• sgbc-devotion

使徒の働き1:15~19

Jesus said

『目を覚ましていなさい』

『御言葉を行う者がわたしの家族です』

『聖書の御言葉は、必ず成就します』

『あなたは、今パラダイスにいます』

2016年1月6日(水)

ディボーション聖句

使徒の働き1:15~19

15そのころ、百二十名ほどの兄弟たちが集まっていたが、ペテロはその中に立ってこう言った。

16「兄弟たち。イエスを捕らえた者どもの手引きをしたユダについて、聖霊がダビデの口を通して預言された聖書のことばは、成就しなければならなかったのです。

17ユダは私たちの仲間として数えられており、この務めを受けていました。」

18(ところがこの男は、不正なことをして得た報酬で地所を手に入れたが、まっさかさまに落ち、からだは真っ二つに裂け、はらわたが全部飛び出してしまった。

19このことが、エルサレムの住民全部に知れて、その地所は彼らの国語でアケルダマ、すなわち『血の地所』と呼ばれるようになった。』

[聖句メッセージ]

 昨日の続きになります。

15節 (15そのころ、百二十名ほどの兄弟たちが集まっていたが、ペテロはその中に立ってこう言った。)

 神の実子・Jesusは、聖書のみことば通りには生活していましたが、30歳までは、実家の家業である大工仕事をしたりなど、ごく普通に近い暮らしをしてきました。

 そしてJesusは30歳になった時、突然、父なる神のみことばの啓示を受けた為に、それから約3年(30~33歳)の間、出会う全ての人々を神のみことばの力で救い、また癒すという、直接的な宣教活動と愛の奉仕活動をなされたのです。

 このようにJesusは、たった3年間しか救霊活動をしなかったのに、今や世界中から神として崇められており、世界中のクリスマスの主役となられたのです。これが、まさに神の奇跡です。

 そしてJesusはその3年間に、数万人の相談者たちの全ての問題をみことばで完璧に解決したり、全ての重病患者を祈りで癒しながら、天国行きの内定者たちを次々と選んで救っていたと、聖書はしています。

 聖書は...もし、あなたが何事も、みことばを第一にして、真心からJesusを信頼して生活出来るのなら、あなたの問題はすべてBestに解決すると、約束しています。

 しかし聖書は、信仰生活のあり方や信じる度合いによっては、人生での結果に、大差が生じるとも預言しているのです。

 Bibleは、人生の取扱い説明書。どうせなら、Bible & Jesusに全てを託して、父なる神様から百倍の報いと援護射撃を受けられるように、徹底的にみことばと向き合われることをお勧めします。

・ルカ福音書17:17~18

『主イエスは、癒しを求めた10人のらい病患者(現在でも不治の難病)を癒された後で、言われた。「10人きよめられ、癒されたではないか。9人はどこにいるのか。」』

 「困った時の神頼み」「のど元、過ぎれば熱さ忘れる」という、ことわざがありますが...聖書は...多くの人たちは、問題がある時だけはJesus & Bibleのみことばに耳を傾けたり、神様を祈り求めますが、物事が解決したり、癒されると、何もなかったかのように元の不信仰な生活に戻る霊的無知さがあり、自分勝手で薄情な性質もあると、教え説きます。

 あなたには、そういうところはありませんか?

 Bibleは、Jesus信仰とは問題を解決する為にあるのではなく、むしろ、あなたが永遠なる幸いと永遠に揺るがない成功的かつ勝利的人生を築くための書物だと、教え説くのです。

 あなたの信仰は、困った時の神頼み的なご利益宗教ではありませんか?それとも、永遠なる幸い、圧倒的な勝利や成功と、救霊と隣人愛を勝ち取る為の信仰ですか?

 ご利益宗教は、いつの日か無意味になり得るので...よく吟味してみることです。

 Jesusは、ユダヤ中で何十万人もの問題を解決して、重病を癒したり、天国行きの資格を与えてあげました。しかしJesusが十字架につき、復活して神の国に戻られると、わずか120名の弟子しか残らなかったのです。多くの人は皆、ご利益だけ頂いて、散っていったのです。

 しかし、父なる神様はこのわずか120名から、世界中に神の教会の奇跡を始められたのです。あなたは、日本にはクリスチャンがあまりいないと卑下していませんか?

