• sgbc-devotion

ローマ人への手紙1:11~13

Bible said, 『神は愛です』 『力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いが伴っているからです。』 『あなたの罪は赦された』 『主は絶えず、あなたを導く』

2016年9月10日(土)

ディボーション聖句

ローマ人への手紙1:11~13 11 私があなたがたに会いたいと切に望むのは、御霊の賜物をいくらかでもあなたがたに分けて、あなたがたを強くしたいからです。 12 というよりも、あなたがたの間にいて、あなたがたと私との互いの信仰によって、ともに励ましを受けたいのです。 13 兄弟姉妹たち。ぜひ知っておいていただきたい。私はあなたがたの中でも、ほかの国の人々の中で得たと同じように、いくらかの実を得ようと思って、何度もあなたがたのところに行こうとしたのですが、今なお妨げられているのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。 それでは、聖句があげてから説明します。

・マタイ福音書16:18 Jesusは言った。『わたしは、わたしの教会を建てます。神の教会はハデス(地獄)の門もそれには打ち勝てません。』

・ヨハネの福音書10:16 主イエスは言った。『使徒達はわたしの声に聞き従い、一つの群れ、ひとりの牧者となるのです。』

・ヨハネの黙示録2:7 『耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう。』

11節 (11 私があなたがたに会いたいと切に望むのは、御霊の賜物をいくらかでもあなたがたに分けて、あなたがたを強くしたいからです。)

このように神の御子Jesusは、この世で唯一神のからだなる役割を果たし、見えない敵に打ち勝てるJesusの教会を造り、教会に神の協力者となる牧師を立てて、教会から語られるみことばと祈りを通して、神に選ばれた人々の群れを 神の聖霊により牧させると教え説きました。ですから、わざわざあなたの神様はあなたをJesusの教会に招かれたのです。 あなたはJesusの教会に繋がらずして、見えない敵に打ち勝てる聖霊力や神の奇跡を継続的に手に入れられるなどと、聖書に反する信仰心を持っていませんか? 聖書に反する自己流の宗教ほど虚しいものはありません。目を覚ますしかないのです。 Bibleは、神様は諸教会に立てられた監督者たちの語るBible & メッセージを通して、あなたに与えられている聖霊力と才能を強めると、はっきり教え説いています。あなたの繋がる教会から語られるBible & メッセージ(ディボーション)や礼拝から、あなたの聖霊力と才能を最大限に生かせる、みことばと祈りが与えられる事を期待します。なぜなら、それが神の御子Jesusからの預言と約束だからです。胸に書き記して下さい。

・第一コリント3:6,9~12 使徒パウロは言った。『教会の牧者である私が植えて、使徒アポロが水を注ぎました。しかし、成長させるのは神です。私たち牧師は神の協力者であり、あなたがたは皆、神の畑、神の建物です。私たち牧者達は、与えられた神の恵みによって、賢い建築家のように、土台を据えています。そして、信じるあなたたちが、その上に家を建てています。しかし、どのように建てるかについてはそれぞれが注意しなければなりません。というのは、だれも、すでに据えられている土台のほかに、ほかの物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストのみことばなのです。』

このようにBibleは教会牧師とは 神の協力者であり、Bible & メッセージで 教会に繋がる全ての人々に、神のみことばと聖霊力を植えつけ、霊的栄養を注ぐ働きをすると教え説いています。しかし、最終的に人を育てるのは父なる神様であり、人生をどう築くかはあなたと神様次第だと、教え説くのです。

・マタイ福音書7:26~27 主イエスは預言した。『わたしのこれらのみことばを聞いてそれを行わない者はみな、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまいました。しかもそれはひどい倒れ方でした。』

聖書は、神の御子Jesusの預言は必ず成就すると、はっきり教え説きます。ですから、Jesusの教会力を信じて、教会から語られる日々の御言葉を蓄えながら聖霊力を強め、人生で何が起ころうとも決して倒れない、みことばに根付いた信仰生活さえ築ければ良いだけなのです。神様の協力のもと、どのような人生を建て上げるかは、あなたの信じ方次第です。

・ローマ書12:9~10 『愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善に親しみなさい。教会では兄弟愛をもって心から互いに愛し合い、尊敬をもって互いに人を自分よりまさっていると思いなさい。』

12~13節 (12 というよりも、あなたがたの間にいて、あなたがたと私との互いの信仰によって、ともに励ましを受けたいのです。13 兄弟姉妹たち。ぜひ知っておいていただきたい。私はあなたがたの中でも、ほかの国の人々の中で得たと同じように、いくらかの実を得ようと思って、何度もあなたがたのところに行こうとしたのですが、今なお妨げられているのです。)

聖書は、この社会常識と違い、神の国の文化から生まれたJesusの教会には、行き過ぎた上下関係や支配関係はあってはならないと教え説きます。神の国に基づいた教会とは、何よりも聖書の権威を重んじますが、全ての人々が兄弟姉妹、対等だと教え説くのです。神の教会とは神の愛とみことばに根付いた共同体。教会の仲間は人生の荒波を共に祈り合い支え合う、霊的家族であり、永遠なる人生の戦友だと教え説くのです。教会内では、お互いに理解し合い受け入れ合いながら、心一つに祈れる真の友愛関係を目指すことをお勧めします。そういう人に、神の聖霊力と見えない敵に打ち勝てる教会力が与えられるからです。 あなたに与えられている、神の奇跡を呼び込めるみことば力と見えない敵に打ち勝てる教会力に期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、教会から与えられるみことばの霊的な糧を どんどん蓄えられるようにして下さい。そうすれば皆、神の御子Jesusの預言通りに神の奇跡を呼び込める聖霊力を高められ、何が起きても倒れることのない、自分らしい最高な人生を築けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り