• sgbc-devotion

使徒の働き5:16

Jesus said

『主に不可能はありません』

『あなたの罪は赦された』

『あなたの信じた通りになるように』

2016年2月7日(日)

ディボーション聖句

使徒の働き5:16

16また、エルサレムの付近の町々から、大ぜいの人が、病人や、汚れた霊に苦しめられている人などを連れて集まって来たが、その全部がいやされた。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。では、聖句をあげてから説明します。

・マタイの福音書4:24

『イエスのうわさはシリヤ全体に広まった。それで人々は、さまざまな病気や痛みに苦しむ病人、悪霊につかれた人、てんかんの人、中風の人などをみな、イエスのみもとに連れて来た。イエスは彼らをいやされた。』

・使徒の働き2:42~43

『そして、教会の聖徒たちは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。そして、一同の心に恐れが生じ、使徒たちによって多くの神の不思議としるしが行われていた。』

16節 (16また、エルサレムの付近の町々から、大ぜいの人が、病人や、汚れた霊に苦しめられている人などを連れて集まって来たが、その全部がいやされた。)

 聖書は、医療の遅れていた時代の病人の多くは病院だけではなく、癒し主・Jesusの教会に癒しを求めにやって来たと、教え説きます。まさに「困った時の神頼み」。外科手術の出来なかった時代の最高の治療法は、教会の聖職者と聖徒たちの一つ心の祈りだったのです。

 医療体制の遅れている地域と時代の人々は、病院の医師に頼る事が出来なかった為、真心から父なる神様に頼るしかなく、教会では多くの神の不思議による治療や奇跡的な癒しが起きていたので、世界中にキリスト教は伝わっていったのです。

・ルカ福音書6:19

『群衆のだれもが何とかして、主イエスにさわろうとしていた。大きな力が主イエスから出て、すべての人をいやしたからである。』

・マタイ福音書8:13

『それから、イエスは言われた。「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」すると、ちょうどその時、その信じた、しもべは癒された。』

・ヤコブの手紙5:14~15

『あなたがたのうちに病気の人がいますか。その人は教会の牧師、長老たちを招き、主イエスの御名によって、オリーブ油を塗って祈ってもらいなさい。信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます。また、もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。』

 では、聖書から病人と怪我人がJesusの奇跡的な癒しを引き出すのに必要な信仰心を取り上げていきましょう。

 一番目。目には見えない、神の癒し主Jesusに何とか触れて癒して頂こうと一心に願い、全く疑わずに、癒しを求め続けて、すがりつこうとする信仰心。

 二番目。Jesusが完全に癒して下さると、ただ信じて、期待して待ち続けられる信仰心。

 三番目。どんな病や怪我であっても、決してあきらめず、Jesusの教会の聖職者を招き、必ず癒されるんだと、心一つにして、主イエスのお名前で祈り合おうとする信仰心。

 聖書は、これら3つの信仰心が何よりも奇跡的癒しを生み出すのに、重要だと教え説きます。信じるか、信じられないかは、あなた次第。しかし人類史上で、最も影響力と権威のあるBible & Jesusは、ハッキリとあなたの信じた通りになると、預言しています。

 ですから、もしあなたに癒しが必要ならば、懐疑心を一切捨てて、Jesusの癒しを当たり前のように信じて受け入れる信仰心が問われるのです。完全に信じ続けられる者たちだけが、神の癒しの奇跡を生み出せます。

 『汚れた霊に苦しめられていた人』とは...聖書は、原因不明の病気、不治の病や精神的な疾患の要因などは、稀に、「汚れた霊(サタン)」が原因の時があると、教え説きます。これらの病には、Jesusのお名前の祈りとみことば信仰が一番効力があると、教え説くのです。

 では「汚れた霊に苦しめられていた人」たちの症状について、取り上げてみましょう。

 極度の不安症、不信仰心、家族・人間関係の破滅、性的依存症、嘘依存症、暴力・暴言依存症、占いの霊、金銭第一主義、原因不明による引きつけと失神、不治の病、原因不明の病、極度の貧困、殺人と自殺願望、薬物中毒、精神病、極度の自身喪失、不眠症、様々な不思議な災いなどが挙げられています。

 これら汚れた霊の仕業について、信じるか、信じられないかは、あなた次第です。しかし聖書で、神の御子Jesusはあなたを見えない敵からの攻撃と病から守り、また、癒す為にこの世界に来られたと、ハッキリ教え説いているのです。

 Jesusのお名前と祈祷力を信じる者たちだけが奇跡的な癒しを手に入れられるのです。胸に書き記して下さい。

・エペソの手紙6:10~11

『終わりに言います。主イエスにあって、その大能の力によって強められなさい。悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。』

 このように聖書は、神の救い主Jesusを知ったあなたには、全く恐れなど要らないと、教え説きます。なぜなら、日々こうしてBibleの正しいみことばの解釈を身につけ、Jesusのお名前で祈る人に、敵の攻撃と災いは及ばなくなると、聖書は約束してくれるからなのです。

 あなたに起こる神の奇跡的な癒しと、見えない敵への圧倒的な勝利に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆をBible & JesusのみなぎるPowerを感じられる位に、聖霊に満たして下さい。

 そうすれば皆、見えない敵と病の苦しみに圧倒的に勝利したり、神の奇跡的な癒しも引き出せるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り