• sgbc-devotion

使徒の働き4:19~22

GOD said

『あなたの罪は赦された』

『わたしのしもべは栄える』

『いつも、喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事に感謝しなさい』

2016年1月29日(金)

ディボーション聖句

使徒の働き4:19~22

19ペテロとヨハネは彼らに答えて言った。「神に聞き従うより、あなたがたに聞き従うほうが、神の前に正しいかどうか、判断してください。

20私たちは、自分の見たこと、また聞いたことを、話さないわけにはいきません。」

21そこで、彼らはふたりをさらにおどしたうえで、釈放した。それはみなの者が、この出来事のゆえに神をあがめていたので、人々の手前、ふたりを罰するすべがなかったからである。

22この奇蹟によっていやされた男は四十歳余りであった。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。では、聖句をあげてから説明します。

・ローマ信徒への手紙3:10

『本当に正しい義人はいない。ひとりもいない。』

・マタイ福音書10:28

『からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんなものより、たましいもからだも、ともにゲヘナで滅ぼすことのできる、父なる神様だけを恐れなさい。』

19~21節 (19ペテロとヨハネは彼らに答えて言った。「神に聞き従うより、あなたがたに聞き従うほうが、神の前に正しいかどうか、判断してください。20私たちは、自分の見たこと、また聞いたことを、話さないわけにはいきません。」21そこで、彼らはふたりをさらにおどしたうえで、釈放した。それはみなの者が、この出来事のゆえに神をあがめていたので、人々の手前、ふたりを罰するすべがなかったからである。)

 このようにBibleは...どんな偉人や優れた学者達であっても、全知全能な人などおらず、完全に正しい人もいやしないと、ハッキリ教え説きます。そしてBibleは、どんな優秀な知識人たちでさえ、人間は死後どうなるのか、ハッキリと教えられる人など存在しないと、教え説くのです。

 世界人類史上、神の御子と唯一公認されて、神の国を教え説いた説得力を持ったお方はJesusしかいなかったのです。この奇跡的現実を胸に刻むことも大切です。

 また聖書は、あなたの前に大きな権力と優しさや才能に長けた人が現れたとしても、誰もあなたの全ての事を永遠に面倒を見て、助けられる人などいないと教え説きます。

 人は皆、どんなに大きな愛、カリスマ性、財力を持ったとしても、あなたの人生と死後の面倒まで見きれる人など、結局はいないと教え説くのです。

・ローマ信徒への手紙10:11

『しかし聖書はこう言っています。「主イエスに信頼する者は、決して、失望させられることがない。」』

 それなのに...あなたはBibleのみことばや神の御子Jesusよりも、他人に影響され過ぎたり、依存し過ぎることはありませんか?

 人間に人間は救えないのです。胸に書き記して下さい。

 また聖書は...人は皆、認め合い、愛し合うべき存在ですが、神のように頼ったり依存し過ぎないように。また人は皆、不完全なのだから、他人を過大評価して恐れてしまい、他者に支配されるようではいけないと、忠告します。

 Bibleは人は皆、所詮、完璧な人などおらず、同じような弱さを持った存在同志。そして、人間は皆、いつかは朽ち果てる存在に過ぎないので、Bible & Jesusのみことば以外を神様のように絶対視し過ぎる必要はないと、忠告するのです。

 あなたは目に見えない神様や自分の心をおろそかにしてしまい、目に見える人ばかり意識し過ぎて、気疲れすることはありませんか?また、あなたは真理(神のみことば)以外を絶対視し過ぎてしまうことはありませんか?よく、吟味することです。

 なぜなら、聖書は真理から外れた人のことばや行動は、あなたの人生を束縛して、破壊に導く可能性もあると教え説くからなのです。

 Bibleから、人生と死についての正しい真理を吸収しながら、自己防衛することも重要です。

・ヨハネの福音書8:32

『そして、あなたがたはみことばから真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。』

 このように聖書は、人は皆、身勝手さがあり、お互いに期待を裏切り合って当たり前の存在なので、自分自身と他人を過度に期待し過ぎないように。

 そして人間の罪性と不完全さを受け入れて、必要以上に裁き合わず、また必要以上に依存し合わない為に、絶えず真理を求めながら、隣人を許し受け入れ合う愛を大切に生きるように教え説くのです。これが真の自立に繋がります。胸に書き記して下さい。

 この使徒ペテロとヨハネは、聖書から真理をしっかりと掴んで自立して生きていた為、いつも神様を味方につけられる自由も手に入れており、偽善的な権力者たちのおどしに、全く屈することがありませんでした。

22節 (22この奇蹟によっていやされた男は四十歳余りであった。)

 また使徒ペテロとヨハネが癒した、生まれながら足の不自由な男性の年齢は40代前半でした。Bibleの模範的信仰者とされている、世界人類の信仰の父・アブラハムは70歳を過ぎて、父なる神様から人生をやり直すチャンスに恵まれており、彼はその後、永遠なる奇跡を手に入れられました。

 聖書は、神の大いなる恵みや奇跡を表すのに、年齢は全く関係ないと教え説きます。人は皆、命ある限り、人生には、決して手遅れなどないと約束しているのです。

 あなたの人生に現れる、神の偉大なるご計画と感動的な奇跡に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible & Jesusのみことばから真理を吸収させて、いつも神様を味方につけられる揺るがぬ自立心と自由感を掴ませてあげて下さい。

 そうすれば皆、他人に依存せず、また人を恐れずに、神の使命に生きられるようになり、神の大いなるご計画と感動的な奇跡を引き出せるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.