• sgbc-devotion

使徒の働き28:15~16

Bible said, 『主に拠り頼め。 自分の悟りにたよるな』

2016年9月3日(土)

ディボーション聖句

使徒の働き28:15~16 15 私たちのことを聞いた兄弟姉妹たちは、ローマからアピオ・ポロとトレス・タベルネまで出迎えに来てくれた。パウロは彼らに会って、神に感謝し、勇気づけられた。 16 私たちがローマに入ると、パウロは番兵付きで自分だけの家に住むことが許された。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

15節 (15 私たちのことを聞いた兄弟姉妹たちは、ローマからアピオ・ポロとトレス・タベルネまで出迎えに来てくれた。パウロは彼らに会って、神に感謝し、勇気づけられた。)

ローマ帝国での裁判のため(福音宣教をするため)に、ローマ帝国親衛隊に連行されながらの船旅を続けていた使徒パウロたち一行は、イタリアのポテリオという町から首都ローマ市に向かっていました。しかし その噂を聞きつけたクリスチャンたちは、わざわざ 使徒パウロを励ますため、ローマの町から約150kmも離れている『アピオ・ポロ』と、約130km離れている『トレス・タベルネ』という町に 先回りして行き、使徒パウロたちに励ましのことばをかけたり、とりなしの祈りをして勇気づけたのです。

このように聖書で、神の教会の兄弟姉妹たちは、日々のBible & メッセージを軸にしながら、お互いに励まし合い、祈り合える愛力と結束力なくしては、大きな聖霊力は働かないと教え説きます。 あなたは教会の兄弟姉妹たちと、宗教の垣根を超えた信頼感と結束力を深められていますか?

神の教会は 宗教の垣根を超えた真の深い友愛関係と結束力なくして、神の御子Jesusのような神の奇跡や、100倍の報いを表すことはできないと、教え説きます。なぜなら教会の仲間たちとは、永遠なる神の家族であると教え説くからなのです。胸に書き記して下さい。

・ローマの手紙15:4~6 『どうか、忍耐と励ましの神が、あなたがたの教会を、キリスト・イエスにふさわしく、互いに同じ思いを持つようにしてくださいますように。それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。』

・コロサイの手紙2:2 『それは、教会の人たちが真心から励まし合い、神の愛によって結び合わされ、理解をもって豊かな全き確信に達し、神の奥義であるキリストを真に知るようになるためです。』

・第一テサロニケ5:11~13 『ですから、教会のあなたがたは、互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい。兄弟姉妹たちよ。あなたがたにお願いします。あなたがたの間で労苦し、主にあってあなたがたを指導し、訓戒している人々を認めなさい。その務めのゆえに、愛をもって深い尊敬を払いなさい。そして、お互いの間に平和を保ちなさい。』

この時、教会の仲間たち(クリスチャン)は、わざわざ100km以上も離れている使徒パウロの所に、励ましの言葉と祈りの援軍をするためにだけ集まりました。使徒パウロと教会の仲間たちは、毎日同じBible & メッセージを 実践適用し合うことで、それぞれの心霊と絆が硬く結び合わされており、使徒パウロを励ませる神の愛力に満ちていたのです。このように聖書は、神の愛と結束力に満ちた教会には、神の奇跡や聖霊の不思議が起こりだすと教え説きます。

・第一ヨハネの手紙4:7~8 『愛する者たち。教会にいる私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。』

そしてBibleは、Jesusの教会の人々に、主イエスの十字架の感動と神の愛が備わっていく時、それぞれがJesusのような聖霊力と信仰力に満ち溢れていき、神様の奇跡を引き出せると、教え説いています。Jesus信仰とは形式的な宗教感ではなく、神からの熱いラブレター(Bible)に対して、あなたが神様と仲間達の信頼にこたえる愛の業てもあるのです。あなたは神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を通して、本物の神のLOVEを受けており、その愛を隣人に教え施す、神の器となるために選ばれました。

・詩篇4:3 『あなたは知れ。主は、 ご自分を信じる聖徒を特別に扱われるのだ。 あなたが呼ぶとき、主は聞いてくださる。』

16節 (16 私たちがローマに入ると、パウロは番兵付きで自分だけの家に住むことが許された。)

『パウロは番兵付きで自分だけの家に住むことが許された』このように囚人の中で、使徒パウロだけが唯一、特別待遇でローマ皇帝に迎えられたのです。これは、共に船旅をして、使徒パウロの預言メッセージからJesusの救いを受けた、百人隊長の推薦でもありました。

・申命記28:1 『もし、あなたが、あなたの神、主の御声によく聞き従い、私が、きょう、あなたに命じる主のすべての御言葉の命令を守り行うなら、あなたの神、主は、地のすべての国々の上にあなたを高くあげられよう。』

聖書は、どこに行っても、また誰に会おうとも、Jesusのみことばの救いを宣べ伝える、隣人愛を第一に貫いてきた使徒パウロは、神のみことばの約束通り、当時の世界最強国・ローマ皇帝の内部においても、特別待遇を受けられたと教え説きます。このように聖書は、何よりも周囲の人々に永遠のいのちを与えられる福音宣教(伝道による救霊活動)を第一に生きられる人は、皆、何をしても神様に祝福され、神の大いなる奇跡と天使の強烈な援軍を受けられると、約束するのです。

あなたと教会の仲間たちに現れる使徒パウロ達のような、情熱的なJesus Loveと、その結果、あなたに与えられる神様からの特別待遇と奇跡に期待します。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして、Jesusのような愛を表せる本物の神の教会にして下さい。 そうすれば皆に、神の奇跡と特別待遇の恵みが与え続けられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.