• sgbc-devotion

使徒の働き23:31~35

GOD said

『あなたは癒された』

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい』

『神は愛です』

『主のしもべは栄える』

2016年8月3日(水)

ディボーション聖句

使徒の働き23:31~35 31そこで兵士たちは、命じられたとおりにパウロを引き取り、夜中にアンテパトリスまで連れて行き、 32翌日、騎兵たちにパウロの護送を任せて、兵営に帰った。 33騎兵たちは、カイザリヤに着き、総督に手紙を手渡して、パウロを引き合わせた。 34総督は手紙を読んでから、パウロに、どの州の者かと尋ね、キリキヤの出であることを知って、 35「あなたを訴える者が来てから、よく聞くことにしよう」と言った。そしてヘロデの官邸に彼を守っておくように命じた。

[聖句メッセージ]

本日で、使徒の働き23章は終わりです。

31節 (31そこで兵士たちは、命じられたとおりにパウロを引き取り、夜中にアンテパトリスまで連れて行き、)

古代ローマ帝国軍・千人隊長は、多勢のユダヤ人たちが無実の使徒パウロを陥れて処刑しようとしたことを阻止して、正しい裁判を受けさせるために、まるで要人のように特別な騎兵隊の護衛を使徒パウロに配置させ、首都エルサレムから『アンテパトリス』という都市に護送しました。 『アンテパトリス』とは、エルサレムから山道を50kmほど下った辺りで、紀元前9年頃にユダヤ王国のヘロデ大王が再建した都市でした。尚、この都市名はヘロデ大王の父・アンティパトロス2世にちなんで名付けられており、それ以前は「アフェク」という都市名だったようです。

32~33節 (32翌日、騎兵たちにパウロの護送を任せて、兵営に帰った。33騎兵たちは、カイザリヤに着き、総督に手紙を手渡して、パウロを引き合わせた。)

『カイザリヤ』とはイスラエル北西部の町で、地中海に面した主要な港町です。 カイザリヤは紀元前2世紀頃にできた都市で、この古代ローマ時代には地中海への玄関口として栄えた主要港町だったのです。尚、このカイザリヤは、現在でもヘロデ王が築いた水道橋や、古代ローマ時代の劇場、競技場(コロシアム)、神殿などの遺跡が残っている、人気ある観光スポットになっています。

32~35節 (32翌日、騎兵たちにパウロの護送を任せて、兵営に帰った。33騎兵たちは、カイザリヤに着き、総督に手紙を手渡して、パウロを引き合わせた。34総督は手紙を読んでから、パウロに、どの州の者かと尋ね、キリキヤの出であることを知って、35「あなたを訴える者が来てから、よく聞くことにしよう」と言った。そしてヘロデの官邸に彼を守っておくように命じた。)

使徒パウロは、この『カイザリヤ』という町で、当時のユダヤ王国を統治をしていたローマ総督ペリクスと引き合わせられました。ペリクス総督は、使徒パウロがどこの出身なのか? また、ローマ帝国の市民権を持っているのか?と、訊ねました。 当時は、ローマ市民権があるかないかでは、大きな差別があり、対応が全く違ったからでした。しかし使徒パウロは、当時のローマ帝国内属州のキリキヤ出身で、古代ローマ帝国の市民権も持っていたので、千人隊長たちから特別待遇を受けられ、獄舎内の汚い牢獄に留置されずに、ヘロデの官邸内にある清潔な部屋内に留置されていたのです。

聖書は、神の御子Jesusを信じて救われた人と、そうでない人とは永遠の大差が生じてしまうと、ハッキリ忠告しています。神の御子Jesusを信じ告白して祈りさえできれば、永遠なる特権を 受けられるのです。胸に書き記して下さい。あなたは永遠なるチャンスを手に入れられたからです。

・詩篇4:3

『知れ。主は、 ご自分の聖徒を特別に扱われるのだ。 私たちが主を呼ぶとき、主は聞いてくださる。』

・ヨハネ黙示録3:10

神は約束した。『あなたが、わたしの忍耐について言ったみことばを守ったから、わたしも、地上に住む者たちを試みるために、全世界に来ようとしている試練の時には、あなたを特別に守ろう。』

このように天地万物の創造主なる神様は、日々のBible & メッセージを何とかして守ろうと、本気で祈っているあなたを永遠に特別に扱って下さると約束してくれます。 聖書はJesus信仰を持ったあなたは、神の御子Jesusが十字架上の身代わりの死と弁護で、いつもあなたのすべてを補って下さいますが、信仰を持たない多くの人たちは、自らの人生での痛み、苦しみや死をもって、人生での罪悪、過ちの代償と責任を、自分自身で永遠に背負わなければならなくなると、教え説くのです。ですから、この「神の子」とされた特権と幸運を しっかり自覚して、周囲の人々に、できる限り福音宣教をし続けて生きることが重要なのです。これが神の子とされたあなたへの神様からの大切な使命のひとつだからです。

・マタイ福音書24:22

Jesusは約束した。『神に選ばれた者のためには、人生の苦難の日数は少なくされます。』

聖書は、神の子とされたあなたの人生の苦難の日数は、神様を受け入れようとしない人たちよりも、人生の苦難や試練の日数が少なくされると、特別扱いしてくれています。Jesus信仰のおかげで「神の子」とされたあなたには、目には見えない永遠なる特権や数多くの幸運が父なる神様から約束されているのです。あなたはこの国で、神様からの特別待遇と永遠なる特権を受けるために選ばれました。そして、この特権を生かして、神愛(福音宣教)と隣人愛(救霊)を何よりも大切に生きる人は皆、永遠にいく倍も報われるのです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、主イエスの十字架信仰ゆえに、神様から約束されている永遠なる人生の特権、特別待遇、幸運をしっかり自覚させて下さい。 そうすれば皆、更に神愛(絶対的な聖書信仰)と隣人愛(福音宣教)のために生きられ、数え切れないほどの神の奇跡と最高な人生の祝福を刈り取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り