• sgbc-devotion

ヨハネの福音書18:15~18

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年12月17日(木)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書18:15~18

15シモン・ペテロともうひとりの弟子は、捕らえられたイエスについて行った。この弟子は大祭司の知り合いで、イエスといっしょに大祭司の中庭に入った。

16しかし、ペテロは外で門のところに立っていた。それで、大祭司の知り合いである、もうひとりの弟子が出て来て、門番の女に話して、ペテロを連れて入った。

17すると、門番のはしためがペテロに、「あなたもあの人の弟子ではないでしょうね」と言った。ペテロは、「そんな者ではない」と言った。

18寒かったので、しもべたちや役人たちは、炭火をおこし、そこに立って暖まっていた。ペテロも彼らといっしょに、立って暖まっていた。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

15~18節 (15シモン・ペテロともうひとりの弟子は、捕らえられたイエスについて行った。この弟子は大祭司の知り合いで、イエスといっしょに大祭司の中庭に入った。16しかし、ペテロは外で門のところに立っていた。それで、大祭司の知り合いである、もうひとりの弟子が出て来て、門番の女に話して、ペテロを連れて入った。17すると、門番のはしためがペテロに、「あなたもあの人の弟子ではないでしょうね」と言った。ペテロは、「そんな者ではない」と言った。18寒かったので、しもべたちや役人たちは、炭火をおこし、そこに立って暖まっていた。ペテロも彼らといっしょに、立って暖まっていた。)

 この時、無罪であるのに連行されたJesusを助けようと追いかけて来た、使徒ペテロは、もう一人のJesusFamilyが大祭司カヤパの知人であった為に、Jesusが連れて来られた大祭司の邸宅の庭に、入ることができました。

 しかし使徒ペテロは...多勢の前で「この男は、イエスの仲間だ。」と指摘されると、Jesus信仰を否定したのです。

 使徒ペテロは...この時、Jesusの無罪と、その御業を証しするどころか、父なる神様のみことばまで、裏切るような発言をしてしまいました。

 「イエス!?そんな男は知らないよ。私は嘘などつかない。もし、私が嘘をついたならば、神様に呪われたっていい!あなたたちは人違いをしている!」と、彼はJesus信仰の欠片もない、愚かな発言をしたのです。

・ルカの福音書22:31~34

『シモン・ペテロ。見なさい。サタン(悪霊)が、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」シモン・ペテロはイエスに言った。「主よ。ごいっしょになら、牢であろうと、死であろうと、覚悟はできております。」しかし、イエスは言われた。「ペテロ。あなたに言いますが、きょう鶏が鳴くまでに、あなたは三度、わたしを知らないと言い裏切ります。」』

 このように使徒ペテロは、自分の立場が気まずくなると、Jesusのみことばの預言通りに...三度も、「イエスなんか、知らない!」と嘘の証言をしたのです。

 あなたは使徒ペテロのように、JesusFamilyたちの前では、自分は神の国とみことばを第一に生きようと努力しているし、また、毎日のように伝道もしてるので、自分の生活と人間関係のあり方は全く問題がないと、過信することはありませんか?

 本当に周囲の大切な人々に、神の救いとみことばを教え伝えることを大切に生きていますか?

 この時の使徒ペテロのように、自己防衛の為なら何でも言う偽善者にならぬように、吟味することが大切なのです。

 しかし使徒ペテロは、この後、Jesusと父なる神様のみことばを裏切ってしまったことを真心から悔いて、自らの弱さとズルさを恥じながら、泣き崩れたのです。そして後に、使徒ペテロは、誰の前でも恐れなくなり、まさに命懸けでJesusの救いと真理を教え説く、愛の伝道者に生まれ変わったのです。

 神の子とされたクリスチャンたちが、神の救いと永遠なる真理を教え伝える働きをおろそかにしてしまえば、全く無意味なご利益宗教となってしまうのです。胸に書き記して下さい。

・マタイの福音書10:26~28

主イエスは言われた。『だから、人々を恐れてはいけません。おおわれているもので、現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはありません。わたしが暗やみであなたがたに話すみことばを明るみで言いなさい。また、あなたがたが耳もとで聞くみことばを多勢に言い広めなさい。あなたがたのからだを殺せても、あなたの魂を殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんな者より、あなたの魂とからだも、ともにゲヘナ(地獄)で滅ぼすことのできる方、神様だけを恐れなさい。』

 あなたは、Bibleを信じて、Jesusの十字架のおかげで永遠に救われたと語りながらも、使徒ペテロのように、周囲の人々への対応を恐れて気にし過ぎたり、また、ネガティブ思考になり過ぎてしまい、殆どの人々に天国の行き方を伝えられず、またいつも相手のペースで、どうでも良いことばかり話す人間関係を作り、みことばを宣べ伝えることを後回しにしていませんか?そういう人に神の大いなる祝福や、人を救う聖霊力と説得力は宿りません。目を醒ますことです。

 Bibleは...もし、あなたが人を恐れて自らの使命と信仰を隠して気を遣い過ぎれば、本物の親友などできず、また、力強い聖霊力まで手放すことに繋がり、結果、誰も救い導くことさえも出来なくなると、ハッキリ教え説きます。

・マタイの福音書4:4

『イエスは答えて言われた。「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのみことばによって生きる。」』

 あなたは友人知人と会食したり会話する時、どうでもいい些細な話や、衣食住と仕事の話題ばかり話し過ぎて、永遠なる友情と愛を深められる真理と救霊についての会話を後回しにしていませんか?バランス良く真理を伝える愛の人に、永遠なる神の家族や信頼関係が築けるのです。肝に銘じて下さい。

 しかし、この使徒ペテロは、後には、真心から悔い改められたので、神の奇跡力と聖霊力に満ちた歴史的なクリスチャンとして語り継がれており、世界初の牧師に生まれ変われました。

 この使徒ペテロのように、Bible&Jesusのみことばを語り続ける人が数多くいたからこそ、この日本に、そして、あなたにも『主イエスの十字架の福音・天国の救い』が、世界中に伝わってきたのです。そしてBibleは、この福音宣教こそが、あなたの人生での第一の生きる意味と使命だと教え説きます。

 また聖書は、あなたの人生の最大の罪と敵とは、ネガティブ思考に基づいた不安心と恐れであり、他人の救いに無関心な冷めた愛心だと教え説きます。見えない敵と罪に打ち勝つには、日々のBible&メッセージに耳をかしながら、絶えず、目を醒まして生きるしかないのです。

 あなたに、日々のBible&Jesusのみことばを通して情熱的な神のLoveと、神の奇跡を呼び込める程のプラス思考のHolySpiritが与えられることを期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、時が良くても悪くても、また、誰をも恐れずに、どんな場所でも、Bible&Jesusのみことばの救いと真理を、一人でも多くの人々に宣べ伝えられる情熱的な愛力と、生きる使命感を増し加えてあげてください。

 そうすれば皆、人生でのネガティブ思考や恐怖心から開放されて、多くの人々の魂を救い出しながら、神の祈りの応答や奇跡を多く刈り取れるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「