• sgbc-devotion

ヨハネの福音書14:26~31

Jesus said

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2015年12月4日(金)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書14:26~31

26助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、また、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。

27わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。

28『わたしは去って行き、また、あなたがたのところに来る』とわたしが言ったのを、あなたがたは聞きました。あなたがたは、もしわたしを愛しているなら、わたしが父のもとに行くことを喜ぶはずです。父はわたしよりも偉大な方だからです。

29そして今わたしは、そのことの起こる前にあなたがたに話しました。それが起こったときに、あなたがたが信じるためです。

30わたしは、もう、あなたがたに多くは話すまい。この世を支配する者が来るからです。彼はわたしに対して何もすることはできません。

31しかしそのことは、わたしが父を愛しており、父の命じられたとおりに行っていることを世が知るためです。立ちなさい。さあ、ここから行くのです。

[聖句メッセージ]

 本日でヨハネの福音書14章は終わりです。

 幾つかの聖句をあげてから、ご説明します。

・イザヤ書40:3

『荒野に呼ばわる者の声がする。「主の道を整えよ。荒地で、私たちの神のために、人生の大路を整えさせよ。」』

26~27節、旧約聖書・イザヤ書の預言通り...今から約2000年前、神の御子・救い主Jesusの働きを準備する為に、前もって、神の預言者ヨハネが現れました。彼は世界人類に初めて、洗礼(バプテスマ)を授けた人物になります。尚、世界人類初の洗礼式の場所は、ヨルダン川でした。そして聖書は、人は皆『洗礼』を受けることによって、神に反抗する性質が染みついている人間の心霊に宿る原罪(罪性)、個々の人生での罪、咎、過ちが父なる神様にゆるされて、様々な汚れが清められる作用があると、教え説きます。洗礼を受けさえすれば、心霊体は、神の御霊に清められるのです。

・マルコの福音書1:8

洗礼者ヨハネは言った。『私はあなたがたに水で洗礼を授けましたが、その方イエスのお名前は、あなたがたに聖霊の洗礼をお授けになります。』

26~27節 (26助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、また、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。27わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。)

 そしてBibleは、人は皆、神の救い主Jesusを信じて洗礼を受けさえすれば、父なる神様から、永遠なる助け主・聖霊力がプレゼントされると約束しています。

 人生は一度きり、洗礼は受けるべきだと、聖書は教えるのです。また洗礼式を終えている人は、洗礼の意味と恵みを再確認して下さい。

 すでに、洗礼を終えたあなたは神にゆるされて清められており、あなたの心霊には神のご神格と同じご性質の聖霊が住まわれているのです。

・ママルコの福音書16:15~16

『それから、イエスは人々にこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じてバプテスマ(洗礼)を受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。』

 まだ、洗礼を終えていない人は、Bible&Jesusの言う通りに素直になって、考え過ぎずに洗礼を受けることをお勧めします。尚、洗礼のやり方には、浸礼(全身を水に浸す洗礼)・灌水礼(頭部にだけ水を注ぐ洗礼)・滴礼(洗礼者が手を水で濡らし、濡れた指先を頭に数回押し付ける洗礼)の3種類の形態があります。

 あなたが聖霊のバプテスマ(洗礼)を受けて、聖霊力に満ち溢れていき、いつも神様を味方に惹きつけられる人生に変えられていくことを期待します。

28~31節 (28『わたしは去って行き、また、あなたがたのところに来る』とわたしが言ったのを、あなたがたは聞きました。あなたがたは、もしわたしを愛しているなら、わたしが父のもとに行くことを喜ぶはずです。父はわたしよりも偉大な方だからです。29そして今わたしは、そのことの起こる前にあなたがたに話しました。それが起こったときに、あなたがたが信じるためです。30わたしは、もう、あなたがたに多くは話すまい。この世を支配する者が来るからです。彼はわたしに対して何もすることはできません。31しかしそのことは、わたしが父を愛しており、父の命じられたとおりに行っていることを世が知るためです。立ちなさい。さあ、ここから行くのです。)

 そしてBibleは...聖霊とは、神様があなたに何を考えて、何をすべきなのか、教え諭してくれるインスピレーションであり、誰とどのように付き合い、何を語るべきなのか。また、今は何をしてはならないのか。何をどう改めるべきなのか、そして、どう祈るべきなのか、具体的に教えて示してくれる人生の助け主でもあると、教え説きます。

 また聖霊とは、Bible&Jesusのみことばを分かりやすく解き明かしてくれる、神の御霊であるとも教え説くのです。そしてBibleは...聖霊を受けた人は皆、何が起きても動揺し過ぎずに、ただただ、Jesusのお名前とみことばに信頼を置けるのなら、絶対に、主なる神様が助けて下さると、約束してくれるのです。

 また、この時Jesusはご自分は聖地エルサレムに行ってから、世界人類の罪悪の身代わりの十字架上の死をやり遂げ、その3日後に死から蘇ってから神の国に戻られるが、聖徒たちの為に、神の御霊である助け主(聖霊)を置いていくので、人生の何事にも心配し過ぎないように。そして、見えない敵や死さえも恐れることなどないと、教え諭してくれたのです。

 Jesusに救われたあなたには恐れや不安は禁物など必要ないのです。

 あなたに与えられる、聖霊からの不思議なインスピレーションと助けや、神の具体的な御声に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆がBible&Jesusのみことばを素直に信じて、何事をも恐れずに、いつも出来る限りのみことばをアクションできるようにしてあげて下さい。

 そうすれば皆の人生に、神の救い主・聖霊様が大活躍してくれるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「