• sgbc-devotion

ヨハネの福音書12:9~19

Jesus said

「あなたの信じた通りになるように」「何も思い煩わなくてもいい」「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2015年11月23日(月)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書12:9~19

9大ぜいのユダヤ人の群れが、イエスがそこにおられることを聞いて、やって来た。それはただイエスのためだけではなく、イエスによって死人の中からよみがえったラザロを見るためでもあった。

10祭司長たちはラザロも殺そうと相談した。

11それは、彼のために多くのユダヤ人が去って行き、イエスを信じるようになったからである。

12その翌日、祭りに来ていた大ぜいの人の群れは、イエスがエルサレムに来ようとしておられると聞いて、

13しゅろの木の枝を取って、出迎えのために出て行った。そして大声で叫んだ。「ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。イスラエルの王に。」

14イエスは、ろばの子を見つけて、それに乗られた。それは次のように書かれているとおりであった。

15「恐れるな。シオンの娘。見よ。あなたの王が来られる。ろばの子に乗って。」

16初め、弟子たちにはこれらのことがわからなかった。しかし、イエスが栄光を受けられてから、これらのことがイエスについて書かれたことであって、人々がそのとおりにイエスに対して行ったことを、彼らは思い出した。

17イエスがラザロを墓から呼び出し、死人の中からよみがえらせたときにイエスといっしょにいた大ぜいの人々は、そのことのあかしをした。

18そのために群衆もイエスを出迎えた。イエスがこのしるしを行われたことを聞いたからである。

19そこで、パリサイ人たちは互いに言った。「どうしたのだ。何一つうまくいっていない。見なさい。世はあげてあの人のあとについて行ってしまった。」

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

 幾つか、聖句を上げてご説明します。

・マタイの福音書8:16

『イエスはみことばをもって悪霊どもを追い出し、また病気の人々を全ていやされた。』

・ヨハネの福音書11:40~45

『イエスは死んだラザロの姉マリヤに言われた。「もしあなたがわたしを信じるなら、あなたは神の栄光を見る、とわたしは言ったではありませんか。」そこで、イエスはラザロの墓石を取りのけてから、大声で叫ばれた。「ラザロよ。出て来なさい。」すると、4日前に死んでいたはずのラザロが、手と足を長い布で巻かれたままで出て来た。彼の顔は布切れで包まれていた。イエスは彼らに言われた。「ほどいてやって、帰らせなさい。」そこで、マリヤのところに来ていて、イエスがなさったことを見た多くのユダヤ人が、イエスを信じた。』

 このようにBibleは、Jesusは祈りに来たすべての人々の病気を癒し、すべての問題を解決して、多くの死人さえも生き返らせて来た為に、2000年経った現在でも、父なる神様の実子であり、後継ぎのキリスト(救い主)だと語り継がれています。

 ですから、神の御子Jesusのお名前で祈る者は皆、無条件で永遠なる救いを受けられるのです。

 Jesusを信じたあなたの人生は、もはや永遠です。

9~11節 (9大ぜいのユダヤ人の群れが、イエスがそこにおられることを聞いて、やって来た。それはただイエスのためだけではなく、イエスによって死人の中からよみがえったラザロを見るためでもあった。10祭司長たちはラザロも殺そうと相談した。11それは、彼のために多くのユダヤ人が去って行き、イエスを信じるようになったからである。)

 そしてJesusがラザロを生き返らせた奇跡の噂は、瞬く間に広がっていきました。

 すると、それを耳にしたユダヤ人権力者たちは、自分たちの偽善や賄賂などの腐敗を指摘したJesusが国中に影響力を持つことを恐れて、少しでも早く、Jesusと生き返ったラザロも殺そうと、計画を練り始めたのです。

 あなたは、あなたの罪悪や過ちを指摘して、愛を持って正そうとしてくれるご家族と仲間たちに逆ギレしたり、嫌がって距離を置いてしまうことはありませんか?

・第二テモテの手紙4:2

『みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。』

 このようにBibleは、あなたへの罪悪と過ちを指摘して、正そうとしてくれる人の背後には、主なる神様の働きがあると、教え説きます。

 相手の態度や言動ばかりに気を取られ過ぎず、その背後に働かれる神のみことばに心を傾けることが大切なのです。

12節 (12その翌日、祭りに来ていた大ぜいの人の群れは、イエスがエルサレムに来ようとしておられると聞いて、)

 この時Jesusとラザロたちは、ユダヤ三大祭りの一つ「過越の祭り」で、主に感謝を捧げて楽しむために、聖地エルサレムに向かいました。

13~14節 (13しゅろの木の枝を取って、出迎えのために出て行った。そして大声で叫んだ。「ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。イスラエルの王に。」14イエスは、ろばの子を見つけて、それに乗られた。それは次のように書かれているとおりであった。)

