• sgbc-devotion

ヨハネの福音書8:3~11

Jesus said

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2015年11月2日(月)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書8:3~11

3すると、律法学者とパリサイ人が、姦淫の場で捕らえられたひとりの女を連れて来て、真ん中に置いてから、

4イエスに言った。「先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。

5モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。ところで、あなたは何と言われますか。」

6彼らはイエスをためしてこう言ったのである。それは、イエスを告発する理由を得るためであった。しかし、イエスは身をかがめて、指で地面に書いておられた。

7けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、イエスは身を起こして言われた。「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」

8そしてイエスは、もう一度身をかがめて、地面に書かれた。

9彼らはそれを聞くと、年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行き、イエスがひとり残された。女はそのままそこにいた。

10イエスは身を起こして、その女に言われた。「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。」

11彼女は言った。「だれもいません。」そこで、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。」

[聖句メッセージ]

・出エジプト記20:14,17

主は言われた。『姦淫してはならない。あなたの隣人の家を欲しがってはならない。すなわち隣人の妻、あるいは、その使用人、牛、ろば、すべてあなたの隣人のものを、欲しがってはならない。』

・エレミヤ書13:27

主は言われた。『あなたの姦淫、あなたのいななき、あなたの淫行のわざ――この忌むべき行いを、わたしは、丘の上や野原で見た。ああ。神の民たちよ。あなたは、いつまでたっても、きよめられないのか。』

・エゼキエル書16:15~16

『あなたは、自分の美しさに拠り頼み、自分の名声を利用して姦淫を行い、通りかかる人があれば、だれにでも身を任せるように姦淫をした。あなたはまた、自分の衣服のいくらかを取り出して、自分のために、まだらに色どった高き所を造り、その上で姦淫を行った。こんな事は、あってはならないことだ。』

3~4節 (3すると、律法学者とパリサイ人が、姦淫の場で捕らえられたひとりの女を連れて来て、真ん中に置いてから、4イエスに言った。「先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。)

 このようにBibleは...あなたの創造主なる神様は、行き過ぎた自由恋愛(フリーセックス)や不倫などによる姦淫は、聖なる結婚と子孫繁栄の神秘を汚す行為となり、何よりの大罪であると教え説きます。

 聖書はこの国の状況や現実がどうであれ、こういう思考と生活習慣は、必ず、いつか神を敵に回すと教え説くのです。胸に書き記して下さい。

 今や、世界常識である一夫一婦制の結婚制度は、実はBibleの真理から始まった制度なのです。

 あなたは、結婚を前提としない行き過ぎた自由恋愛や子孫繁栄を拒むフリーセックスの実情をどう思われますか?

 Bible&Jesusは、それらは、人生で最も醜い大罪であり、そういう社会では、愛に満ちた結婚生活や健康的な家族関係を築くことが困難だと忠告しているのです。

 また聖書とは、愛に満ちた異性愛と絆深い結婚生活のあり方を教え諭す愛の取り扱い説明書でもあり、健康的な家族関係を築くのに必要な知恵が書かれた、神からの贈り物になります。

 聖書からLOVEを学び蓄えて、愛に冷えた社会に傷付いた仲間たちに、真の愛を表して癒してあげたり、健康的な家族&友愛関係を築く模範を示してあげて下さい。

 あなたの人間関係を通して現れる、情熱的な真の愛に期待します。

5節 (5モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。ところで、あなたは何と言われますか。)

 この時Jesusのもとに、不倫の現場を取り押さえられた1人の女性が連れて来られました。

 当時の法律は、神の御前で一生涯の愛を誓い合った伴侶を裏切る不倫(姦淫)は、不貞の罪を犯すことになり、石打ちの死刑に相当していたのです。

6節 (6彼らはイエスをためしてこう言ったのである。それは、イエスを告発する理由を得るためであった。しかし、イエスは身をかがめて、指で地面に書いておられた。)

 しかし、この姦淫を犯した女性を連れて来た男たちは、Jesusを罠にかける為にだけ、連れて来たのでした。

 彼らは、Jesusは、いつも人を許すように教え説いているから、きっと、彼女をかばう為に神のみことばや法律を曲げる罪を犯すに違いないと、罠にかけたのでした。

 あなたは周囲の許せない人々に報復することを考えたり、誰かをおとしめるようなことを考えることはありませんか?

・ローマ信徒への手紙12:19~21

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする、と主は言われる。」もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。』

 しかしBibleは、他人に報復することや他人をおとしめようとする人は、神を味方にできず、かえって、問題が大きくなるので、Jesusに報復は祈り任せなさいと、教え説くのです。

 あなたの神様は、ご自分の御子Jesusの十字架に頼るあなたの絶対的な味方です。だから安心して、すべての人間関係の問題を祈り任せればいいのです。

・ヨハネの黙示録22:18~19

『わたしは、この聖書の預言のみことばを聞くすべての者にあかしする。もし、みことばにつけ加える者があれば、神はこの聖書に書いてある災害をその人に加えられる。この聖書のみことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この聖書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。』

7~8節 (7けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、イエスは身を起こして言われた。「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」8そしてイエスは、もう一度身をかがめて、地面に書かれた。)

 しかしJesusは神のみことばに背くことは絶対に語らず,またご自分を罠にかけようとしていた相手にも怒らず,地面に何かを書くそぶりをしながら,以下のように語られたのです。

 「よし、わかった。では、あなたがたのうちで、自分は完全な人生を歩んでいると自信のある者で、全く罪のない者が石打ちの処刑をすればいい。よく考えてみなさい。」と語られたのです。

9節 (9彼らはそれを聞くと、年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行き、イエスがひとり残された。女はそのままそこにいた。)

 するとJesusのみことばを聞かされた人々は、誰も、姦淫の過ちを犯した女性を裁けなくなり、一人ずつ、自らの罪悪感を思い出しながら、石を置いて去って行ったのです。

・ローマ信徒への手紙3:10

『義人はいない。ひとりもいない。』

 このようにBibleは、人は皆、不完全で過ちを犯しやすく、誰もが心霊に罪悪をあわせ持っていると教え説きます。

 不完全な人間が、他人を完全に正しく裁くことなど、不可能だと教え説くのです。

 あなたは自分の事はさておき、周囲の人を裁き過ぎたり過小評価しすぎる事はありませんか?

 聖書は、人は皆、所詮不完全であり、大差などないと教え説いているのです。

胸に書き記して下さい。

・第一サムエル記16:9

『主は仰せられた。「わたしは人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る。」』

・マタイの福音書3:8

『悔い改めにふさわしい実を結びなさい。』

10~11節 (10イエスは身を起こして、その女に言われた。「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。」11彼女は言った。「だれもいません。」そこで、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。」)

 そして、Jesusは不倫の過ちを犯してしまい、心から後悔して、反省していた女性の心を見抜いて、優しく語られました。

 「婦人よ。さあ、行きなさい。もう二度と同じ過ち、不倫などは犯してはなりません」

 このようにBibleは、人は皆、他人の過去の過ちや罪を振り返って評価しがちだが、あなたの神様は人の真心を見て判定したり、悔い改めるのならば、何度でもチャンスを与えられるお方だと、教え説きます。

 Jesusの十字架力は信じるあなたに永遠のチャンスを与えられるのです。あなたに与えられる、Jesusからの永遠なるチャンスに期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&メッセージから真の愛力を養い、蓄えさせて下さい。

 そうすれば、皆の家族関係と異性&友愛関係が健康的なものとなれるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「