• sgbc-devotion

ヨハネの福音書12:37~50

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年11月26日(木)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書12:37~50

37イエスが彼らの目の前でこのように多くのしるしを行われたのに、彼らはイエスを信じなかった。

38それは、「主よ。だれが私たちの知らせを信じましたか。また主の御腕はだれに現されましたか」と言った預言者イザヤのことばが成就するためであった。

39彼らが信じることができなかったのは、イザヤがまた次のように言ったからである。

40「主は彼らの目を盲目にされた。また、彼らの心をかたくなにされた。それは、彼らが目で見ず、心で理解せず、回心せず、そしてわたしが彼らをいやすことのないためである。」

41イザヤがこう言ったのは、イザヤがイエスの栄光を見たからで、イエスをさして言ったのである。

42しかし、それにもかかわらず、指導者たちの中にもイエスを信じる者がたくさんいた。ただ、パリサイ人たちをはばかって、告白はしなかった。会堂から追放されないためであった。

43彼らは、神からの栄誉よりも、人の栄誉を愛したからである。

44また、イエスは大声で言われた。「わたしを信じる者は、わたしではなく、わたしを遣わした方を信じるのです。

45また、わたしを見る者は、わたしを遣わした方を見るのです。

46わたしは光として世に来ました。わたしを信じる者が、だれもやみの中にとどまることのないためです。

47だれかが、わたしの言うことを聞いてそれを守らなくても、わたしはその人をさばきません。わたしは世をさばくために来たのではなく、世を救うために来たからです。

48わたしを拒み、わたしの言うことを受け入れない者には、その人をさばくものがあります。わたしが話したことばが、終わりの日にその人をさばくのです。

49わたしは、自分から話したのではありません。わたしを遣わした父ご自身が、わたしが何を言い、何を話すべきかをお命じになりました。

50わたしは、父の命令が永遠のいのちであることを知っています。それゆえ、わたしが話していることは、父がわたしに言われたとおりを、そのままに話しているのです。」

[聖句メッセージ]

 本日でヨハネの福音書12章は終わりです。

・ヨハネの福音書12:28〜31

『イエスは群衆の前でこう祈った。「父なる神よ。御名の栄光を現してください。」そのとき、天から声が聞こえた。「わたしは栄光をすでに現したし、またもう一度栄光を現そう。」

そばに立っていてそれを聞いた群衆は、雷が鳴ったのだと言った。ほかの人々は、「御使いがあの方に話したのだ」と言った。

イエスは答えて言われた。「この声が聞こえたのは、わたしのためにではなくて、あなたがたのためにです。今はこの世のさばきの時です。今、真理に背き、この世を支配する者たちは、やがて追い出されるのです。』

 37節,このようにJesusが、父なる神様に祈り求めた時、神は不思議な雷のような御声を群衆たちに現したのですが、誰もJesusを神の御子として崇めようとせず、また人は皆、肉体の死後、神の裁きがあるので悔い改めるようにと、教え諭したにもかかわらず、殆どの人々が人生を深く悔い改めようとはしませんでした。

・マタイの福音書6:24,31〜33

イエスは言われた。『だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。

だから、わたしはあなたがたに言います。自分のいのちのことで、何を食べようか、何を飲もうかと心配したり、また、からだのことで、何を着ようかなどと、生活のことで心配してはいけません。

こういうものはみな、神を知らない異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父なる神様は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。

だから、神の国と神の義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、あなたのすべての必要は与えられます。』

・ヨハネの福音書7:7

イエスは言われた。『世はわたしを憎んでいます。わたしが、世の人々について、その行いが悪いことをあかしするからです。』

37~38節 (37イエスが彼らの目の前でこのように多くのしるしを行われたのに、彼らはイエスを信じなかった。38それは、「主よ。だれが私たちの知らせを信じましたか。また主の御腕はだれに現されましたか」と言った預言者イザヤのことばが成就するためであった。)

 そしてBibleは、殆どの人々は個々の経済力や生活向上の欲望に捕らわれて過ぎているので、Jesusのみことばの忠告に素直になれず、無視したり反抗するので、数多くの神の祝福や報いを取り逃がすとも預言しています。あなたの現状はどうですか?

