• sgbc-devotion

使徒の働き26:1~3

Jesus said 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2016年8月14日(日)

ディボーション聖句

使徒の働き26:1~3

1すると、アグリッパがパウロに、「あなたは、自分の言い分を申し述べてよろしい」と言った。そこでパウロは、手を差し伸べて弁明し始めた。 2「アグリッパ王。私がユダヤ人に訴えられているすべてのことについて、きょう、あなたの前で弁明できることを、幸いに存じます。 3特に、あなたがユダヤ人の慣習や問題に精通しておられるからです。どうか、私の申し上げることを、忍耐をもってお聞きくださるよう、お願いいたします。

[聖句メッセージ]

本日から使徒の働きは26章です。

1節 (1すると、アグリッパがパウロに、「あなたは、自分の言い分を申し述べてよろしい」と言った。そこでパウロは、手を差し伸べて弁明し始めた。)

この『アグリッパ王』は、 古代ローマ帝国がユダヤ王国を統治していた中であっても、ローマ帝国と親密な関係を維持しており、ローマ皇帝から派遣されて来る総督たちと調和を保って、協力的にユダヤ王国を統治していました。また、アグリッパ王は当時のユダヤ王国内で、政治的にナンバーワンのポジションでした。

この日、アグリッパ王と同席していたベルニケとドルシラという 2人の姉妹(アグリッパ王の血縁の姉妹)がいましたが、実姉ドルシラはローマ帝国ユダヤ州の前総督ペリクスの妻でした。尚、このペリクス前総督とドルシラ夫妻の結婚関係は、ペリクス前総督と妻ドルシラが不倫の末、ペリクスが前夫から略奪婚した形の結婚でした。

・マラキ書2:16~17

『神は人の夫婦を一体に造られたのではないか。彼らには、霊の残りがある。その一体の人は何を求めるのか。神の子孫ではないか。あなたがたは、あなたがたの霊に注意せよ。あなたの若い時の妻や夫を裏切ってはならない。「わたしは、離婚を憎む」とイスラエルの神、主は仰せられる。「わたしは、暴力でその着物をおおう」と万軍の主は仰せられる。あなたがたは、あなたがたの霊に注意せよ。お互いに裏切ってはならない。』

Bibleは結婚関係を築く夫婦たちは、すべて神様が引き合わせて、清い愛を注いでひとつにして下さったのだから、不倫をして相手を裏切ってはいけないと、教え説きます。不倫は重罪の一つだと教え説くのです。

また聖書は、安易に離婚を選択して、自らや子孫たちの人生と心霊を傷つけることのないようにと教え説いており、アグリッパ王の妹ドルシラと親族たちは、この略奪婚の件で、厳格なパリサイ派ユダヤ人たちからは陰口を言われていたのです。

・マタイ福音書7:1~4

Jesusは言われました。『人をさばいてはいけません。さばかれないためです。あなたがたがさばくとおりに、あなたがたもさばかれ、あなたがたが量るとおりに、あなたがたも量られるからです。また、なぜあなたは、兄弟姉妹の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の梁には気がつかないのですか。兄弟姉妹に向かって、「あなたの目のちりを取らせてください」などとどうして言うのですか。見なさい、自分の目にも梁があるではありませんか。偽善者よ。まず自分の目から梁を取りのけなさい。そうすれば、はっきり見えて、兄弟の目からも、ちりを取り除くことができます。』

聖書は、多くのユダヤ人たちから陰口を言われ責められていたアグリッパ王とその一族たちは、Jesusの十字架の救いに出会う環境が整っていたと、教え説きます。

聖書は、離婚や様々な不信仰によるあなたの人生の全ての罪と過ちは、神の御子Jesusの十字架の身代わりの死と弁護によりゆるされると約束しており、二度と同じ過ちを犯さないように悔い改めて祈るのならば、あなたの人生でのプラスに変えられることもあると、Jesusは約束してくれたのです。このように神の奇跡や神の国の特別待遇を受けるには、日々Jesusの十字架と、そのみことばを仰ぎ見る信仰心が重要であり、神様への感謝を忘れない心持ちが大切なのです。胸に書き記して下さい。

2~3節 (2「アグリッパ王。私がユダヤ人に訴えられているすべてのことについて、きょう、あなたの前で弁明できることを、幸いに存じます。3特に、あなたがユダヤ人の慣習や問題に精通しておられるからです。どうか、私の申し上げることを、忍耐をもってお聞きくださるよう、お願いいたします。)

『あなたの前で弁明できることを、幸いに存じます。』 このように無実なのに告訴されていた使徒パウロは、ユダヤ人の政治的なトップであったアグリッパ王の前でJesus信仰を証しすることを嫌がるどころか、幸いだと語りました。

・使徒の働き23:11

神は言われた。『勇気を出しなさい。あなたは、以前、主イエスのことを証ししたように、ここでもを証ししなければならない。』

・使徒の働き4:33

『使徒たちは、主イエスの復活を非常に力強く証ししたため、大きな恵みがそのすべての者の上にあった。』

このようにBibleは、神の御子Jesusの救いを証し伝えることを、いつも喜んでできる神の子たちには、父なる神様から非常に大きな報い、神の奇跡、願い以上の応答の恵みが注がれると、約束します。

あなたも、いつ、どこに行っても、また誰も恐れずに遠慮しなくなり、喜んで Jesus信仰を証し伝えられる人に成長していき、父なる神様から信じられない程の大きな報い、神の奇跡、願い以上の恵みを刈り取れる神の子になれることを期待します。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして、いつ、どこででも、そして誰にでも、喜んでJesusの救いとみことばを証し出来るようにして下さい。そうすれば皆、いつも神様の奇跡とJesusのような不可能を可能にできる祈祷力を味方につけられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り