• sgbc-devotion

使徒の働き11:25~26

GOD said

『あなたの罪は赦された』

『わたしのしもべは栄える』

『いつも、喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事に感謝しなさい』

2016年4月19日(火)

ディボーション聖句

使徒の働き11:25~26

25バルナバはサウロを捜しにタルソへ行き、

26彼に会って、アンテオケに連れて来た。

[聖句メッセージ]

 本日で、使徒の働き11章は終わりです。では、聖句をあげてから説明します。

 『バルナバ』は資産家であり、『サウロ』は若きエリート政治家の卵でした。しかし主なる神様は、二人に世界初のユダヤ人以外の「アンテオケ教会」の牧師となるように、内なる聖霊からのみことばとインスピレーションを送った為に、彼らは聖職者の道に専念することになったのです。

・エペソの手紙4:11~13

『主イエスキリストご自身が、ある人を牧師また教師として、お立てになりました。それは、神に選ばれた聖徒たち一人一人を整えて、教会で奉仕の働きをさせ、神のからだを建て上げるためであり、ついに、神に選ばれた人達がみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの似姿までに達するためです。』

25~26節 (25バルナバはサウロを捜しにタルソへ行き、26彼に会って、アンテオケに連れて来た。)

 このようにBibleは、教会の牧師、聖書教師(神学博士)などの聖職者達は、実は、神ご自身が召してさせる「天職」だと、教え説きます。聖書は神の選びなくしては、聖職者として良い実を結ぶことは不可能であり、長続きできないとも教え説くのです。

 もしあなたが教会の牧師と伝道師や聖職者の妻になるようなインスピレーションを感じ取れるのなら、それは神様から聖職者としての召しを受けている可能性もあります。

 そういう人は、一人であれこれ思い悩まず、すぐに教会の聖職者たちに相談して祈ってもらうことが大切です。そして、神の召しを受けていると強く感じた時は、決して意固地にならず、素直に従うことも大切なのです。

 なぜなら聖書は、人は皆、神の召しに背く者たちは聖霊の奇跡や天職を取り逃すことになり、神の召しに素直に従う者たちは皆、聖霊の奇跡と天職の恵みが約束されていると、教え説くからです。

 あなたの神様は、あなた自身よりも、あなたの特性と天職をご存知なお方。主なる神様に、人生の舵取りを任せるくらいの気持ちが重要なのです。胸に書き記して下さい。

 また聖書は、人間が神の御声や御心(ご計画)を知りたいのならば、決して自らの思考で決めつけたり、感情的になり過ぎてはいけないと、教え説きます。

 あなたは、神の御声と御心(ご計画)を祈りつつ黙想しようとする時、祈る前から、自分自身で結論を決めてしまったり、答えを急ぎ過ぎることはありませんか?

 本物の内なる聖霊の御声と御心を知りたいのならば、自分の欲望と意志をとりあえずはリセットさせて、心霊を無にして黙想し続けることが大切なのです。

 尚、「牧師」は数多くの神様からの直接的な御声(預言)や、神の御心の祈りを任される特権があるために、人生で、数え切れないほどの聖霊体験を受けられるエキサイティングで、神の権威に満ちた職業でもあります。

 また、パウロ牧師のように牧師と建設業(天幕作り)の二つの職を掛け持つこともありなので、聖職者の召しを受けた人は、牧師のイメージや型に捕われる必要もないのです。

 そしてBibleは、「牧師」とは神様に集められた人々にみことばを教えて、天に宝を積める奉仕の働きを任せ、この世界で唯一、神のカラダの役割りを許された教会を建てあげるリーダーシップを取る使命があると、教え説いています。

 教会牧師は、神のカラダなる教会の仲間達を同じ信仰とみことばの知識で一致させて、心一つに祈り合うことで聖霊力を引き出し、救霊活動をする牧会の働きなのです。

・マタイ福音書18:19~20

『まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。ふたりでも三人でも、わたし・イエスの名において集まる所には、わたし(イエス)もその中にいるからです』

 ように聖書は、神に集められた教会の仲間たちが、同じ信仰知識とみことばで一致して、真心から、信頼し合って祈り続ければ、いつしか圧倒的な神の奇跡と、感動的なJesusのLoveが表れていくようになると、約束します。

 これが、今や世界中23億人以上とも言われている、クリスチャンを生み出せた、キリスト教会の奇跡なのです。

 あなたはこうして毎日、教会の仲間たちと同じBible&メッセージを送られているのは、あなたとあなたの関わる教会が一致して、神の奇跡と救霊を行う為の糧であったことを自覚していますか?再度、自覚し直すことをお勧めします。

 なぜなら聖書は、あなたと教会の仲間たちが同じ信仰とみことばで一致できなくては、不可能を可能にできる神の偉大な教会力はなし得ないと、教え説くからなのです。

 あなたとあなたの関わる教会を通して現れる、不可能を可能にできる神の教会力に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、自我の思考と欲望ばかりではなく、本物の神の御声と御心を掴み取り、それを人生に表現できるようにして下さい。そして、皆と関わる教会の仲間たちが同じ信仰とみことばで一致して、心一つに祈れるように助け導いて下さい。

 そうすれば、皆の全てがうまくいきだし、何をしても高められ、神の奇跡が続出するからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り