• sgbc-devotion

使徒の働き8:5~8

Jesus said

『あなたの罪は赦された』

『あなたの信じた通りになるように』

『真理はあなたを自由にします』

『だから、彼らを恐れてはいけません』

2016年3月11日(金)

ディボーション聖句

使徒の働き8:5~8

5ピリポはサマリヤの町に下って行き、人々にキリストを宣べ伝えた。

6群衆はピリポの話を聞き、その行っていたしるしを見て、みなそろって、彼の語ることに耳を傾けた。

7汚れた霊につかれた多くの人たちからは、その霊が大声で叫んで出て行くし、多くの中風の者や足のなえた者は直ったからである。

8それでその町に大きな喜びが起こった。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

5節 (5ピリポはサマリヤの町に下って行き、人々にキリストを宣べ伝えた。)

 『ピリポ』とは、Jesusが直接的に誘って、12使徒のうちの一人とされた男。彼は、12使徒の中で、一番ギリシャ語が堪能であり、Jesusとギリシャ人との仲介役ともなりました。

 また、古代ヨーロッパの言語は、古代ギリシャ語と古代ラテン語が中心となって、学問や文化が発展していった為、ギリシャ語やラテン語に通じていたピリポの働きは、世界宣教の基礎を築く素晴らしい働きとなったのです。

・ピリピの手紙3:20

『私たちの国籍は天国にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。』

 そして聖書は、使徒ピリポのように国籍の違いを全く気にせずに、自分は天国人だと自覚しながら、神の愛の働きやみことばを証し伝える救霊を第一にできるグローバルな人の人生は、後世に語り継がれるほどの祝福や報いを受けられると、約束するのです。天国人を自覚できる者に、国籍の弊害は苦とならぬのです。

 『サマリヤの町』とは、紀元前720年頃までは、北イスラエル王国の首都で中心地でしたが、後にアッシリアという敵国の移民が増え、イスラエル人との混血の人々が多く生まれていった地域。

 その歴史がら、当時のサマリア地方は、信仰や様々な文化や伝統など、全ての点において、イスラエルの伝統とは一線を画しており、伝統的で保守的なイスラエル人達から差別を受けていた地域でもありました。

 しかしユダヤ人・ピリポは、自分は天国人だと自覚していた為に、このサマリヤ人たちを差別せずに隣人愛と救霊の働きに従事できていたのです。

 あなたには、国籍、貧富の差、学歴など、人の見せかけで差別やえこひいきをすることは、ありませんか?

・ヤコブの手紙2:9~10

『しかし、もし人をえこひいきするなら、あなたがたは罪を犯しており、聖書の律法によって違反者として神様に責められます。聖書の律法全体を守っても、一つの点でつまずくなら、その人はすべての罪を犯した者となされるのです。』

・第一コリントの手紙1:23~25

『私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。伝統や律法を重んじるユダヤ人にとってはつまずき、神を信じられない異邦人にとっては愚かでしょうが、しかし、ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても、なに人でも、神に召された者にとっては、キリストは神の力、神の知恵なのです。なぜなら、神の愚かさは、人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。』

6節 (6群衆はピリポの話を聞き、その行っていたしるしを見て、みなそろって、彼の語ることに耳を傾けた。)

 当時のユダヤ人達は自国の伝統や旧約聖書を重んじていた為に、立派な人格者や博学な人々も数多くおりましたが、非常に保守的でサマリヤ人達などの移民や個性の強い人々に対しては排他的であり、新約聖書のJesusの誰でも赦して受け入れる神の愛について、誰もが躓きやすく、神様を敵に回すことに繋がってしまったのです。

 しかしサマリヤ地方の人々は、ユダヤ系、アッシリヤ系など、様々な混血の人々と移民が多数住んでおり、必要以上の伝統の束縛からも開放されていて、新しい教えであるJesusの十字架の救いや国籍を超越した神の国の価値観と国際化を教え勧める、新約聖書の教えを受け入れやすい状況と環境にいたと言えます。

 このように聖書は、時にマイナスと思われることもプラスに転じることがあると教え説きます。

7~8節 (7汚れた霊につかれた多くの人たちからは、その霊が大声で叫んで出て行くし、多くの中風の者や足のなえた者は直ったからである。8それでその町に大きな喜びが起こった。)

 尚、当時の悪霊に取り憑かれた人々とは、原因の分からない難病患者や、原因不明の精神病や神経症、不眠症、テンカン症などを含んだ、一部の症状を言いました。

 また、他に暴言や暴力依存症、快楽や性的依存症などの人々の一部も、そのように診断されていたのです。

 尚、現代医学の現状は、原因不明の精神病や神経症の人々を完治出来ないと知っていながら、薬漬けにする傾向があります。これは賛否両論です。

 しかしJesusの時代は、原因不明の精神や神経の病は、神との関係性や、悪霊が原因と診断されたこともあり、教会内で、非常に多くの人々が癒されていたと、聖書は証しします。

 漢字で『神経症』とは、患者と神とを経由する病と書きますし、『精神病』とは、神様との精魂に関する病と書きます。聖書は、あなたの神経や精神疾患やストレスフルの状態は、Jesusへの祈りで、必ず良くなれると約束するのです。ただ、Jesusの癒しを信じて、祈り続けることが大切なのです。

・マタイ福音書8:13

『イエスは言われた。「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」すると、ちょうどその時、その信じた人々は,癒され救われた。』

・マタイの福音書8:16

『また人々は、悪霊につかれた者を大ぜい、主イエスのみもとに連れて来た。そこで、イエスはみことばをもって霊どもを追い出し、また全ての病気の人々をみな癒した』

 このようにサマリヤ人達は、今まで持っていた古い宗教感や伝統や社会常識よりも、新しい教えである。神の御子Jesusの癒しを信じることを選択しました。

 そして、彼らは仲間たちを癒して救ってあげたいと心底願う「仲間たちへの愛」を行動に移した為に、彼らの仲間たちの多くは、神の奇跡や感動的な癒しを数多く手にいれられていたと、Bibleは教え説いています。

 Jesusのみことばを信じて、愛に満ちた行動を起こせる者たちは、必ず報われるのです。

 しかし聖書は、ユダヤ人達のように過去の宗教観、形式的な伝統意識、根拠の乏しい常識感を重んじ過ぎてしまうと、Jesusの奇跡や癒しのチャンスを取り逃がすと忠告しています。

 このサマリヤ人達のように、Jesus & Bibleをただ信じて、素直に、新しいみことばと神の国の価値観をどんどん受け入れる人たちだけに、神の感動的な癒しと奇跡は起こり得るのです。全てはあなたの信じ方次第なのです。胸に書き記して下さい。

 あなたの心霊も、新しいみことばをどんどん吸収して、素直に信じていったサマリア人達のようになっていき、神の偉大な奇跡や感動的な癒しを引き出せることを期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、このサマリヤ人達のように、新しい真理や神の国の価値観を受けいれられる自由と素直さを与えて下さい。

 そうすれば皆、主イエスの感動的な癒しや偉大な奇跡をも引き出せるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り