• sgbc-devotion

ヨハネの福音書12:27~36

Bible said

『幸いなことよ。神の知恵を見いだす人は』

『主の教えを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ人は、何をしても栄える』

『心を尽くして主に拠り頼め.自分の悟りに頼るな』

2015年11月25日(水)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書12:27~36

27主イエスは言われた。「今わたしの心は騒いでいる。何と言おうか。『父よ。この時からわたしをお救いください』と言おうか。いや。このためにこそ、わたしはこの時に至ったのです。

28父よ。御名の栄光を現してください。」そのとき、天から声が聞こえた。「わたしは栄光をすでに現したし、またもう一度栄光を現そう。」

29そばに立っていてそれを聞いた群衆は、雷が鳴ったのだと言った。ほかの人々は、「御使いがあの方に話したのだ」と言った。

30イエスは答えて言われた。「この声が聞こえたのは、わたしのためにではなくて、あなたがたのためにです。

31今がこの世のさばきです。今、この世を支配する者は追い出されるのです。

32わたしが地上から上げられるなら、わたしはすべての人を自分のところに引き寄せます。」

33イエスは自分がどのような死に方で死ぬかを示して、このことを言われたのである。

34そこで、群衆はイエスに答えた。「私たちは、律法で、キリストはいつまでも生きておられると聞きましたが、どうしてあなたは、人の子は上げられなければならない、と言われるのですか。その人の子とはだれですか。」

35イエスは彼らに言われた。「まだしばらくの間、光はあなたがたの間にあります。やみがあなたがたを襲うことのないように、あなたがたは、光がある間に歩きなさい。やみの中を歩く者は、自分がどこに行くのかわかりません。

36あなたがたに光がある間に、光の子どもとなるために、光を信じなさい。」イエスは、これらのことをお話しになると、立ち去って、彼らから身を隠された。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

 では、幾つかの聖句を上げてからご説明します。

・ヘブル人への手紙9:27

『人間には、一度死ぬことと死後に神様のさばきを受けることが定まっています。』

・ヘブル人への手紙9:22

『聖書の律法によれば、すべての人間は血によって、ゆるされ清められる、と言ってよいでしょう。また、血を注ぎ出すことがなければ、人間の罪の赦しなどないのです。』

27節 (27主イエスは言われた。「今わたしの心は騒いでいる。何と言おうか。『父よ。この時からわたしをお救いください』と言おうか。いや。このためにこそ、わたしはこの時に至ったのです。)

 Bibleは...人間は皆、身勝手で、創造主なる神様から示された人が守るべき真理や大切にするべき隣人愛を軽視したり、世界中の貧困者、餓死者たちや、周囲の悩み苦しむ人々を平気で見て見ぬふりなどして...自国や自分たちの利益や欲望ばかり追いかける罪悪性(冷酷さ)や無知さをあわせ持っているため、殆どの人々が、そのままでは天国には行けず、肉体の死後、自らの生命や血で、人生の責任を負わされて、神様から裁かれることになると教え説きます。

 あなたは、この真理を聞かされても、自分は完全な人生を歩んでおり、死の問題も解決していて、全く神と死への恐れなどないと言い切れますか?自らに問いかけてみて下さい。

 なぜなら、これが世界中で一番信じられている聖書の教える神と死についての現実だからです。

・マタイの福音書20:23

『イエスは言われた。「あなたがた人間はわたしの杯を飲みはします。しかし、神の国でわたしの右と左にすわることは、このわたしの許すことではなく、わたしの父なる神様によってそれに備えられた人々があるのです。」』

 そしてBible&Jesusは...あなたの創造主は、その人間の罪悪性と無知さを哀れみ、世界人類の諸悪と過ちの身代わりのいけにえの為に、わざわざ、神自身と人間(処女マリヤ)から世界人類の救世主Jesusを誕生させたと、教え説きます。Jesus信仰と聖書は、あなたを永遠に救うための父なる神様からのギフトであり、ラブレターなのです。

 またJesusは、世界人類を贖う権利と資格を得るために、聖書のみことばに背くような罪悪や過ちを一切行わず、完全な神信仰と隣人愛に満ちた人生を送っていたと、教え説きます。

 だから聖書は...神の御子Jesusに祈りすがるあなたは、Jesusの十字架上の身代わりの血潮と生命により、何をしても弁護されて清められ、肉体の死後の裁きも免れられると、約束しているのです。

 Bible&Jesusのみことばを幼な子のように信じ続けていれば、あなたは何をしても、死後、神様に裁かれないということです。ただただ、Jesusに感謝して生きて下さい。

