• sgbc-devotion

ヨハネの福音書7:45~53

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年10月31日(土)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書7:45~53

45それから役人たちは祭司長、パリサイ人たちのもとに帰って来た。彼らは役人たちに言った。「なぜあの人を連れて来なかったのか。」

46役人たちは答えた。「あの人が話すように話した人は、いまだかつてありません。」

47すると、パリサイ人が答えた。「おまえたちも惑わされているのか。

48議員とかパリサイ人のうちで、だれかイエスを信じた者があったか。

49だが、律法を知らないこの群衆は、のろわれている。」

50彼らのうちのひとりで、イエスのもとに来たことのあるニコデモが彼らに言った。

51「私たちの律法では、まずその人から直接聞き、その人が何をしているのか知ったうえでなければ、判決を下さないのではないか。」

52彼らは答えて言った。「あなたもガリラヤの出身なのか。調べてみなさい。ガリラヤから預言者は起こらない。」

53*〔そして人々はそれぞれ家に帰った。〕

[聖句メッセージ]

 本日でヨハネの福音書7章は終わりです。

・ヨハネの福音書7:31~32

『群衆の多くはイエスを信じていた。すると、パリサイ人の議員たちは、群衆がイエスについてのひそひそ話しているのを耳にした。それで祭司長、パリサイ人たちは、無実のイエスを捕らえようとして、役人たちを遣わした。』

45~48節 (45それから役人たちは祭司長、パリサイ人たちのもとに帰って来た。彼らは役人たちに言った。「なぜあの人を連れて来なかったのか。」46役人たちは答えた。「あの人が話すように話した人は、いまだかつてありません。」47すると、パリサイ人が答えた。「おまえたちも惑わされているのか。48議員とかパリサイ人のうちで、だれかイエスを信じた者があったか。)

 このようにユダヤ人の権力者たちは、群衆たちが、Jesusは本物の神の御子キリスト(救い主)であると認めるようになると、自分たちの立場がなくなることを恐れて嫉妬した為に、無実のJesusを罠に陥れて逮捕しようと、役人たちを遣わしました。

 しかし役人たちは、Jesusのみことばの正しさを認めざるを得なくなって、結局、逮捕できずに引き返してきたのです。

 このようにBible&Jesusのみことばは、世界人類の真理を教え説いているので、誰も否定できないと教え説きます。あなたはBibleを一つの宗教として考えるような過ちを犯していませんか?Bible&Jesusのみことばは、現在でも世界一影響力のある真理と言われており、世界一権威のある書物と言われいることを忘れないことです。

・第二テモテの手紙3:16

『聖書はすべて、神の霊感により書かれたもので、人生の教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益なのです。』

 聖書とは、最初から最後まで、唯一、聖霊により書かれた神の御力を秘めた書物なのです。

 信じる者たちだけが、神の奇跡と救いを手に入れられます。

・ヨハネの福音書3:18~21

『御子イエスを信じる者は、父なる神にさばかれない。信じない者は神のひとり子イエスの御名を信じなかったので、すでにさばかれている。

そのさばきというのは、こうである。光が世に来ているのに、人々は光よりもやみを愛した。その行いが悪かったからである。悪いことをする者は光を憎み、その行いが明るみに出されることを恐れて、光のほうに来ない。しかし、真理を行う者は、神の光のほうに来る。』

47~49節 (47すると、パリサイ人が答えた。「おまえたちも惑わされているのか。48議員とかパリサイ人のうちで、だれかイエスを信じた者があったか。49だが、律法を知らないこの群衆は、のろわれている。」)

 そしてBibleは、当時のユダヤ人権力者たちはワイロと汚職まみれであった為に、Jesusの正しいメッセージを聞かされると、自分たちの人生の罪悪と過ちが明るみに出ることを恐れてしまい、Jesusを無視して、罠に陥れようとしたと教え説きます。

 彼らは、今までの罪悪に満ちた生活習慣を悔い改めることを嫌がった為に、Jesusとその仲間たちに反抗するしかなかったのです。

 あなたはBibleのみことばを読む時、自らの人生や思考があまりにズレていると気づいてしまい、真の愛と真理を知ることを恐れて、JesusやJesusFamilyたちに反抗するようはことはありませんか?

 ユダヤ人権力者たちのような、人生と死後に大きな誤算を生まぬように気をつけることです。

 Bible&Jesusに反抗しては、永遠なる人生は成り立たないからです。

・ヨハネの福音書3:1~2

『パリサイ人の中にニコデモという人がいた。ユダヤ人議員の指導者であった。この人が、夜、イエスのもとに来て言った。「先生。私たちは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神がともにおられるのでなければ、あなたがなさるこのようなしるしは、だれも行うことができません。」

50~53節 (50彼らのうちのひとりで、イエスのもとに来たことのあるニコデモが彼らに言った。51「私たちの律法では、まずその人から直接聞き、その人が何をしているのか知ったうえでなければ、判決を下さないのではないか。」52彼らは答えて言った。「あなたもガリラヤの出身なのか。調べてみなさい。ガリラヤから預言者は起こらない。」53*〔そして人々はそれぞれ家に帰った。〕)

 しかし、ニコデモという人は議員でありましたが、Bible&Jesusのみことばから自らの人生の非を認める勇気と謙遜さを捨てずに,永遠の悔いなき人生を築こうと改めたのです。

 そしてニコデモは、たった一人で、愛に冷えていた汚職議員たちと対立したのです。

 ニコデモは、現在でもカトリックでは聖人と数えられており、世界中の信仰の英雄として、永遠なる名誉を手に入れた人です。

 神の真理と愛に生きようとする者は、永遠に報われるのです。

・エレミヤ書1:7~8

『すると、主は仰せられた。「まだ若い、早いと言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべての真理を語れ。彼らの顔を恐れるな。わたしはあなたとともにいて、あなたを救い出すからだ。」』

・第二列王記6:16

『恐れるな。あなたとともにいる天の群勢たちは、彼らとともにいる仲間たちよりも多いのだから。』

 あなたの周囲に、誰もが認めるような罪深い人はいませんか?

 また、人間の罪悪や過ちに満ちていて、他人に害を与えており、明らかに危ないと感じるような人はいませんか?

 あなたは、そういう人たちに真理や愛の大切さを教え伝える使命の為にも選ばれたのです。

 そういう人たちを無視したり、恐れ過ぎずに、祈り備えて下さい。

 あなたが、過ちと罪悪に満ちた人々を悔い改めさせる愛と勇気が与えられ、神の群勢に助けられながら、一人でも多く悔い改めに導けることを期待します。その使命に生きようとする人たちだけが、神の群勢と奇跡を手に入れられるからです。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆が聖霊に満たされていき、ニコデモのように神の使命と愛の為に生きられるように助け導いて下さい。

 そうすれば皆、神の国の群勢の助けや数多くの奇跡を手に入れられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「