• sgbc-devotion

ヨハネの福音書12:1~2

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年11月21日(土)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書12:1~2

1イエスは過越の祭りの六日前にベタニヤに来られた。そこには、イエスが死人の中からよみがえらせたラザロがいた。

2人々はイエスのために、そこに晩餐を用意した。そしてマルタは給仕していた。ラザロは、イエスとともに食卓に着いている人々の中に混じっていた。

[聖句メッセージ]

 本日からヨハネの福音書は12章です。

 1節『ベタニヤ』とは、聖地エルサレム近郊の地名で、マリヤ、マルタとラザロの兄弟たちの住んでいた街です。尚、現在のオリーブ山の南東麓にあるパレスチナ人の村、アル・エルザリヤに当たるとされています。

 Jesusは、聖地エルサレムのユダヤ三大祭りの一つ「過越の祭り」に行こうとして、Jesusが死から蘇生させたラザロとその姉妹(マルタとマリヤ)たちの住むベタニヤの街に滞在していました。

・マタイの福音書24:45~47

主イエスは言われた。『主人から、その家のしもべたちを任されて、食事時には彼らに食事をきちんと与えるような忠実な賢いしもべとは、いったいだれでしょう。主人が帰って来たときに、そのようにしているのを見られるしもべは幸いです。まことに、あなたがたに告げます。その主人は彼に自分の全財産を任せるようになります。』

・マタイの福音書13:23

『良い地に蒔かれる人とは、みことばを聞いてそれを悟り行う人のことで、その人はほんとうに良い実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。』

1~2節 (1イエスは過越の祭りの六日前にベタニヤに来られた。そこには、イエスが死人の中からよみがえらせたラザロがいた。2人々はイエスのために、そこに晩餐を用意した。そしてマルタは給仕していた。ラザロは、イエスとともに食卓に着いている人々の中に混じっていた。)

 このようにBibleは、Jesusのみことば通りに、神の家(教会)で人を救う為の愛の奉仕を率先し続ける人は幸いであり、そういう人たちは、神様から信じられない程多くの報いと奇跡を手に入れられると、約束します。

 死からよみがえらせられたラザロ、マリヤ、マルタの兄弟たちも、毎日Jesus宣教に関わる奉仕をしていましたが、他の聖徒たちから、うらやましがられる程の神の奇跡や報いを手に入れられた人たちでした。

 あなたはマリヤ、マルタ、ラザロのように率先して、天に宝を積む愛の奉仕をしていますか?天に宝を積む人は皆、必ず、いく倍も報われるのです。

 1節『過越の祭り』とは、ユダヤ教の祭日の一つ。英語では'Passover'。

 尚、祭りの由来は以下です...

 大昔ユダヤ人は、長い期間(神からの夢と預言を成就させた男・ヨセフの時代頃から十戒のモーセの時代まで)、中東の強国エジプトの奴隷とされていました。

 しかし父なる神様は、神に選ばれしユダヤ人たちを哀れみ、当時80歳になっていたモーセを神の預言者、指導者に任命して、神の民たちに奇跡的な御業を起こして助け、エジプトの支配から独立させて、新たな約束の地へと向かわせたのです。

 Jesus信仰は、何ものからも自由になれる恵みを体感できる唯一の道だと教え説くのです。

 しかし、エジプトの王ファラオがこれを妨害しようとしたので、父なる神様は、敵国エジプトに対して10もの大きな災難を与えたのでした。

 その10番目の災いが...エジプト人と、その家畜に至るまでの「すべての初子を病死させる」という天罰であったのです。

 その時、神と神の民たちに敵対し続けたエジプトは、国中のすべての赤ちゃんと生物の初子の生命も、取り去られたのでした。

 しかしその時、神は、戸口に子羊の血の印をつけた、神を信じるユダヤ人の家だけには、災いを臨ませないと、モーセに預言させたのです。

 このように、Jesus&Bibleのみことばに人生を賭けて信じる人に、災いなどあり得ないのです。胸に書き記して下さい。

 そして、この災いの過越こそが、ユダヤ人たちの『過越の祭り』の起源となったのです。

つまり、過越の祭りとは奴隷状態にあった、神の民たちのエジプト脱出を記念する祭りであり、神が敵対者・エジプト中の初子を取り去ったとき、仔羊の血を門口に塗ったユダヤ人(信仰者)の家だけは、災いを過ぎ越させたという故に、「過越の祭り」と名付けられたのです。

・使徒の働き12:11

『そのとき、使徒ペテロは言った。「今、確かにわかった。主は御使いを遣わして、敵・ヘロデの手から、また、すべての敵対者たちが待ち構えていたすべての災いから、私たちを救い出してくださったのだ。」』

 1節,このようにBibleは...Jesusの十字架上の身代わりの血潮と命を信じたあなたに、あらゆる災いや、死後の裁きも及ばなくなると、約束してくれます。

 Jesusを信じたあなたは、見えずとも、いつも、天の御使いたちから守られているので、Bibleを100%堅く信じ続けるのなら、やがて、あなたの苦難は人生の益になり変われるとも、教え説くのです。

 このように、Jesusの十字架のみことばを信じて、素直に従おうとするあなたには、ありとあらゆる災いは及びません。ただ、そう信じることが大切なのです。

 あなたの人生に現れる、Jesusからの幸運力と特別な援軍に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、ラザロの兄弟たちのように、素直に喜んでみことばに従い、また率先して、愛の奉仕ができるようにしてあげて下さい。

 そうすれば皆に、死からよみがえったラザロ兄弟たちのような、神の驚くべき報いや守護が与えられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「