• sgbc-devotion

2016月4月2日(土) ディボーション聖句

Bible said

『神は愛です』

『恐れるな。主はあなたの盾である。あなたの受ける報いは非常に大きい』

2016月4月2日(土)

ディボーション聖句

使徒の働き10:9b

コルネリオが御声を聞いた、その翌日、この人たちが旅を続けて、町の近くまで来たころ、使徒ペテロは祈りをするために屋上に上った。昼の12時ごろであった。』

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。では、聖句をあげてから説明します。

・へブル人の手紙3:7~8

『聖霊が言われるとおりです。「今日、もしあなたが御声を聞くならば、荒野での試みの日に御怒りを引き起こしたときのように、心をかたくなにしてはならない。」』

・ヨハネの黙示録2:17

主なる神様は言われた。『耳のある者は神の御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。わたしは勝利を得る者に隠れたみことばのマナを与えるからだ。』

9節 (コルネリオが御声を聞いた、その翌日、この人たちが旅を続けて、町の近くまで来たころ、使徒ペテロは祈りをするために屋上に上った。昼の12時ごろであった。)

 このようにBibleはあなたが読み聞かされている教会からのBible&メッセージとは、人からのものではなく、神の聖霊があなたに語られる直接的なみことばでもあると、教え説きます。主なる神様は全教会と聖職者たちをご支配していると、教え説くのです。

 そして聖書は、日々のBible&メッセージに対して我を張らずに、幼子のように素直に受け入れて、今日すぐにアクションできる人たちは、いつか、必ず神様からの偉大な報いと奇跡が受けられると、約束するのです。信じるか、信じられないかはあなたにお任せします。

 しかし聖書は、教会から語られるBible&メッセージに素直に向き合い、すぐにアクションできる人たちは皆、必ず、いく倍も報われるようになり、かたくなに聞き流す人は、常識的なことしか起こらないと、ハッキリ教え説いているのです。胸に書き記して下さい。

・ヤコブの手紙5:15

『あなたがたは、教会の長老(按手礼を受けた牧者)たちを招き、主イエスの御名によって、祈ってもらいなさい。』

・ルカ福音書10:5

『主イエスは、ご自分が選ばれた使徒たちに話された。「様々な人の家に入き、まず、この家に平安があるように」と祈ってあげなさい。』

 このように主イエスは、様々な人々の家庭と職場に、真の平和と神様の恵みをもたらすために。そしてすべての問題を解決する祈りのプロフェッショナルとして、わざわざ教会の聖職者制度を設けられました。

 信徒や信仰のない人たちの祈りでは、手に負えない物事や目に見えない敵の攻撃の為にとりなし祈る役割として、教会の牧者たちが立てられたというのです。

 もし、あなたのご家庭と仕事にいくつかの問題があるのなら。また、思うように、周囲の家族や友人たちにJesusの福音が伝わっていないのならば、教会の聖職者たちと腹を割って話し合い、共に祈る機会を増やされることをお勧めします。

 Jesusが設けられた教会制度に刃向かうかたくな一匹狼では、ご親類と友人、知人たちを救い導くことはなし得ないからなのです。このコルネリオのように、何事も秩序と権威に従える、謙遜で柔和な心が重要なのです。

・ローマ信徒への手紙13:1~2

『人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。そむいた人は自分の身にさばきを招きます。』

 あなたはBible & Jesusが設けられた秩序と権威を軽んじることはありませんか?もし、あなたに神の幸運と祝福が必要ならば、神の秩序と権威を受け入れるしかないのです。

 このローマ帝国軍・百人隊長コルネリオも『牧師のペテロを招き、祈ってもらいなさい』とBibleの御声を聞くとすぐに、二人の部下たちを隣町に派遣して、ペテロを招待したのでした。

・ヤコブ書3:1

『私の兄弟姉妹たち。多くの者が牧師、教師になってはいけません。ご承知のように、聖職者は、格別きびしいさばきを受けるのです。』

 このように聖書は、神様から選ばれた聖職者達には信徒レベルにはない、数多くの霊的権威や特別な祈祷力と、神の霊感を任されと、ハッキリ教え説きます。その代わりに、聖職者たちがいい加減に牧会していては、格別きびしい裁きを受ける責任もあると、教え説くのです。

 そして聖書は聖職者たちに人を偏愛し過ぎたり、頼まれた守秘を破ったり、ワイロなど取らぬように、厳かに忠告しているのです。

 9節、そしてこの後、みことば通りに自宅と職場に牧師のペテロを招いて祈ってもらった百人隊長・コルネリオの願いは聞き届けられました。そのおかげで、彼はローマ帝国軍の中心的な役割りをする程に出世していきました。また彼はJesusをローマ帝国軍内に証しする重要人物に変えられていったのです。聖書は、このコルネリオのようにみことば通り、すぐに行動を起こそうとする人たちは皆、聖霊からの特別な追い風を頂けると約束しはす。

 そして、コルネリオの活躍により、キリスト教はローマ帝国の国教となり、ローマ帝国の法律は聖書から引用されるようになっていくのです。

 歴史を紐解くと、キリスト教を国教としたローマ帝国は、まさに無敵となり『全ての道は、ローマに通ず』と呼ばれるまでに、発展、繁栄していったのです。

・ローマ書8:31

『では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。』

 そして聖書は...あなたも、コルネリオのようにみことば通りにアクションし続けるのなら、あなたのご親類たちや職場と様々な人間関係に、聖霊の驚異的な神風と圧倒的な祝福を呼び込めると約束します。

 近い将来、あなたもコルネリオのようにみことばを聞くと、すぐにアクションできるようになっていき、聖霊の圧倒的な追い風と祝福を受けられる人に変われると信じます。AMEN

(祈り) 

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、コルネリオのようにBible&メッセージを聞く時、すぐにでもアクション出来るようにして下さい。

 そうすれば皆、聖霊の驚異的な神風とローマ帝国ばりの圧倒的な勝利と繁栄をも築けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.