39~41節 (39彼らが信じることができなかったのは、イザヤがまた次のように言ったからである。40「主は彼らの目を盲目にされた。また、彼らの心をかたくなにされた。それは、彼らが目で見ず、心で理解せず、回心せず、そしてわたしが彼らをいやすことのないためである。」41イザヤがこう言ったのは、イザヤがイエスの栄光を見たからで、イエスをさして言ったのである。)

 また旧約聖書のイザヤ書で...主なる神様はあなたの心の中を探られ、子どものように、素直にJesusのみことばに向き合える人には大きな祝福と報いを約束してくれますが、自分の感情と欲求をいつも第一にしている人の心はかえって頑固にしてしまい、人生や生活を崖っぷちに追い込むことにより、悔い改めを促されることがあるとも、預言しています。

 Bibleのみことばを勧められるあなたの心霊の反応は、素直ですか?それとも、どうしても、かたくなになってしまいますか?

 これらのことをよく吟味して、現在の自分と神様との関係性を探ることも大切なのです。

・ヨハネの福音書5:24~27

主イエスは言われた。『まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのみことばを聞いて、わたしを遣わした父なる神様を信じる者は、永遠のいのちを持ち、死後にさばきに会うことがなく、死から永遠のいのちに移っているのです。

まことに、まことに、あなたがたに告げます。死人が神の子イエスの声を聞く時が来ます。今がその時です。そして、わたしのみことばを聞く者は、死んでも生きるのです。

それは、父なる神がご自分のうちにいのちを持っておられるように、神の御子にも、自分のうちに永遠のいのちを持つようにしてくださったからです。

また、父なる神はさばきを行う権利を子なるイエスに与えられました。神の御子とは人の子イエスです。』

42~47節 (42しかし、それにもかかわらず、指導者たちの中にもイエスを信じる者がたくさんいた。ただ、パリサイ人たちをはばかって、告白はしなかった。会堂から追放されないためであった。43彼らは、神からの栄誉よりも、人の栄誉を愛したからである。44また、イエスは大声で言われた。「わたしを信じる者は、わたしではなく、わたしを遣わした方を信じるのです。45また、わたしを見る者は、わたしを遣わした方を見るのです。46わたしは光として世に来ました。わたしを信じる者が、だれもやみの中にとどまることのないためです。47だれかが、わたしの言うことを聞いてそれを守らなくても、わたしはその人をさばきません。わたしは世をさばくために来たのではなく、世を救うために来たからです。)

 そしてBibleは...Jesusの御ことばや奇跡を見聞きしていた多くの人々は、Jesusはやはり、創造主なる神様の後継ぎの御子であることを信じられましたが、ユダヤ人の権力者と有力者たちだけは、自らの栄誉とプライドが邪魔することになり、最後までJesusを神の御子と信じることが出来ずに反抗してしまったと、教え説きます。

 彼らはJesusに、自分たちの隠れた偽善や罪悪を指摘されることを嫌がり、また自分たちの権力、人気、今までの生活習慣が変わることを恐れ過ぎてしまったのです。

 あなたは、BibleのみことばやJesusFamily(仲間)たちから、自らの罪悪や過ちを指摘される時、素直に悔い改めようとする謙虚さを大切に生きていますか?

 また、あなたは人前だけは良い人を装ったり、よく見せようとする二面性が強い人ですか?

・マタイの福音書18:3~4

『イエスは言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、入れません。だから、この子どものように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人です。」』

48~50節 (48わたしを拒み、わたしの言うことを受け入れない者には、その人をさばくものがあります。わたしが話したことばが、終わりの日にその人をさばくのです。49わたしは、自分から話したのではありません。わたしを遣わした父ご自身が、わたしが何を言い、何を話すべきかをお命じになりました。50わたしは、父の命令が永遠のいのちであることを知っています。それゆえ、わたしが話していることは、父がわたしに言われたとおりを、そのままに話しているのです。」)

 Bibleは...神の御子Jesusを信じられなかったユダヤ人権力者たちは、素直さと謙遜の大切さを忘れてしまい、二面性の強い偽善者に成り下がってしまったので、結果、父なる神様と御子Jesusを敵に回すことになり、永遠なる裁きを刈り取ってしまったと教え説きます。

 しかしBibleは、もし、彼らがJesusのみことばを素直に受け留められていれば、それだけで永遠に救われていたと、はっきり教え説いているのです。

 あなたがJesusの十字架のみことばを受け留めて、素直な悔いた心と、砕かれた謙遜さや、真のあなたらしさをいつも大切に生きられて、永遠なる救いと大きな報いを手に入れられることを期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆の霊の目を開いて、Bible&Jesusのみことばを素直かつ、謙遜に受け留め、いつ、誰といようとも、真の自分らしさを大切に生きられるようにしてあげて下さい。

 そうすれば皆、永遠なる神の救いと報いを受けられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「