 神に選ばれし人たちは、あなたが思う以上に多く、何よりも、聖書は人数が少ない方が神の奇跡が起こりやすいと、教え説くのです。

 この時代のユダヤは、現在の日本のJesus信仰者の1000分の1程しかいなかったのに、Bible & Jesus信仰とその奇跡は、あっという間に、世界中へ広まっていったのです。

 本物の信仰さえあれば、むしろクリスチャン人口が少ない国や都市の方が神の奇跡や百倍の報いは、圧倒的に起こりやすいのです。

 すべては、あなたの信仰生活次第なのです。胸に書き記して下さい。あなたの信仰を通して現れる、神の奇跡と御業に期待します。

・ヨシュア記23:10

「あなたがたのひとりだけで千人を追うことができる。あなたがたの神、主ご自身が、あなたがたに約束したとおり、あなたがたのために戦われるからである。」

 そして聖書は、あなたの関係する教会から教えられるJesus & Bibleのみことばを信じ受け入れ、しっかりと毎日の生活に適用して生きるのなら、父なる神様が、あなたの代わりに苦難や試練と戦ってくれるようになるので、あなたはたった一人でも、1000人力の恵みと幸運を引き出せるとも、約束してくれます。

 Bible & Jesusのみことばに生きるあなたは、何も恐れる必要などないと、約束するのです。

16~19節 (16「兄弟たち。イエスを捕らえた者どもの手引きをしたユダについて、聖霊がダビデの口を通して預言された聖書のことばは、成就しなければならなかったのです。17ユダは私たちの仲間として数えられており、この務めを受けていました。」18(ところがこの男は、不正なことをして得た報酬で地所を手に入れたが、まっさかさまに落ち、からだは真っ二つに裂け、はらわたが全部飛び出してしまった。19このことが、エルサレムの住民全部に知れて、その地所は彼らの国語でアケルダマ、すなわち『血の地所』と呼ばれるようになった。』)

 神の実子であり、恩人でもあったJesusを銀貨30枚で売ったのが12弟子の一人、イスカリオテ・ユダでした。聖書は、使徒ユダのように神愛、隣人愛、家族愛、友愛よりも、経済の魅力や快楽ごとに心奪われるようになると、段々と悪霊や悪い思考に毒されていって、やがて愛力が冷めていき、大切なモノを見失いやすくなり、徐々に、心霊も飢え渇いていくと預言します。

 使徒ユダも銀貨30枚を手に入れましたが、神信仰と友愛の大切さに気づいて後悔してしまい、自らのいのちを断つことになるのです。

 今のあなたにとって、何が一番信頼できるものであり、また何が一番大切ですか?あなたには、命懸けで愛せるような人、人生を賭けて守りたい人がいますか?

 聖書は、心霊の状態や愛力をチェックできる心霊の診断書。日々、Bibleを読みながら、自らの心のあり方と愛力を確認することが大切なのです。

 なぜならBibleは、人は皆、どんなに肉体が健康であろうとも、富や地位に恵まれたとしても、愛が片寄り、また低下していくと、心霊が飢え渇きやすくなり、決して幸いにはなれないと、教え説くからです。

・第一ヨハネの手紙4:15~17

『だれでも、イエスを神の御子と信じて告白するなら、神はその人のうちにおられ、その人も神のうちにいます。私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛なのです。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。このことによって、愛が私たちにおいても完全なものとなりました。』

・第一ヨハネの手紙4:18

『愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。なぜなら恐れには刑罰が伴っているからです。恐れる者の愛は、全きものとなっていないのです。』

 このようにBible&Jesusのみことばとは、神の愛力と聖霊力をパワーアップさせられる神の清い愛と情熱的な愛に満ちた書物。

 あなたに本物の神の愛が注がれますように。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、Bibleのみことばを徹底的に信じて行える人たちにしてあげて下さい。

 そうすれば皆に神の情熱的な愛と聖霊力が満ち溢れていき、神の約束する永遠なる幸いと、圧倒的な勝利的かつ成功的人生を築けるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「