• sgbc-devotion

使徒の働き4:1~4

Jesus said

『神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。』

『あなたの信じた通りになるように』

2016年1月24日(日)

ディボーション聖句

使徒の働き4:1~4

1彼らが民に話していると、祭司たち、宮の守衛長、またサドカイ人たちがやって来たが、

2この人たちは、ペテロとヨハネが民を教え、イエスのことを例にあげて死者の復活を宣べ伝えているのに、困り果て、

3彼らに手をかけて捕らえた。そして翌日まで留置することにした。すでに夕方だったからである。

4しかし、みことばを聞いた人々が大ぜい信じ、男の数が五千人ほどになった。

[聖句メッセージ]

 本日から使徒の働きは4章です。

1節 (1彼らが民に話していると、祭司たち、宮の守衛長、またサドカイ人たちがやって来たが、)

 『彼ら』とはJesusの弟子で、12使徒のペテロとヨハネのこと。『祭司と宮の守衛長』とは、ユダヤ教の聖職者と神の宮(礼拝堂)の会堂管理責任者。

 当時のユダヤ教の釈義を簡単に言いますと...ユダヤ民族は神の特別な選民たちであり、旧約聖書の教えをしっかりと守れるユダヤ民族だげが神様から救われるという、排他的な選民意識と律法主義的な教えが中心になっていました。

 しかし聖書は、Jesusさえ信じられれば、肉体の死は永遠なる人生(天国行き)の始まりになると約束するのです。

 この時、ユダヤ教の礼拝後、使徒ペテロとヨハネは、決して特別な人でなくとも、また、Bibleの教えを完全に守れなくとも、人は皆、自らの弱さと過ちを認めて省み、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を信じ受け入れて告白するのならば、誰でも、永遠に神様の赦しと救いを受けられるという、Jesusの十字架のみことば(福音)を伝道していたのです。

 1節『サドカイ人』とは、ユダヤ教のサドカイ派(ユダヤ教の宗派)の人々で、霊魂の不滅や死者の復活、天使の存在など、Jesusの教えを否定した人達であり、西暦70年のユダヤ戦争の際に、古代ローマ帝国軍達の進撃により消滅してしまった人々。

・第一コリント人への手紙1:18~19

『イエスの十字架の言葉は、滅び行く者には愚かであるが、救いにあずかるわたしたちには、神の力である。すなわち、聖書に「わたしは知者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしいものにする」』

 このようにBibleは、サドカイ人達のように完全とは言えない学問や常識に縛られ、Jesusの十字架のみことばや聖霊を否定する人々は、いつか、消えて滅びると預言しています。

 サドカイ派の人々も、Bible&Jesusのみことばをそのまま受け入れられなかった為、その40年後には完全に消滅してしまったのです。

 あなたは神の真理(みことば)よりも、不完全な学説(仮説)や常識を信じ過ぎてしまうことはありませんか?

 聖書は、創造主なる神様の無限のスケール、神の御子Jesusの愛と十字架力を人間の頭脳で、全てを理解出来るはずなどないと、教え説くのです。胸に書き記して下さい。

・箴言1:7

『主なる神様を恐れることは、全ての知識の初めである。愚か者は聖書の知恵と訓戒をさげすむ。』

 そしてBibleは本物の賢い人とは、人間の不完全さを悟り、人知を遥かに超えている神の無限なるご性質を理解できる人達であり、神様を敵に回すような知ったかぶりや高慢な事を言わずに、ただ子どものように素直に信じようとする人達だと、教え説きます。

 ですから、Jesus & Bibleのすべてのみことばを信じられたあなたは、神の認める賢者なのです。ただ、Jesus & Bibleのみことばを信じて期待できる人たちは、必ず、永遠に報われるのです。

2節 (2この人たちは、ペテロとヨハネが民を教え、イエスのことを例にあげて死者の復活を宣べ伝えているのに、困り果て、)

 ユダヤ教の祭司や礼拝堂の管理責任者達は、使徒ペテロとヨハネが、ユダヤ教の礼拝堂内でJesusの十字架の救いである新訳聖書のメッセージを教え伝えていた為に困り果てていました。

 なぜなら、Jesusを信じる人々が続出してしまい、ユダヤ教からの改宗者たちが増えた為、礼拝献金も激減して職を失うことも恐れたのです。

3節 (3彼らに手をかけて捕らえた。そして翌日まで留置することにした。すでに夕方だったからである。)

 そして当時のユダヤ人達にとって、ユダヤ教の教えは絶対的であった為、Jesusの救いである新訳聖書を教え説いていた使徒ペテロとヨハネを取り押さえて留置してしまったのです。

4節 (4しかし、みことばを聞いた人々が大ぜい信じ、男の数が五千人ほどになった。)

 しかし、時はすでに遅し...わずか2、3日で、Jesusの十字架のみことばを信じた人々は、男性だけで5千人(女性と子供を合わせると1万人以上)に上ったのです。Jesusの預言通り、Jesus信仰者は膨れ上がっていきました。今や世界中に、23億人以上とも言われています。

・使徒の働き1:8

主イエスは預言した。『聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。』

 このように、Jesus & Bibleの救いのみことばを周囲の人々に教え伝える事を、何より大切に生きようとする愛の人に、聖霊は不思議な力を与えて下さいます。

 そしてあなたの神様は、そういう人たちに、神の奇跡と神の愛力を任されるのです。

 また聖書は...周囲の人々を救おうとする聖霊力に満ち溢れた人たちは、どんな問題や病にもビクともしなくなり、いつも感情をコントロール出来て、全てを不思議に、プラスに転じさせる神の知恵とインスピレーションも受けられると、預言します。

 あなたは周囲の人々に、永遠なる神の救いを与えようと本気で祈り、準備していますか?

 神に選ばれしクリスチャンは、人を救おうとする愛と聖霊力が欠ければ、大した恵みを引き出せません。日々、内なる聖霊力と救霊する為の愛と情熱を祈り求めることも大切なのです。

 そして聖書は、Jesusの十字架のゆるしと、Bibleのみことばの知恵を蓄えながら実践することこそが、自らの聖霊力を引き上げて、感情をコントロールする最高の訓練になると、教え説きます。出来る限り多くのJesus & Bibleのみことばを吸収して、みことばを表現して生きることも重要なのです。

 尚世界人類には、神の御子Jesusのように、神の名を語ったり、また多くの奇跡を起こした人々や、多数の信者達を集めた人々も、数えきれない程多く存在してきました。

 しかし、21世紀もの間、世界人類で神の御子の名前が許されているのはJesus、ただおひとりだけです。ですから、どんな時も、どんなに悪い状況下でも、JesusとBibleに信頼して、安心して生きれば良いのです。なぜなら、あなたの救い主Jesusは、永遠に期待を裏切ることがないからです。

 神の幸運と奇跡を味方につけられる真のクリスチャンLIFEとは、心配無用な人生の事なのです。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、何よりも隣人愛と救霊の使命を大切に生きながら、いつも感情をコントロール出来るようにして下さい。

 そうすれば皆、聖霊の不思議な助けと大きな報いを受けられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り