• sgbc-devotion

ヨハネの福音書7:10~13

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年10月22日(木)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書7:10~13

10しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。

11ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。

12そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「違う。群衆を惑わしているのだ」と言う者もいた。

13しかし、ユダヤ人たちを恐れたため、イエスについて公然と語る者はひとりもいなかった。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

10~13節 (10しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。11ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。12そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「違う。群衆を惑わしているのだ」と言う者もいた。13しかし、ユダヤ人たちを恐れたため、イエスについて公然と語る者はひとりもいなかった。)

 Jesusは、聖地エルサレムで父なる神様を礼拝して祝う「仮庵の祭り」があった為、ご自分が命を狙われていると知りながらも、大切な礼拝イベントであった為、誰にも公表されませんでしたが内密に参加なされました。

 このようにJesusは、神を祝う礼拝は何よりも大切な人生のイベントであると、教え説いたのです。聖書は、あなたの永遠なる人生の本番は、肉体の終わりから神の国に連れて行かれて、本格的に始まるとハッキリ教え説いています。神の国と神礼拝の重要性を再確認することです。

・マタイの福音書22:37~38

『イエスは言われた。「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」これが人生で一番大切な戒めです。』

・イザヤ書58:13~14

『主の聖日礼拝を「はえある日」と呼び、これを尊んで旅をせず、自分の好むことを求めず、むだ口を慎んで礼拝する時、あなたがたは主をあなたの喜びとしよう。「そうすれば、わたしはあなたに地の高い所を踏み行かせ、あなたのゆずりの地であなたを養おう」と主の御口が語られたからである。』

 10~13節,そしてBibleは人生で何よりも大切なのは、心、思い、知力を尽くして、主なる神様を愛して礼拝することだと、教え説きます。

 あなたは聖日礼拝をご利益宗教程度に考えてしまい、行っても行かなくても大差はないと、考えたことがありませんか?

 しかしBibleは何よりも神を愛して、子どものように真心から礼拝を大切にする者たちが、神の百倍の報いと奇跡を手に入れられ、そういうひとは、永遠に報われると約束するのです。胸に書き記して下さい。

・マタイの福音書10:16~17

主イエスは言われた。『いいですか。わたしが、あなたがたを遣わすのは、狼の中に羊を送り出すようなものです。ですから、蛇のようにさとく、鳩のようにすなおでありなさい。人々には用心しなさい。彼らはあなたがたを裏切って議会に引き渡し、会堂でむち打ちますから。』

 10~13節,またBibleは、どんなにあなたが愛そうとしても、また、どんなに心を込めてJesusのみことばや救いを伝えようとも、全く通じない霊的無知な反抗的な人たちには、適度な距離を置いて付き合うように、また、深入りし過ぎなくていいと、教え勧めます。

 あなたは真理に反抗的な人々を何とかしようとし過ぎて、かえって、人間関係のトラブルを大きくしたことはありませんか?

 Jesusといえども、そういう霊的無知で反抗的な人々や攻撃的な人々の前では、全く神の奇跡を起こさず、直接的なみことばは避けて、たとえ話でしか語ろうとしなかったのです。

 世界人類の人生の模範者Jesusから、人間関係の在り方、祝福の術を学ぶことです。

・使徒の働き18:6

『彼らが反抗して暴言を吐いてきたので、パウロは着物を振り払って、「あなたがたの血は、あなたがたの頭上にふりかかれ。私は言うべきみことばは伝えたので、もう責任はない。今から私は神を知らない異邦人のほうに行く」と言った。』

 このように使徒パウロも、いくら真理と愛を注いでも、全く目の醒めない人々には見切りをつけて、新しい仲間たちを探して、救い導くことを選択していました。

 そして使徒パウロは、その後、信じられないほど多くの人々の愛と救いを獲得できたのです。

 あなたは真理を受け入れない人間関係に合わせ過ぎて振り回されたり、逆に縛られ、かえって、神の奇跡や人間関係の恵みの可能性を多く手放していませんか?

 Bibleから、どういう人間関係が神の祝福と永遠なる幸福を生み出せるのか、Jesusと使徒パウロの人間関係から学ぶことです。

 あなたに神からの使命と真の夢を共有できる、Jesusの愛と永遠なる幸福感に満ちた人間関係を築けるように祈ります。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆の霊の目を開き、何よりも神を愛して礼拝できるSpiritを増し加えて下さい。そして皆が、Bible&Jesusから神の知恵を頂き、真の愛と永遠なる幸福に満ちた最高な人間関係を形成できるように助け導いて下さい。

 そうすれば皆の人生と人間関係で、神の大いなる奇跡と永遠の家族&親友関係を築けるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「