• sgbc-devotion

使徒の働き13:39~41

Bible said

『神は愛です』

『恐れるな。主はあなたの盾である。あなたの受ける報いは非常に大きい』

2016年5月14日(土)

ディボーション聖句

使徒の働き13:39~41

39モーセの律法によっては解放されることのできなかったすべての点について、信じる者はみな、この方によって、解放されるのです。

40ですから、預言者に言われているような事が、あなたがたの上に起こらないように気をつけなさい。

41「見よ。あざける者たち。驚け。そして滅びよ。わたしはおまえたちの時代に一つのことをする。それは、おまえたちに、どんなに説明しても、とうてい信じられないほどのことである。」

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

39節 (39モーセの律法によっては解放されることのできなかったすべての点について、信じる者はみな、この方によって、解放されるのです。)

 『モーセの律法』とは、神様が立てた預言者モーセを通して与えられた、人間が守らなくてはならない人間の律法、道徳。創造主なる神様から与えられた、人間が守るべき律法は、旧約聖書の「モーセ五書」に書き記されています。

 尚「モーセ五書」とは、旧約聖書の創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記で構成されていました。また「モーセの律法」で有名な箇所に「モーセの十戒」という神からの律法が記されていますが、この「十戒」の箇所は1956年に映画化され、アカデミー賞7部門にノミネートされ、今や世界的に有名な歴史的実話でもあるのです。

 では、旧約聖書から「十戒」のみことばをいくつか、あげておきましょう。

・出エジプト記20:3

神は言われた。『あなた方には、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。』

・出エジプト記20:9~10

『あなたは六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。しかし七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはどんな仕事もしてはならない』

 この旧約聖書の律法のおかげで、世界のカレンダーで、日曜日は礼拝の為の安息日となり、土曜日は休日となりました。今や、世界人類の時間と日時は、聖書の教える創造主なる神様が基準となっているのです。

・出エジプト記20:12~17

『あなたの父と母を敬え。人殺しをしてはならない。姦淫してはならない。人の物を盗んではいけない。隣人に対し、偽り、嘘の証言をしてはならない。隣人の家や物を欲しがってはいけない。不倫をしてはいけない。』

 人間は、個々の家庭や所属する組織やコミュニティのルール、秩序、決まりごとを守らなくては平和な家庭と社会を築くことはできません。

 また人は皆、その住居、または滞在する都市や国々の法律を守らなくては、犯罪者として裁かれます。

 聖書はこれらの一般常識と同じように、人は皆この世界人類を統べ治める、創造主なる神様からの聖書の律法や道徳を守らなくては、死後『天国』に行く許可はおりないと、ハッキリ教え説くのです。

・第一列王記2:3

『あなたの神、主の戒めを守り、モーセの律法に書かれているとおりに、主のおきてと、命令と、定めと、さとしとを守って主の道を歩まなければならない。』

・ローマ書3:11~12

創造主なる神様は、言われました。『しかし義人はいない。ひとりもいない。悟りのある人、完全な人はひとりもいない。』

 このように聖書は、神から与えられた聖書の律法や道徳を守れない人は皆、肉体の死後、永遠に裁かれると、はっきり教え説きます。

 しかし、同時に聖書は、結局人は皆、自分勝手で、欲深くてズル賢く、また感情的になって過ちを犯したり、勘違いやミスを犯す罪性がある為、ほぼ100%の人々が、神様から与えられている律法や道徳を守れないと、教え説くのです。

 そして現実は、世界人類には正しい義人などおらず、肉体の死後、そのままでは、天国に行ける人など存在しないとまで、教え説いているのです。

 しかしあなたの神様は、その現実を見て、決して怒らずに、哀れんで下さり、ご自分の御子で、救い主Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護のチャンスを与えて下さったのです。

 このように聖書は、神の御子Jesusの十字架の贖いのおかげで、もう、人は神様からの律法や道徳を守れなくても、また決して立派な人格者でなくとも、永遠のチャンスが与えられたと教え説いているのです。

 Bibleは、もしあなたが自らの人生を省みて、主イエスの十字架を仰ぎ見て頼れるのなら、あなたは永遠の裁きを受けずに、『永遠なる救い・天国行き』を受けられると、約束してくれています。

 これが法律を守らなくてはならない、世の中の常識を遥かに超えた、神の一方的な愛による恩赦、救いなのです。

 ただ、Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を受け留めながら、真心から感謝して生きることが大切です。そうすれば、あなたの内なる聖霊は、必ずあなたに必要な助けを与え続けて下さるからです。

40~41節 (40ですから、預言者に言われているような事が、あなたがたの上に起こらないように気をつけなさい。41「見よ。あざける者たち。驚け。そして滅びよ。わたしはおまえたちの時代に一つのことをする。それは、おまえたちに、どんなに説明しても、とうてい信じられないほどのことである。」)

 そして聖書は、絶対に聖書のみことばを勘違いしないように、神様からの永遠なる救いのチャンスであるJesus信仰を手放さないように、強く忠告しています。死後の世界は、神のみぞ知る領域。ただ、幼児のようにJesus & Bibleを信じることが大切なのです。

 あなたの神様は、たとえ、あなたが何か大きな過ちを犯してしまったとしても、何度でもチャンスを与えられるお方。決してあきらめず、いくつになっても大きな夢や希望を持ち続けて、生きることも大切です。

 あなたに与えられる、永遠なる夢、ビジョン、希望に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、主イエスの十字架力を悟らせ、永遠なる夢と希望を与えて下さい。

 そうすれば皆、いつも聖霊と親しく生きられ、真の夢とビジョンを叶えられる最高な人生を手に入れられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.