• sgbc-devotion

ヨハネの福音書8:12

Jesus said

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2015年11月3日(火)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書8:12

12イエスはまた彼らに語って言われた。「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決して、闇の中を歩むことがなく、永遠のいのちの光を持つのです。」

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

・ヘブル人への手紙11:6

『信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。』

・第一コリントの手紙13:13

『こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。』

・第一テサロニケの手紙5:2~6

『主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。

人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。

ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。

しかし、兄弟姉妹たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。あなたがたはみな、光の子どもだからです。

私たちは、夜や暗やみの者ではありません。ですから、他の人々のように眠っていないで、霊の目をさまして、慎み深くしていましょう。』

・ヨハネの福音書1:12

『父なる神様は、この方イエスを受け入れた人々、すなわち、そのイエスの御名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。』

・エペソの手紙5:16

『みことばを機会を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。』

・ヨハネの福音書3:15

主イエスは言われた。『わたしを信じる者はみな、人の子イエスにあって永遠のいのちを持つのです。』

12節 (12イエスはまた彼らに語って言われた。「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決して、闇の中を歩むことがなく、永遠のいのちの光を持つのです。」)

 このようにBibleは、この世界は純粋な神信仰、人命、人心、隣人愛よりも、金持ち信仰、自国や自分たちの経済欲と自分勝手な名誉欲や派閥意識を大切に生きる悪い時代なので、永遠なる神の子とされたJesus信仰のあなたは、この世界の希望の光だと教え説きます。

 またBibleは...Jesusは、人生と死後の行く末を分からずに、ただ悪戯に生きるしかない、永遠の闇を持つ全人類に、人生と死後の行き先を教え導ける、唯一希望の光だと教え説くのです。

 聖書は...もし、あなたが日々のBible&メッセージに耳を傾けて生きられるのならば、人生でひどい倒れ方や失敗などあり得ないと、約束してくれます。あなたは、すでに光の子なのです。

・第一ヨハネの手紙1:5

『神は光であって、神のうちには暗いところが少しもない。』

 12節,そしてBibleは、Jesus信仰を持っているあなたの人生は、誰が何と言おうとも、この世界の貴重な希望の光だと、教え説きます。

 聖書だけでなく、数多くの社会学者たちは歴史を紐解くと、Bible&Jesusの真理に監督されてきたクリスチャンたちがいなければ、世界平和などなし得かったと、教え説いています。

 神の子とされた自分自身の尊さと可能性や清さに、気づいて生きることです。

 目を醒まして気づき、神の使命を握り締める人にだけ、神の光ある御業が圧倒的に照らし出されるからなのです。

 あなたには、ハッキリとした人生の使命がありますか?

・ヨハネの黙示録2:17

主は約束された。『耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう。』

 このように聖書は、個人プレイで神の使命を掴むだけではなく、神のカラダなるJesusの教会から語られる、神の国の使命を掴み取ることも重要だと教え説きます。

 あなたとあなたの関わるJesusの教会から与えられる、神が圧倒的に援護してくれる人生の使命に期待します。

・ルカの福音書11:35

『あなたのうちの光が、暗やみにならないように、気をつけなさい。』

・エペソの手紙5:8

『あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。ですから、光の子どもらしく歩みなさい。』

 12節,また聖書は...神の御子Jesusを味方につけられたあなたは、もうすでに、昨日までのあなたではないと、はっきり教え説きます。

 神の光を受けられるあなたは周囲に、神や人を信じる純粋な心の大切さと、神の清さと人を愛する心の尊さをそれぞれの生き様を通して表すことで、永遠なる希望の光を届けるために、神の子とされて生かされているのです。胸に書き記して下さい。

 そして聖書は、神の子とされたあなたは、日々のみことばの光を身につけて、信仰の胸当てをつけ、Jesusを信じて生きていけば、いいだけだと、シンプルに教え説いているのです。

 あなたは、人生を自分本位の思考や、周囲に影響されて考え過ぎてしまい、かえって、人生を難しく退屈で、困難なものにしていませんか?

 もう、人生を難しく考えることをやめて、みことばの光を追い求めて生きれば、いいだけなのです。

 日々あなたに与えられる、永遠の光に満ちたBible&メッセージからの聖霊力の糧に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆の霊の目を開き、それぞれを神の光の子であることを自覚させて、日々のBible&メッセージを蓄えて、出来るだけ多く、表現して生きられるように、助け導いてあげて下さい。

 そうすれば、皆の人生から負の闇が出ていき、神の永遠なる希望に満ちた光ある人生に、パラダイムシフトできるからです!

 主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.