 『ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。イスラエルの王に。』

 このように神に選ばれしJesusFamilyたちは賛美歌を歌いながら、ロバの子に乗ったJesusと共に、エルサレムまで行進して行きました。

 『ホサナ』とは、ヒブル(ヘブライ)語の言葉で「神よ、お救いください」の意味。おもに「ホサナ」とは、神への賛美歌や嘆願の祈りの中で用いられる言葉になります。

・詩篇96:4~5

『まことに創造主は大いなる方、大いに賛美されるべき方。主はすべての神々にまさって恐れられるお方だ。まことに、国々の民の神々はみな、むなしい。しかし創造主は天地万物をお造りになったお方。』

・詩篇100:4

『主なる神様に感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、入れ。そして主に感謝し、御名をほめうたえ。』

・詩篇149:1

『ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への賛美を。』

・詩篇150:6

『生きていて、息のあるものは皆、主をほめうたえ。ハレルヤ。』

 このようにBibleは...人は皆、神を褒め歌うために造られており、神を賛美すれば、その人の心霊体は清められ、神様に近づくこともできると教え説きます。

 だから、Jesusの教会では賛美歌を歌うのです。

15~17節 (15「恐れるな。シオンの娘。見よ。あなたの王が来られる。ろばの子に乗って。」16初め、弟子たちにはこれらのことがわからなかった。しかし、イエスが栄光を受けられてから、これらのことがイエスについて書かれたことであって、人々がそのとおりにイエスに対して行ったことを、彼らは思い出した。17イエスがラザロを墓から呼び出し、死人の中からよみがえらせたときにイエスといっしょにいた大ぜいの人々は、そのことのあかしをした。)

 聖地エルサレムの人々は、12弟子たちと多くの人々が、ロバに乗っているJesusを神のように崇めて、褒め歌う姿を見せられ、騒ぎ立てました。

 そして、エルサレムの人々は、以下のように言いました。

 『あの青年イエスは、救い主だと賛美されながら、神のように褒め歌われながら行進しているが、一体、何者なのだろう?本当に神の救い主なのだろうか?』

・マタイの福音書5:17~18

主イエスは言われた。『わたしが来たのは聖書の律法や預言者を廃棄するためだと思ってはなりません。廃棄するためにではなく、すべて成就するために来たのです。まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法と預言の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。』

 そしてJesusと共に行進して来た、死から生還したラザロは、エルサレムの人々にこう証し伝えました。

 『このお方は、旧約聖書(イザヤ書)の預言している世界人類の救い主です。イエス様は神のみことばとご計画を成就させる為に来られた真の預言者、ナザレのイエスなのです。あなたもイエス様を信じなさい。そうすれば、あなたも永遠に救われるからです!』

 すると、死から生き返ったラザロの力強い証しを聞いた、大勢の人々は素直にJesusを信じ受け入れたのです。

・ルカの福音書21:13~15

主イエスは言われた。『あなたがたには、キリストをあかしをする機会があります。それで、どう証しして弁明するかは、あらかじめ考えないことに、心を定めておきなさい。どんな反対者も、反論もできず、反証もできないようなみことばと知恵のことばを、わたしがあなたがたに与えるからです。』

18~19節 (18そのために群衆もイエスを出迎えた。イエスがこのしるしを行われたことを聞いたからである。19そこで、パリサイ人たちは互いに言った。「どうしたのだ。何一つうまくいっていない。見なさい。世はあげてあの人のあとについて行ってしまった。」)

 このようにBible&Jesusは、あなたは救い主Jesusのみことばと十字架の救いを証しするために、神様に選ばれたとハッキリ教え説きます。

 これが天国行きの内定を受けられたあなたの人生の新しい使命だと教え説くのです。

 あなたは、この使命をハッキリ自覚できていますか?

 では...あなたの生きる意味と人生の使命とは何でしょう?

 Bibleは生きる意味と人生の使命を見つけられる、父なる神様からのギフト(gift)になるのです。

 そしてJesusは、もしあなたがこの神の国の人を救う愛の使命を第一に生きようと切り替えるのなら、あなたには人を救う為に必要な神の知恵と、奇跡さえも起こせる聖霊力が手に入ると、約束してくれたのです。

 またBibleは、神の御子Jesusの身代わりの死と弁護なくしては、誰も、永遠のチャンスや天国行きの保証など受けられないと、ハッキリ教え説きます。

 あなたが周囲の人々に、Bible&Jesusを証し伝えようとしなければ、周囲の人々の天国行きも保証はないと、忠告するのです。

 あなたが新たな神の国の使命を第一に選択する人生となり、一人でも多くの人々に天国行きの内定と永遠なるチャンスをプレゼントできる、Jesusのような器となれるように祈ります。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のBible&メッセージから新たに与えられる神からの使命と、生きる本当の意味を悟らせてあげて下さい。

 そうすれば皆、Jesusのように周囲に天国行きと永遠のチャンスをプレゼントできたり、何をしても、神の幸運と祝福を手に入れる人生となれるからです!

 主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.