• sgbc-devotion

使徒の働き11:23~24

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2016年4月18日(月)

ディボーション聖句

使徒の働き11:23~24

23彼はそこに到着したとき、神の恵みを見て喜び、みなが心を堅く保って、常に主にとどまっているようにと励ました。

24彼はりっぱな人物で、聖霊と信仰に満ちている人であった。こうして、大ぜいの人が主に導かれた。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

23節 (23彼はそこに到着したとき、神の恵みを見て喜び、みなが心を堅く保って、常に主にとどまっているようにと励ました。)

 『彼』とは、異邦人の教会(世界人類初のユダヤ人以外の教会)「アンテオケ教会」に派遣された、ユダヤ人の『バルナバ牧師』の事。

 バルナバは、あまりにも多くの外国人達がJesusを礼拝する姿を見て喜び、感動しました。なぜなら教会内はJesusが預言した通り、数多くの外国人たちが集まっていたからです。

 あなたの神様は、世界人類の唯一の創造主なるお方であり、不可能を可能にできる主なる神様。聖書は、天国行きの内定を受けるのにあなたの国籍、職種、地位などは全く無関係であり、Jesusを信じたあなたには、今まで起こり得なかった超常識的な奇跡を体験させたい恵み深いお方だと、教え説くのです。胸に書き記して下さい。

24節 (24彼はりっぱな人物で、聖霊と信仰に満ちている人であった。こうして、大ぜいの人が主に導かれた。)

 このバルナバは、レビ族で、キプロス島出身のユダヤ人でした。彼は非常に裕福でしたがJesusを受け入れると、すぐに全ての財産を売り払って、その代金をJesus宣教の為に投資した人であり、この世の経済欲と名誉欲を超越した愛ある知的人格者で、聖霊に満ち溢れた本物の生きた信仰の持ち主でした。

 聖書は、このバルナバのように、神の国の働き、教会の奉仕を通して天に宝を投資する人は、非常に大きな奇跡や100倍の報いさえも起こせると、約束しています。そしてバルナバは、約二千年経った今でも、神からの名声と名誉を受けられており、世界人類に語り継がれる伝説の人となったのです。

 あなたの神様はケチではなく、全く、出し惜しみしないお方。Jesusを信じて、天に宝を積む人たちは皆、必ず報われるのです。

・マタイ福音書6:24

Jesusは言われた『あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません』

・ローマ書12:2~3

『この世と調子を合わせ過ぎてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません』

 そしてBibleは、人は皆、裸一貫で生まれ、結局は何も持てずに、やがて全てを手放して、死後の世界に行かねばならないと、教え説きます。

 だから、目に見える物質やこの世の欲望に捕らわれたり、暮らし向きの自慢に陥らぬように、また神の恵みを忘れて勘違いしてしまい、思い上がらないように、教え諭してくれるのです。

 あなたは、いつか手放さなければならない人生での富、名誉、物質に捕らわれ過ぎて自由を失ったり、自分が死んだら神の御前に立たされることを忘れて生活していませんか?

・マタイ福音書6:33

Jesusは言われました『だから、何よりも、神の国と神の義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、あなたの必要はすべて与えられます。』

 このようにあなたの救い主Jesusは、人は皆、あれこれ、人生を思い悩まなくとも、また執着し過ぎなくとも、毎日神の国と神の義(みことばの約束や預言)を第一に生活しようとするならば、かえって、そういう人たちの方が幸運と平安が生まれていき、全ての必要と健康も満たされると、約束してくれました。

 誰にも、また何事にも執着し過ぎず、心配しない人たちに、神の偉大な恵みが数多く注がれるのです。

 あなたにとっての神の国と神の義を第一にすることとは、一体なんですか?それを日々のBible&メッセージから探し出すことが何よりも重要なのです。

 『バルナバ』は、いつも主のみことばに留まり、よく神と対話して(祈りのコミュニケーション)暮らしていた為に、決して社会に影響され過ぎず、また富や物質に執着しないバランスの良い生活習慣を形成することで、神の国と神の義第一主義を保っていました。

 聖書は、バルナバのような人たちに聖霊の追い風と神の奇跡は起こり得ると教え説くのです。

 あなたの状態は、如何でしょうか?

・マタイ福音書26:41

Jesusは言いました『誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。』

・第一ペテロの手紙4:1

『キリストは肉体において苦しみを受けられたのですから、あなたがたも、キリストと同じ心構えで、自分自身をみことばで武装しなさい。』

 そしてBibleは、神に選ばれしあなたは、何をしてもJesusの十字架ゆえに許されており、真の自由が与えられていますが、生活の向上や快楽を必要以上に追いかけ回すようになると自由を失うと忠告しています。

 ですから聖書は、日々のBible&メッセージを軸にして、神様との関係性や神に与えられた真理と使命を確認しながら、目を醒まし、賢くバランスのいい生活を楽しむようにと、教え説いているのです。

 近い未来、あなたは聖霊に満ち溢れていき、理想的で、神の認める賢い生活を楽しむようになり、神の奇跡とJesusの感動的な愛を引き出せる永遠なる人生の達人になれることを期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、常に主なる神様と対話して、みことばにとどまれる知者、義人にして下さい。

 そうすれば皆に、今までなかった程の大きな神の奇跡や、Jesusの感動的な愛が表れ出すからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り