• sgbc-devotion

使徒の働き15:24~27

GOD said

『あなたの罪は赦された』

『わたしのしもべは栄える』

『いつも、喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事に感謝しなさい』

2016年5月31日(火)

ディボーション聖句

使徒の働き15:24~27

24私たちの中のある者たちが、私たちからは何も指示を受けていないのに、いろいろなことを言ってあなたがたを動揺させ、あなたがたの心を乱したことを聞きました。

25そこで、私たちは人々を選び、私たちの愛するバルナバおよびパウロといっしょに、あなたがたのところへ送ることに衆議一決しました。

26このバルナバとパウロは、私たちの主イエス・キリストの御名のために、いのちを投げ出した人たちです。

27こういうわけで、私たちはユダとシラスを送りました。彼らは口頭で同じ趣旨のことを伝えるはずです。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

 以下は、聖書全体の大切な完結のみことばになります。

・ヨハネ黙示録22:18~20

『わたしは、この聖書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。また、この聖書の預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。これらのことをあかしする聖霊がこう言われる。「しかり。わたし・イエスはすぐに来る。」アーメン。』

24節 (24私たちの中のある者たちが、私たちからは何も指示を受けていないのに、いろいろなことを言ってあなたがたを動揺させ、あなたがたの心を乱したことを聞きました。)

 世界初のユダヤ人以外の外国人教会・アンテオケ教会の人々は、Jesus & Bibleをよく知らなかった為に聖書のみことばを軽視してしまい、多くの様々な問題を引き起こし、いらぬ因果のマイナスや災難を刈り取ってしまいました。

 アンテオケ教会のクリスチャンたちは神のみことばをあまり憶えようとせず、実践適用しなかったので、Jesusを信じて祈っているのに、大した恵みも現れず、いつも問題が多く、動揺して生きる毎日を送っていたのです。

 このようにBibleは、天国行きの内定を手にしたクリスチャンと言えども、Jesus & Bibleのみことばから離れてしまえば、大した恵みは起きないと、ハッキリ教えます。

 Jesus & Bibleのみことばは神の祝福のライフラインであり、聖霊の不思議なPowerと奇跡を引き出せる唯一の術だと、教え説くのです。

 聖書は、この神の国とのパイプとなるBibleのみことばを如何に活かして生きられるかが、重要なポイントだと教え説くのです。

 そのポイントさえ大切に生きられれば、あなたの全ての問題は解決すると、Bibleは約束するからです。胸に書き記して下さい。

25~27節 (25そこで、私たちは人々を選び、私たちの愛するバルナバおよびパウロといっしょに、あなたがたのところへ送ることに衆議一決しました。26このバルナバとパウロは、私たちの主イエス・キリストの御名のために、いのちを投げ出した人たちです。27こういうわけで、私たちはユダとシラスを送りました。彼らは口頭で同じ趣旨のことを伝えるはずです。)

 また聖書は、Jesus信仰と教会は神の国との唯一の太いパイプですが、Jesusの十字架上の愛とみことばや聖霊のインスピレーションを軽視しては、神の力など殆ど表われることはないと教え説きます。

 その為、誤りだらけのアンテオケ教会の人々も、このような悪循環な信仰生活を強いられてしまったのです。

 あなたは、聖書のみことばと聖霊からのインスピレーションを大切に考えることよりも、自分本位なご利益宗教をしていませんか?

 日々のBible&メッセージを通して、自らのJesus信仰と聖霊のあり方を、よく吟味して生きることが大切です。

 そしてこの時、真理と聖霊を誤解していたアンテオケ教会に、聖霊に満たされていたパウロとバルナバの二人の牧師と本物のクリスチャンリーダーのユダとシラスが、派遣されたのです。

 このように聖書は、神の真理と奇跡に満ち溢れる教会を築くには、個人プレイではなく、牧師と信徒リーダーたちのチームワークが必要不可欠だと、教え説きます。

 このように聖書は、聖霊に満ちた教会を形成するには、神の使命に目覚めた牧師とみことばを大切にしているクリスチャンたちとで、チームワーク良く様々な問題に取り組みながらも、愛と救霊を第一に生きようとすることが何よりも重要だと教え説くのです。

 あなたは教会や仲間たちとチームワークと使命感を大切にした良い関係性を築けていますか?

 このチームワークの良い教会力、共同体を目指さなければ、個々の奇跡や願いの応答も限られてしまうのです。肝に銘じて下さい。

・ヨハネ福音書15:5,7

Jesusは言いました『わたしはぶどうの木で、信じるあなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたし・イエスを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。しかし、あなたがたが、わたし・イエスにとどまり、わたしのみことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。』

 このようにBibleは、Jesusの教会から語られるBible&メッセージを指針として、あなたの関わる教会や組織で、チームワークを重んじながら、共通の使命感を大切に生きられるのなら、見えずともJesusからの聖霊につながることになり、今後、神様からとてつもないほどの神の奇跡や愛の感動的な祝福を手に入れられると約束します。

 なぜなら、それがBibleのみことばとJesusの教会を第一に生きる者に与えられている、神様の約束だからです。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして真理に気づかせ、身勝手な個人プレイや誤りを悔い改めさせて下さい。

 そうすれば、皆の関わる教会や組織に神の聖霊が強く働くことになり、全ての問題が解決したり、様々な願い事も叶い出すからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り