• sgbc-devotion

使徒の働き17:5~7

GOD said

『あなたの罪は赦された』

『わたしのしもべは栄える』

『いつも、喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事に感謝しなさい』

2016年6月14日(火)

ディボーション聖句

使徒の働き17:5~7

5ところが、ねたみにかられたユダヤ人は、町のならず者をかり集め、暴動を起こして町を騒がせ、またヤソンの家を襲い、ふたりを人々の前に引き出そうとして捜した。

6しかし、見つからないので、ヤソンと兄弟たちの幾人かを、町の役人たちのところへひっぱって行き、大声でこう言った。「世界中を騒がせて来た者たちが、ここにも入り込んでいます。

7それをヤソンが家に迎え入れたのです。彼らはみな、イエスという別の王がいると言って、カイザルの詔勅にそむく行いをしているのです。」

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。では、聖句をあげてから説明します。

・ヨハネの福音書8:32,36

『あなたがたは真理のみことばを知り、その真理はあなたがたを自由にします。ですから、もし神の御子イエスがあなたがたを自由にすると言われるなら、あなたがたは、ほんとうに自由なのです。』

・使徒の働き16:31

『使徒パウロとテモテのふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と言った。』

・第二コリント人への手紙3:17

『主なる神は聖霊です。そして、主の聖霊のあるところには真の自由が表れるのです。』

・ローマ書8:1~2

『こういうわけで、今は、キリスト・イエスを信じる者が罪に定められることは決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、聖霊のいのちの原理が、信じる者たちの罪と死の原理から、解放してくれたからです。』

 このように聖書は、神の御子Jesusを信じる者たちは、Jesusが十字架上で身代わりの死と弁護をしてくれるので、何をしても神様からは罪人として裁かれない自由が与えられていると、約束します。

 Jesusの十字架信仰は、他宗教の教える因果応報、罰、輪廻転生、死んだら終わりなどの法則を消し去る神の唯一の救いなのです。胸に書き記して下さい。

 また聖書は、神のみことばを堅く信じて受け入れている人たちは、いつも神の聖霊がご一緒してくださるため、必要以上の人間関係の恐れ、しがらみや束縛から開放されており、何をしても、何を食べても、本物の自由感を手に入れられると教え説きます。

 聖書はみことばを堅く信じて行い続ければ、あなたの自由は揺るがなくなれると、約束するのです。

 また聖書は、人は皆、Bibleのみことばを素直に信じて受け入れて、その通りに歩もうとする時、聖霊の不思議な後押しがあり、孤独感や何ものも恐れない、本物の愛と強さや身軽な自由、生きる喜びを体得できるようにもなれると、約束します。

 Jesusの十字架のみことばに頼れるあなたの全ての必要は満たされ続け、何か特別なことをしなくても、みことばを信じて行えれば、段々と癒されていき、自由を勝ち取れるのです。

 あなたは本物の自由を勝ち取れていますか?また、Jesusの約束する揺るがぬ自由と癒しを体験したいですか?

 聖書は、真理に従い生き続ける人たちは皆、永遠に揺るがない自由と癒しを勝ち取れると約束しています。期待する者は報われます。

5~7節 (5ところが、ねたみにかられたユダヤ人は、町のならず者をかり集め、暴動を起こして町を騒がせ、またヤソンの家を襲い、ふたりを人々の前に引き出そうとして捜した。6しかし、見つからないので、ヤソンと兄弟たちの幾人かを、町の役人たちのところへひっぱって行き、大声でこう言った。「世界中を騒がせて来た者たちが、ここにも入り込んでいます。7それをヤソンが家に迎え入れたのです。彼らはみな、イエスという別の王がいると言って、カイザルの詔勅にそむく行いをしているのです。」)

 ユダヤ教と他宗教や無神論者達は、「人は皆、神の御子Jesusを信じるだけで永遠に救われ、洗礼を受けると神の聖霊を受けられて、永遠の人生を生きられる。」と確信を持って教えていた使徒パウロとテモテの姿を見て、ねたんで、言いました。「なんだ、それ!?みことばを信じて行うだけでいい!?ふざけるな!」と、無知なくせに独自の確信のない宗教論を語り出し、怒り出しました。

