• sgbc-devotion

ヨハネの福音書7:25~26

Jesus said

「あなたの信じた通りになるように」「何も思い煩わなくてもいい」「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2015年10月26日(月)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書7:25~26

25そこで、エルサレムのある人たちが言った。「この人イエスは、議員たちが殺そうとしている人ではないか。

26見なさい。この人は公然と語っているのに、彼らはこの人に何も言えない。議員たちは、この人がキリストであることを、ほんとうに知ったのだろうか。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

・マルコの福音書7:6~8

『イエスは彼らに言われた。「イザヤはあなたがた偽善者について預言をして、こう書いているが、まさにそのとおりです。「この民は、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。彼らが、わたしを拝んでも、むだなことである。人間の常識や教えを、教えとして教えているだけだから。」あなたがたは、神の戒めを捨てて、人間の言い伝えを堅く守っている。」

・マタイの福音書3:7~8

『パリサイ人や律法学者たちが大ぜい洗礼を受けに来るのを見たとき、預言者ヨハネは彼らに言った。「まむしのすえたち。だれが必ず来る、神の御怒りをのがれるように教えたのか。それなら、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。」』

25節 (25そこで、エルサレムのある人たちが言った。「この人イエスは、議員たちが殺そうとしている人ではないか。)

 このようにJesusやその弟子たちは、ユダヤ人の律法学者や国会議員(パリサイ人)たちに、神のみことばによる本音と真理を語って戒めた為、彼らから目をつけられて、命を狙われました。

 あなたは大切な仲間たちの人生と死後の徳を高めてあげる為に、本気でBible&Jesusからの救いや真理を教え伝えようとしていますか?Jesusは...これこそが天国行きの内定を受けたあなたの人生の第一の使命だと、教え説いているからです。

 また、あなたはJesusや弟子たちのように正しい真理を語って、あなたの徳を高めようとしてくれる仲間たちよりも、口先ばかりで歩調を合わせてくる似た者意識の人々を大切にし過ぎていませんか?

・ローマ信徒への手紙12:11

『聖書はこう言っています。「イエスに信頼する者は、失望させられることがない。」』

・ヨハネの福音書15:14

主イエスは言った。『わたしがあなたがたに命じるみことばをあなたがたが行うなら、あなたがたはわたしの友です。もう、しもべとは呼びません。』

 聖書は、もし、あなたがJesusとJesusのみことばの通り良き管に徹する「神の友」に信頼できるのならば、決して、人生に失望することなどあり得ないとまで、約束しています。

 あなたに与えられる、神が認めるほどの永遠なる親友関係に期待します。

・第一コリントの手紙15:33

『思い違いをしてはいけません。友だちが悪ければ、神の祝福と良い習慣がそこなわれます。目をさまして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。神と人生についての正しい知識を持っていない人たちがいるからです。私はあなたがたをはずかしめるために、こう言っているのです。』

・第一テサロニケの手紙5:11

『ですから、あなたがたはみことばの通りに、互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい。』

・ヨハネの福音書13:34

主イエスは言った。『あなたがたに新しい戒めを与えましょう。教会では互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。』

 25節,このように人は皆、ただの似た者同士で集まっては傷や罪悪を舐め合ったり、周囲の人々を自分の為にだけ利用しようとする二面性もあるので、Bibleから周囲の仲間たちの本質を見極めながら付き合うことが、大切だと教え説くのです。

 あなたの関わる教会と周囲の仲間たちは、ただの似た者同士だけではなく、人生の使命と徳を高められる真の友愛関係ですか?

 Bibleとは永遠なる友愛を築く為の愛の書物(バイブル)でもあります。ぜひ活用して、神の奇跡と祝福を呼び込める友愛関係を築いて下さい。

・第二テモテの手紙3:16

『聖書はすべて、神の霊感によるもので、人生の教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。』

・ヤコブの手紙2:26

『たましいを離れたからだが、死んだものであるのと同様に、行いのない信仰は、死んでいるのです。』

26節 (26見なさい。この人は公然と語っているのに、彼らはこの人に何も言えない。議員たちは、この人がキリストであることを、ほんとうに知ったのだろうか。)

 そして、ユダヤ人の議員たちと律法学者たちは行いのない死んだ信仰であったのと、Jesusのみことばと真理があまりに正しかった為に、何も言い返せず、プライドが邪魔して悔い改められずに、ただ、Jesusたちを無視して殺そうとするしか手がなくなったのです。

・ヤコブの手紙3:16

『ねたみや敵対心のあるところには、秩序の乱れや、あらゆる邪悪な行いがあるものです。』

・ヤコブの手紙4:4

『世を愛することは神に敵することであることがわからないのですか。世の友となりたいと思ったら、その人は自分を神の敵としているのです。』

 あなたはBible&Jesusのみことばと神の愛を教え勧められる時、教える人の態度を気にし過ぎたり、必要以上の利己心やプライドが邪魔して素直になれず、かえって、神を敵に回すようなことをしていませんか?人ではなく、神のみことばだけを追いかけることが重要なのです。

 あなたに永遠なる神の味方と尽きぬ幸運を引き出せる、真の賢さと素直さが与えられるように祈ります。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆の霊の目を開いて、Bible&Jesusから永遠なる真理と真の愛を吸収させて下さい。そして皆が、必要以上の利己心とプライドから解放されて、素直な神の通り良き管となれるように助け導いて下さい。

 そうすれば皆に、神の永遠なる後ろ盾と奇跡が任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.