• sgbc-devotion

使徒の働き24:17~21

Bible said 「聖書のみことばは、必ず成就します」 「わたしの杯は満ちあふれます」 「あなたの病は癒される」

2016年8月7日(日)

ディボーション聖句 使徒の働き24:17~21 17さて私は、同胞に対して施しをし、また供え物をささげるために、幾年ぶりかで帰って来ました。 18その供え物のことで私は清めを受けて宮の中にいたのを彼らに見られたのですが、別に群衆もおらず、騒ぎもありませんでした。ただアジヤから来た幾人かのユダヤ人がおりました。 19もし彼らに、私について何か非難したいことがあるなら、自分で閣下の前に来て訴えるべきです。 20でなければ、今ここにいる人々に、議会の前に立っていたときの私にどんな不正を見つけたかを言わせてください。 21彼らの中に立っていたとき、私はただ一言、「死者の復活のことで、私はきょう、あなたがたの前でさばかれているのです」と叫んだにすぎません。」

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。それでは、聖句をあげてから説明します。

・ヨハネ福音書13:34~35 Jesusは言った。『神に選ばれたあなたがたに、新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もし教会に愛があるなら、それによってあなたがたが、主の弟子(クリスチャン)であることを、すべての人が認めるのです。』

・第一ペテロ手紙4:8 『何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの人の過ちや罪をおおうからです。だから、つぶやかないで、互いに親切にもてなし合いなさい。』

・ピリピの手紙3:20 『神に選ばれた私たちの国籍は、いまや天国にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいるのです。』

17~18節 (17 さて私は、同胞に対して施しをし、また供え物をささげるために、幾年ぶりかで帰って来ました。18 その供え物のことで私は清めを受けて宮の中にいたのを彼らに見られたのですが、別に群衆もおらず、騒ぎもありませんでした。ただアジヤから来た幾人かのユダヤ人がおりました。)

これらの聖書のみことばから、使徒パウロは、いつも同じ創造主なる神様を信じているユダヤ人とクリスチャンたちへの友情と愛を大切に暮らしていました。そして彼は、肉体の死後の天国行きのみことばと夢を大切にしながら、様々な愛の施しをしていただけなのに、同じ父なる神様を信じるユダヤ人たちから誤解されて迫害されたのです。Jesusは同じ父なる神様に選ばれて集められた信仰の仲間たちに、真の信頼と友情が育たなければ、神信仰は意味がなく、ただの虚しい宗教ごとに過ぎないと、教え説きます。 あなたは同じ信仰の仲間たちを大切に愛し、信頼しようとしていますか? それとも、教会の仲間たちと愛と信頼の乏しい宗教関係を築いてしまって、不平不満があったり、何かトラブル事を起こしていませんか?

聖書は、教会の仲間たちに真の愛が育たなければ、Jesus信仰や教会礼拝は、ただのうるさい宗教に過ぎないと忠告するのです。肝に銘じて下さい。

・第一コリントの手紙13:1~3 『たとい、神に召された私が 御使いのことばで話しても、愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。また、山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、愛がないなら、何の値うちもありません。また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。』

聖書は神に選ばれて集められたJesus Familyたちは、各自が信頼し合って、愛し合おうとする心構えが重要だと教え説きます。なぜなら聖書は、神の愛に満ちた教会にしか、神様の奇跡を呼び込める愛力と聖霊力が働かないと、ハッキリ教え説くからなのです。胸に書き記して下さい。

19~21節 (19 もし彼らに、私について何か非難したいことがあるなら、自分で閣下の前に来て訴えるべきです。20 でなければ、今ここにいる人々に、議会の前に立っていたときの私にどんな不正を見つけたかを言わせてください。21 彼らの中に立っていたとき、私はただ一言、「死者の復活のことで、私はきょう、あなたがたの前でさばかれているのです」と叫んだにすぎません。」)

使徒パウロは、旧約聖書の預言通りに、神の御子Jesusは神を信じる「神の子」たちの人生の過ちや罪悪の贖(あがな)いのために十字架について死に、その3日後に復活してから神の国に戻られ、今は、Jesus信仰者たちを 天国に連れて行く橋渡しをして下さっていると、Bible & メッセージを宣べ伝えただけであったのに、勘違いしたユダヤ人たちから訴えられたのです。しかし使徒パウロは、神のみことばの預言を 忠実に教え伝えただけでした。

あなたはこのユダヤ人たちのように、自分の都合で聖書のみことばを解釈し過ぎて、教会の聖職者やリーダーたちのBible & メッセージとぶつかり合うことはありませんか? 自分の都合ばかりで聖書を解釈しても、神の預言と約束はつかみ取れません。神の教会から語られるBible & メッセージに耳を傾ける謙遜さも大切なのです。

・ヨハネ福音書14:2~3 Jesusは言った。『わたしの父なる神の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに天に行くのです。また、わたしが行って、あなたがたに天国での場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしのいる所に、あなたがたを永遠におらせるためなのです。』

このように聖書は、ユダヤ教の多くの人々は形式的な信仰であったために、目に見える現実や学問と生活にばかりに捕らわれて余裕がなく、Jesusの教えた天国の夢やみことばを受け入れる想像力と真の信仰心が 乏しかったと教え説きます。そのためユダヤ人たちの多くは信仰心はあったのですが、神の救いや奇跡を手放してしまったと教え説くのです。

神様の存在と救いを実感するのに大切なのは知識や経験ではなく、幼児のような想像力に満ちた夢力と神様を信じようとする純粋な好奇心だと、教え説くのです。胸に書き記して下さい。

あなたは神様に集められたJesus Familyたちと愛し励まし合い、永遠の天国人生を生きるために救われたのです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして愛を注ぎ、神に集められた信仰の仲間達と真心から愛し支え合えるようにして下さい。 そうすれば、皆のJesusの教会に神の奇跡を呼び起こせる、神の愛力と聖霊力が増し加わるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り