・第一ペテロの手紙2:22〜23

『イエスキリストは全く罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。彼はののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる父なる神様にお任せになりました。そして自分から十字架の上で、私たち人間の罪をその身に負われたのです。』

・マタイの福音書26:36〜39

『イエスは弟子たちといっしょにゲツセマネという所に来て、彼らに言われた。「わたしがあそこに行って祈っている間、ここにすわっていなさい。」それから、ペテロとゼベダイの子ふたりとをいっしょに連れて行かれたが、イエスは悲しみもだえ始められた。そのとき、イエスは彼らに言われた。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここを離れないで、わたしといっしょに目をさましていなさい。」それから、イエスは少し進んで行って、ひれ伏して祈って言われた。「わが父なる神よ。できますならば、この苦しみの杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、なさってください。」』

 27節,この時、Jesusは神の実子でありましたが、神と人間との両面を引き継いだ為に、世界人類の罪悪の為に十字架上で身代わりの死刑になることに不安を抱いて心を騒がせて、父なる神様に祈りすがっていたのです。

 このようにBibleは、あなたの救い主Jesusは、神の御子といえども、あなたの人生での不安や痛みや苦しみ、すべてを理解できる愛に満ちたお方だと、教え説きます。

 ですから、どんな些細なことでもJesusに祈りすがれば、あなたを哀れんで、助け導いて下さるという事なのです。Jesusに祈るあなたには失望はあり得ないと、胸に書き記して下さい。

28~30節 (28父よ。御名の栄光を現してください。」そのとき、天から声が聞こえた。「わたしは栄光をすでに現したし、またもう一度栄光を現そう。」

29そばに立っていてそれを聞いた群衆は、雷が鳴ったのだと言った。ほかの人々は、「御使いがあの方に話したのだ」と言った。

30イエスは答えて言われた。「この声が聞こえたのは、わたしのためにではなくて、あなたがたのためにです。)

 そして創造主なる神様はJesusの祈りに、以下のように、まるで雷の音のように、答えられたのです。

 「愛する子よ!何も心配しないで、みことばだけを信じて十字架につきなさい。わたしはあなたに神の御業と栄光を現すから!」

・ローマ信徒への手紙8:31

『では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。』

31~36節 (31今がこの世のさばきです。今、この世を支配する者は追い出されるのです。32わたしが地上から上げられるなら、わたしはすべての人を自分のところに引き寄せます。」33イエスは自分がどのような死に方で死ぬかを示して、このことを言われたのである。34そこで、群衆はイエスに答えた。「私たちは、律法で、キリストはいつまでも生きておられると聞きましたが、どうしてあなたは、人の子は上げられなければならない、と言われるのですか。その人の子とはだれですか。」35イエスは彼らに言われた。「まだしばらくの間、光はあなたがたの間にあります。やみがあなたがたを襲うことのないように、あなたがたは、光がある間に歩きなさい。やみの中を歩く者は、自分がどこに行くのかわかりません。36あなたがたに光がある間に、光の子どもとなるために、光を信じなさい。」イエスは、これらのことをお話しになると、立ち去って、彼らから身を隠された。)

 このようにBibleは...たとえ、あなたに死に値するほどの攻撃や試練が起ころうとも、天地万物の支配者なる神様は、Jesusのお名前で祈るあなたの永遠なる味方となって下さると、約束してくれます。

 父なる神様はJesus信仰を持っているあなたは、すでに神の子とされており、死後の行き先は永遠の天国であるので、何をも、誰をも恐れて縮こまることはない!

 だから、日々のBibld&メッセージを堅く握りしめながら、自分らしく生き続けなさい!と、

励ましてくれているのです。胸に書き記して下さい。

 あなたには将来への不安や、何か苦手意識や恐怖感などはありませんか?

 聖書は、Jesusを信じて神様を味方に惹きつけたあなたの人生は、たとえ、敵や闇が訪れたとしても、神のみことばの光がすべてに打ち勝たせて下さると、約束してくれます。

・ローマ信徒への手紙8:37~39

『私たちは、私たちを愛してくださった方によって、人生のすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となれるのです。私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。』

 このようにBibleは、神の御子Jesusに気づいたあなたは、すでに人生と死の永遠なる勝利者だと、教え説くのです。あなたの人生と死後に現れる、神様からの圧倒的な勝利と百倍の報いに期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆の霊の目を開いて、いつ、どんな時もJesusのお名前とBibleのみことばに信頼し続けられるようにしてあげて下さい。

 そうすれば皆、敵や闇の攻撃と、様々な試練から圧倒的に勝利できるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「