• sgbc-devotion

使徒の働き13:21~22

Bible said

『神は愛です』

『あなたの罪は赦された』

『あなたが弱いときにこそ、あなたは(聖霊の力で)強いのです』

2016年5月9日(月)

ディボーション聖句

使徒の働き13:21~22

21それから彼らが王をほしがったので、神はベニヤミン族の人、キスの子サウロを四十年間お与えになりました。

22それから、彼を退けて、ダビデを立てて王とされましたが、このダビデについてあかしして、こう言われました。「わたしはエッサイの子ダビデを見いだした。彼はわたしの心にかなった者で、わたしのこころを余すところなく実行する。」

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

21節 (21それから彼らが王をほしがったので、神はベニヤミン族の人、キスの子サウロを四十年間お与えになりました。)

 その昔、神に選ばれしイスラエル人達は神様から最高な国土「約束の地」を与えられた為に、次に安定した政治と国の統一化を図るビジョンを持ち始め、神に選ばれし絶対的なリーダー「預言者」と「王」を求めて、祈り出しました。これは、神の御心に叶うことでした。

・申命記18:18~19

神は言われた『わたしは彼らの同胞のうちから、彼らのためにひとりの預言者を起こそう。わたしは彼の口にわたしのことばを授けよう。彼は、わたしが命じることをみな、彼らに告げる。わたしの名によって彼が告げるわたしのことばに聞き従わない者があれば、わたしが彼に責任を問う。』

・第一サムエル記10:1

『預言者サムエルは油のつぼを取ってサウルの頭にそそぎ、彼に口づけして言った。「主なる神が、ご自身のものであるイスラエルの民の王として、あなたに油をそそがれました。」

・箴言24:6

『あなたはすぐれた指揮のもとに戦いを交え、多くの助言者によって勝利を得る。』

 このようにBibleは、人は皆、身勝手で霊的に鈍感なところがあるので、孤立し過ぎては神のご計画や使命を成し遂げることは不可能であり、わざわざ、神様は御声を伝達するために霊的リーダーや様々な助言者を立てると、教え説きます。

 あなたは神の御声を聞こうと、教会の霊的リーダーや様々な助言者にも耳を傾けられる余裕と謙遜さや柔和さを大切に生きられていますか?

 あなたが神の御声を聞いて、夢とビジョンを成就するのに大切なのは、孤立しない柔和な心のあり方なのです。

 21節、そしてこの時、出エジプトの40年後、神様はイスラエルの国の教育と心霊の指導者として聖職者(預言者)サムエルを立て、政治的指導者として『サウル王』を選ばれました。

 神様はあなたの関わる教会や属する組織のリーダーや上司を通じて、様々な神のご意志、人生教育を成されるお方。あなたの関わる組織のリーダー、上司の姿だけを直視するのではなく、その背後に働かれる、神のメッセージと人生教育にも注意をはらってみることが大切です。

 そして、あなたの関わる教会の霊的指導者と全ての上司の為に、祈られる事をお勧めします。そうすればあなたは必ず、神様からの啓示と教育を受けられるからです。

・ローマ書13:1~2

『人は皆、上に立つ権威に従うべきです。神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。そむいた人は、結果、自分の身にさばきを招いてしまいます。』

 このようにBibleは、世界の教会だけではなく、全世界の全組織の権威や権力は、結局は、全てが神の統治下にあると、教え説きます。

 あなたの神様は統べ治めるお方、どんな組織であってもみことばを軸にしながら、権力と権威に向き合えば良いのです。

・マルコの福音書10:43

『あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、皆のしもべになりなさい』

 そして聖書は、すべての権力と権威を統治される神様に期待しながら、みことばを軸にして、全ての権威に従う者は、必ず神を味方につけられると、約束します。

 人の先頭に立ちたいのなら、権威や権力に反抗ばかりせず、むしろ、しもべのように従順に仕える方が効果的だと、教え説くのです。胸に書き記して下さい。

22節 (22それから、彼を退けて、ダビデを立てて王とされましたが、このダビデについてあかしして、こう言われました。「わたしはエッサイの子ダビデを見いだした。彼はわたしの心にかなった者で、わたしのこころを余すところなく実行する。」)

 この神に選ばれし「サウル王」にも数々の短所がありました。彼は他人に対してねたみ深く、人のマイナス的な性質を根に持つ傾向があったのです。

 しかし、神様は40年もの間、不完全な『サウル王』を支え、イスラエルの民たちを最善に助け導いて下さっていたのです。ここに完全でない人間のリーダーの背後に働かれる、神の主権、摂理があるのです。

 そして神様は「サウル王」の後継者として『ダビデ』を選択しました。神様がダビデを選択した理由は、以下のみことばです。

 主なる神様は言われた。「ダビデはわたしの心にかなった者で、わたしのこころを余すところなく実行する者である。」

 ダビデは自らの命を奪おうとまでした、自分勝手なリーダー・サウル王を許して愛し続け、最後まで敬意を払って、絶対的に、献身的に仕えました。ダビデは、その愛に満ちた献身的な生き様を神様に認められ、貧しい羊飼いから伝説的な王様に出世できたのです。

 あなたは、あなたの関わる教会や様々な組織の権威に忠実ですか?それとも、嫉妬心、陰口、反抗心を堅く握り締めていませんか?よく、吟味することです。

 あなたの神様は、神の権威に忠実な人を大きく用いられるお方。いつまでも嫉妬、陰口、反抗心を大切に生きる人は、大きな神のチャンスを取り逃がすのです。ご注意下さい。

・ルカ福音書16:10~11

Jesusは言いました『小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。』これは、神様の評価基準です。

・マタイの福音書13:23

『みことばを聞いてそれを悟り行う人は、ほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。』

 王になる以前のダビデは、多くの人々から妬まれ、度々、命を狙われる危機に直面しました。しかし彼は、いつもみことばを信頼していた為に、決して嘆かず、神の忠実なしもべに徹することができていたのです。

 それは、神のみことばに絶対的に信頼するからこそ出来た、内なる聖霊の御業でした。このように聖書は、神様を堅く信じて、みことばを実践しようとする人達を決して見捨てません。胸に書き記して下さい。

 また、ダビデはサウル王とは全く血縁関係がない、ただの信仰深い羊飼いでしたが、彼は奇跡的に「王」として大抜擢されたのでした。

 このように聖書は、もしあなたが日々のみことばだけに信頼して、神の愛に忠実に生きようとするのなら、あなたにも100倍以上の奇跡を与えるお方だと、約束します。Bible & Jesusのみことばに人生を託せる人は皆、百倍以上報われるのです。

 そして聖書は、あなたに叶えたい夢、ビジョンがあるのならば、みことばに忠実に生きる人生に移行さえすれば、なんでも叶えられると約束するのです。

 あなたの神様は、あなたの努力、苦しみに、必ず報いて下さるお方。あなたは人生で思い悩み、苦しむ為ではなく、残りの人生で、素晴らしい感動的な奇跡と永遠なる幸福を手に入れる為に選ばれたのです。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、いつも主に期待しながら、むしろ喜んで、全てのみことばとすべての権威に従順に仕えられる者たちにして下さい。

 そうすれば皆、神の奇跡と永遠なる幸福感を手に入れられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り