素晴らしいものに生まれ変われるのです。

AMEN

(祈り) そうすれば皆、永遠に必要が満たされながら、神様の奇跡と永遠なる幸福を手に入れられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 主なる神様、皆を聖霊に満たし、いつも神の御子Jesusの十字架とそのみことばを仰ぎ見ながら、真心から神様を愛せるように。また、真理を悟らせて悔い改められるようにして下さい。

AMEN!!

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.