 なぜなら聖書は、無神論者は「死」と「人生」の意味を全く誤解しており、ただ、死をあきらめて恐れるしかないからだと、教え説きます。

 また聖書は、Jesus信仰者たちとは、死の恐れを克服できる神の知恵を悟れる幸福者だと、教え説きます。

 尚、Jesus信仰以外の世界四大宗教(ユダヤ教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教)の正当な教えには、どれも食べていけない物が多数あり、それらは、人は好き放題の自由に生きて、過ちを犯せば、罰や悲しい因果応報を受けるか、死後滅びるしかないと、はっきり教えています。

 Bibleは無知な知ったかぶりの宗教論や、聖書に反抗する独自の神学は捨て去る方が、人間のためだと忠告するのです。

 みことばをそのまま受け入れることが重要であり、難しく考え過ぎる必要はないのです。なぜなら聖書で、あなたの神様はBibleだけで充分だと教えて説いているからです。

 あなたは神を信じると告白しながらも、みことば以外を大切にし過ぎて、神の奇跡や癒しを手放していませんか?みことばは、神そのものなのです。

 このテサロニケ滞在時、使徒パウロとテモテを接待してくれていたヤソンは、地元の仲間達に裏切り者扱いされて、迫害されていました。

 聖書は、多くの人々は、神信仰と正義のみことばを語る人々や、新たなチャレンジをする勇敢な人々と目立った働きをする人々をねたんだり、迫害すると預言します。

 あなたは神のみことばの正しさと、新しいことに勇敢にチャレンジする人々や目立っている人々に嫉妬したり、やっかみを持つことはありませんか?

 真理に背くことを訴え続ける人々や嫉妬心の強い人々は、数多くの神の祝福を手放します。肝に銘じて下さい。

・マタイの福音書5:10~12

Jesusは言われました。『しかし、神の義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。わたし・イエスのために人々があなたがたをののしり、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせるとき、あなたがたは幸いです。喜びなさい。喜びおどりなさい。天ではあなたがたの報いは大きいから。』

 このように聖書は、ヤソンfamilyは使徒パウロたちからのみことばを堅く信じて、出会ったばかりの使徒パウロとテモテを神の家族として受け入れて、大切にもてなしました。

 そしてこの時、ヤソンたちはBible&メッセージ通りに、すぐに洗礼を受けて、Bibleの価値観にパラダイムシフトしたのです。しかし、それを知った地元の仲間達はヤソンに「お前は裏切った」「キリスト?ヤソン、おまえおかしいよ。おまえ、変わったな。」などと、少しの間、冷たくあたって迫害したのです。

 しかし、ヤソンはBibleの正しさを堅く信じて、古い思考と人間関係のしがらみを神に祈って明け渡し、Jesusのみことばをただ信じて握り締め、過去の全ての事柄やしがらみから自由になって、神の家族たちを信頼したために成功的人生を勝ち取れたのです。

 このヤソンの家族たちの選択を、Bibleは非常に賢い選択だと教え説きます。なぜなら、その後ヤソンは、真の自由とヤソンらしさを手に入れ、後に、昔の仲間達が過ちを悔い改めることになる時、ヤソンは旧友達を救い導く神の伝説的な使徒として数えられるようになったからです。

 あなたの神様は、ヤソンのように、Jesusのみことばを信頼して、周囲に迫害されようとも正義と真理を手離さずに、神の家族達を愛して大切にする者たちに、神の奇跡と百倍の報いを与えて下さるお方。Bibleは、毎週、神の教会に集まっている仲間たちとは、切っても切れない永遠の家族だと教え説くのです。

 あなたは神の家族たちと祈り合い、励まし合い、愛し合い、百倍の報いを刈り取る為に、神のカラダなる教会に集められたのです。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、ヤソンのようにみことばを堅く信頼させ、何ものも恐れない、真の自由と、神の愛と使命を与えて、助け導いて下さい。

 そうすれば皆、神様からの奇跡と百倍の報いを手に入れられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.