• sgbc-devotion

使徒の働き25:1~5

Bible said 『神は愛です』 『力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いが伴っているからです。』 『あなたの罪は赦された』 『主は絶えず、あなたを導く』

2016年8月9日(火)

ディボーション聖句

使徒の働き25:1~5

1フェストは州総督として着任すると、三日後にカイザリヤからエルサレムに上った。

2すると、祭司長たちとユダヤ人のおもだった者たちが、パウロのことを訴え出て、

3パウロを取り調べる件について自分たちに好意を持ってくれるように頼み、パウロをエルサレムに呼び寄せていただきたいと彼に懇願した。彼らはパウロを途中で殺害するために待ち伏せをさせていた。

4ところが、フェストは、パウロはカイザリヤに拘置されているし、自分はまもなく出発の予定であると答え、

5「だから、その男に何か不都合なことがあるなら、あなたがたのうちの有力な人たちが、私といっしょに下って行って、彼を告訴しなさい」と言った。」

[聖句メッセージ]

本日から使徒の働きは25章です。

1節  (1フェストは州総督として着任すると、三日後にカイザリヤからエルサレムに上った。)

古代ローマ帝国ユダヤ地区のペリクス総督はユダヤ人達の反乱を恐れ、またJesus信仰の神のパワーを恐れていたので、使徒パウロへの裁判を約二年ほど延期しながら、パウロを他の囚人達とは違って、特別待遇の自由を与えながら軟禁させていました。そして、ペリクス総督の後任として『フェスト』という人が、次のローマ帝国ユダヤ州の総督に着任したのです。しかし『新総督フェスト』は、賄賂を要求したり、略奪愛で婚姻をしていた罪深い前総督ペリクス総督とは違って、法律や、規律、規則を厳守することを重ん

じる生真面目な人物だったのです。

2~3節 (2すると、祭司長たちとユダヤ人のおもだった者たちが、パウロのことを訴え出て、3パウロを取り調べる件について自分たちに好意を持ってくれるように頼み、パウロをエルサレムに呼び寄せていただきたいと彼に懇願した。彼らはパウロを途中で殺害するために待ち伏せをさせていた。)

フェスト総督の着任三日後、総督が使徒パウロが監禁されていた聖地エルサレムに訪問した時、すぐにユダヤ教の祭司長とユダヤ人の権力者達が、フェスト総督に使徒パウロの取り調べや裁判を進めるように、嘘、偽りの証言をして願い出たのでした。ユダヤ人権力者たちは、もう二年も経っていたのに、Bible & Jesusのみことばを語って、ユダヤ人権力者達の罪と過ちを指摘したパウロを全く許せず、その護送中にパウロを殺そうとまで計画していたのです。

・マタイの福音書7:1~3

『兄弟姉妹をさばいてはいけません。さばかれないためです。あなたがたがさばくとおりに、あなたがたも神様にさばかれ、あなたがたが量るとおりに、あなたがたも神様に量られるからです。また、なぜあなたは、兄弟姉妹の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の梁には気がつかないのですか。』

・詩篇5:5

『誇り高ぶる者たちは 神の御前に立つことはできません。神はみことばの不法を行うすべての者を憎まれます。』

・ヨブ記35:12

『神は悪人が泣き叫んでも答えはない。悪人はおごり高ぶっているからだ。』

このようにあなたの神様は、特に同じ信仰を持つ仲間たちや友人たちを執念深く許さずに放って置く人や、他人のせいにばかりする人を 裁かれると忠告しています。Bibleは、使徒パウロのように、Bibleに基づいた罪と過ち(真理)の指摘をした仲間たちを受け入れるどころか、ユダヤ人たちのように逆切れする人の祈りを 聞かれないと忠告するのです。胸に書き記して下さい。

あなたは真理に基づいた忠告をしてくれる仲間たちとトラブルがあった時、和解せずに放って置いたり、他人のせいにばかりして逆ギレすることはありませんか?神のみことばの忠告を軽視して、おごり高ぶり、他人を許せない人達に神は味方してくれません。肝に銘じて下さい。

4~5節  (4ところが、フェストは、パウロはカイザリヤに拘置されているし、自分はまもなく出発の予定であると答え、5「だから、その男に何か不都合なことがあるなら、あなたがたのうちの有力な人たちが、私といっしょに下って行って、彼を告訴しなさい」と言った。」)

しかし、フェスト総督はユダヤ人たちの嘘と悪い計画を見抜き、その懇願を退け、もし何か不都合があるのなら、使徒パウロが監禁されているカイザリヤに来て、改めて告訴するようにと命じたのです。

・ヨハネ福音書15:18

Jesusは言った。『もし世の人々が 私を伝えるあなたがたを憎むなら、世はあなたがたよりも、わたしイエスを先に憎んだことを知っておきなさい。』

・ヨハネ福音書7:7

Jesusは言った。『世の人々はあなたがたを憎むのではありません。しかし、わたしと、わたしのことばを伝える人々を憎みます。なぜならわたしが、世の人々について、その行いが悪いことをあかしするからです。』

ユダヤ人たちは、自分たちは神の特別な選民であり、自分たちユダヤ教徒たちたけが、旧約聖書の神のみことばを熟知している特別な民族なので、使徒パウロに過ちや罪を指摘される筋合いなどないと、頑固で高慢と憎しみ心を貫き通してしまったのです。その結果、ユダヤ人たちは神様に敵対する道を歩んでしまったのです。

・箴言18:12

『人の心の高慢は破滅に先立ち、 謙遜は栄誉に先立つ。』

・ローマ書3:10

『正しい義人はいない。ひとりもいない。』

・ヤコブ書5:17

『ですから、あなたがたは、互いに過ちと罪を言い表し、互いのために祈りなさい。その義人の祈りは働くと、大きな力があります。』

このようにBibleの教える神様が認める正しい義人とは、他人のせいばかりにせず、自分の足りなさと誤りを素直に認められる謙遜さが大切であり、仲間たちの真理に基づく指摘を 受け入れられる柔軟さも必要だと、教え説きます。

そして、神の認める義人はJesusの十字架を仰ぎ見つつ、自らの過ちと罪のゆるしを祈り悔い改められる、幼児のような純粋な信仰心が重要だと、教え説くのです。常にみことばによる助言に耳をかせる謙遜な心と子どものような素直な信仰心は、神様に喜ばれる何よりの正義なのです。胸に書き記して下さい。

あなたは自らの過ちと罪を知るために、神様からBibleのみことばと教会の仲間たちの助言が与えられていることに気づいていますか?それとも自分本位の聖書の読み方ばかりしてしまい、真理に基づいている教会のJesus Familyたちの助言を 軽視していませんか?

教会とは 神の御声を知らせ、神のからだの役割りを果たせる神の国の器官なので、真理に基づく助言に耳を貸す者は皆、いく倍も報われるのです。

あなたに与えられる聖書のみことばと、Jesus Familyの真理に基づく助言から与えられる神の知恵と御声に期待します。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、聖書のみことばと、仲間たちの真理に基づく助言に耳を貸せる謙遜さと純朴な信仰心を大切に生きられるようにして下さい。そうすれば皆、Bibleのみことばと教会のJesus Familyたちの助言から自らの誤りと罪が見つかり、Jesusの十字架に頼る事で全てがゆるされ、永遠にいく倍も報われ続けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り