• sgbc-devotion

ヨハネの福音書18:25~27

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年12月19日(土)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書18:25~27

25一方、シモン・ペテロは立って、暖まっていた。すると、人々は彼に言った。「あなたもあの人の弟子ではないでしょうね。」ペテロは否定して、「そんな者ではない」と言った。

26大祭司のしもべのひとりで、ペテロに耳を切り落とされた人の親類に当たる者が言った。「私が見なかったとでもいうのですか。あなたは園であの人といっしょにいました。」

27それで、ペテロはもう一度否定した。するとすぐ鶏が鳴いた。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

 では、使徒ペテロが裏切ることをJesusが預言していた聖句をあげてから説明します。

・マタイの福音書26:31~35

『そのとき、イエスは弟子たちに言われた。「あなたがたはみな、今夜、わたしのゆえにつまずきます。『わたしが羊飼いを打つ。すると、羊の群れは散り散りになる』と旧約聖書の預言に書いてあるからです。しかしわたしは、十字架上で死んでよみがえってから、あなたがたより先に、ガリラヤへ行きます。」すると、ペテロがイエスに答えて言った。「たとい全部の者があなたのゆえにつまずいても、私は決してつまずきません。」

イエスは彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。今夜、鶏が鳴く前に、あなたは三度、わたしを知らないと言います。」しかし、ペテロは言った。「たとい、ごいっしょに死ななければならないとしても、私は、あなたを知らないなどとは決して申しません。」』

・ヨハネの黙示録22:18~19

『この聖書の預言のみことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。

また、この預言の聖書のみことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この聖書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。』

25~27節 (25一方、シモン・ペテロは立って、暖まっていた。すると、人々は彼に言った。「あなたもあの人の弟子ではないでしょうね。」ペテロは否定して、「そんな者ではない」と言った。26大祭司のしもべのひとりで、ペテロに耳を切り落とされた人の親類に当たる者が言った。「私が見なかったとでもいうのですか。あなたは園であの人といっしょにいました。」27それで、ペテロはもう一度否定した。するとすぐ鶏が鳴いた。)

 このようにBibleは、Jesusに認められる程の素晴らしい信仰を持っていた使徒ペテロといえども...人は皆、Bibleのみことばを軽視したり、また、自分の都合でみことばの解釈を曲げたり、Jesusのみことばの権威に反抗したり、または、できもしない信仰告白をしてしまえば、見えない敵(サタン)に捕らわれてしまうと、預言しています。

 あなたは、自分の都合の良いようにみことばの真理を軽視して曲げたり、反抗したり、安易にできもしない約束や偽った祈りをしたことはありませんか?日々、自らを吟味することが大切なのです。

 以下は、聖書が教える見えない敵・サタン(悪霊)に支配されやすい人の特性です。胸に書き記して、注意して下さい。

・ローマ信徒への手紙1:29~31

『あらゆる不義と悪とむさぼりと悪意とに満ちた者、ねたみと殺意と争いと欺きと悪だくみとでいっぱいになった者、陰口を言う者、そしりを言う者、神を憎む者、人を人と思わぬ者、高ぶる者、大言壮語する者、悪事をたくらむ者、親に逆らう者、わきまえのない者、約束を破る者、情け知らずの者、慈愛のない者です。

人は、そのようなことを行えば、死罪に当たるという神の定めを知っていながら、それを行っているだけでなく、それを行う者に心から同意しているのです。』

・エペソの手紙4:26~27

『怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。悪魔に機会を与えないためです。』

 このようにBibleは、人は皆、真理に背いたり、怒りや貪欲に支配されると、見えない敵・サタン(悪霊)にコントロールされてしまうと、教え説きます。

 しかしBibleは、Jesusのお名前を呼び求める者と、人をゆるすことを選択する人や、Jesusの教会から語られるみことばの真理を選択して生きようとする人たちから、見えない敵・サタンは、出て行くことになると、預言するのです。信じるか、信じられないかはあなた次第。

 しかし聖書は...Jesus&Bibleのみことばに従順な愛と聖霊に満ちた人から、見えない敵は退けられて、神の幸運が味方すると約束するのです。

・マタイの福音書8:16

『人々は悪霊につかれた者を大ぜい、みもとに連れて来た。そこで、イエスはみことばをもって悪霊どもを追い出し、また病気の人々をみないやされた。』

 Jesusは、側近の使徒ペテロを含む12弟子の他に、約70人の使徒(聖職者)たちの面倒を見て、実の家族以上を大切に愛し、衣食住を共にしておりました。

 しかし彼らは、この世の悪い権力が無実のJesusを捕えると、結局皆、裏切って逃げてしまったのです。またJesusは、数えられないほど多くのユダヤ人たちの心霊体を奇跡的に癒し、貧しい人々の飢えをも満たしてあげたのですが、誰一人、Jesusを罠に陥れた悪い権力に対して、立ち向かおうとする人はいなかったのです。

 あなたは、不正や見えない敵の策略にみことばで立ち向かう覚悟が出来ていますか?覚悟する者たちに、神の奇跡と不思議な援軍は味方するのです。

・ヨハネの福音書15:13

『人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。』

 しかし救い主Jesusは、ご自分を裏切って見捨てた仲間たちをゆるし、そして、世界人類を救うために、ご自分の心霊と人生(命)を喜んで犠牲にして、ただ十字架の道に進まれたのです。

 これが最大級の「無限の愛」「神の愛(アガペ)」のカタチであり、真の愛の模範なのです。胸に書き記して下さい。

 『愛』とは、常に相手の気持ちを自分のことのように思いやる気持ちであり、私欲を求めずに相手に尽くそうとする姿勢であり、すべてを我慢して、相手の全てを信じて、ただ期待してあげて、お互いの徳を立てあげようとする生き様で、不正を喜ばずに、真理と正義を追求する希望に満ちた情熱でもあります。

 そして聖書は「愛心」を育てて成長させられる、神様からの贈り物。みことばを食べ続けて消化して生きる人たちのLoveとHolySpritは、Jesusのように強められていくのです。

 あなたの人生と人間関係に現れる、Jesusのような神の奇跡を生み出せる『愛力』に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、いつも、主イエスの愛を目指して、何よりも愛を大切に生きられるようにして下さい。

 そうすれば皆、父なる神様と大切な人々とも相思相愛に生きられ、永遠に幸いな勝利的人生を築けるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「