• sgbc-devotion

ヨハネの福音書6:41~51

GOD said

『あなたは癒された』

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい』

『神は愛です』

『主のしもべは栄える』

2015年10月18日(日)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書6:41~51

41ユダヤ人たちは、イエスが「わたしは天から下って来たパンである」と言われたので、イエスについてつぶやいた。

42彼らは言った。「あれはヨセフの子で、われわれはその父も母も知っている、そのイエスではないか。どうしていま彼は『わたしは天から下って来た』と言うのか。」

43イエスは彼らに答えて言われた。「互いにつぶやくのはやめなさい。

44わたしを遣わした父が引き寄せられないかぎり、だれもわたしのところに来ることはできません。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。

45預言者の書に、『そして、彼らはみな神によって教えられる』と書かれていますが、父から聞いて学んだ者はみな、わたしのところに来ます。

46だれも父を見た者はありません。ただ神から出た者、すなわち、この者だけが、父を見たのです。

47まことに、まことに、あなたがたに告げます。信じる者は永遠のいのちを持ちます。

48わたしはいのちのパンです。

49あなたがたの父祖たちは荒野でマナを食べたが、死にました。

50しかし、これは天から下って来たパンで、それを食べると死ぬことがないのです。

51わたしは、天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きます。またわたしが与えようとするパンは、世のいのちのための、わたしの肉です。」

[聖句メッセージ]

・民数記11:1

『神の民はひどく不平を鳴らして主につぶやいた。すると、主はこれを聞いて怒りを燃やし、主の火が彼らに向かって燃え上がった。』

・哀歌3:39

『生きている人間はなぜ不満をつぶやくのか。自分自身が罪深いからだろう。』

41節 (41ユダヤ人たちは、イエスが「わたしは天から下って来たパンである」と言われたので、イエスについてつぶやいた。)

 このように聖書は...Bible&Jesusからのみことばの永遠なる救い、人生での恵みの約束と祝福の預言を聞いた人々が、それを信じようとせずに、自分本位の不平不満を言い過ぎると、結果、神に敵対することになり、多くの損益や災いを招くことにもなると、忠告しています。

 あなたは、日々のBible&メッセージからみことばの約束と祝福を聞かされたのに、イマイチ信じ切れず、不信仰や不平を態度や言葉で表すことはありませんか?

 Bible&メッセージを真心から信じ続ける者たちだけが数多く報われ、神への二枚舌「偽りのアーメン」ばかりだと、災いのもとともなるのです。あなたのJesusは、絶対に期待を裏切らないお方。胸に書き記して下さい。

・ヨハネの福音書4:4

『イエスご自身が、「預言者は自分の故郷では尊ばれない」と証言しておられたからである。』

41~42節 (41ユダヤ人たちは、イエスが「わたしは天から下って来たパンである」と言われたので、イエスについてつぶやいた。42彼らは言った。「あれはヨセフの子で、われわれはその父も母も知っている、そのイエスではないか。どうしていま彼は『わたしは天から下って来た』と言うのか。」)

 Bibleは、Jesusだけが神の実子であり、世界人類の救い主で、永遠なる命のパン(糧)だと教え説きます。

 人は皆、不完全なので、Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護がなければ、神の子と認められて、天国に行くことなど不可能であり、永遠なる人生などあり得ないと、教え説くのです。

 あなたは、神の御子Jesusの身代わりの死と弁護なしで、天国に行けるなどと、根拠のない甘い考えをしたことはありませんか?

 もしあるのなら、そんな根拠のない考えや永遠を賭けたギャンブルだけは避けることです。

 人は皆、所詮、不完全であり、死後について無知だからです。

42~43節 (42彼らは言った。「あれはヨセフの子で、われわれはその父も母も知っている、そのイエスではないか。どうしていま彼は『わたしは天から下って来た』と言うのか。」43イエスは彼らに答えて言われた。「互いにつぶやくのはやめなさい。)

 しかしJesusの生まれ故郷の人々は、Jesusの生い立ちをよく知っており、まだ30歳位のJesusが神の救い主だと聞いて嫉妬した為に、周囲のクリスチャンたちの証しや、みことばを信じきれずに、不平不満をつぶやいて反抗したのです。

 そして彼らは、神の救いや奇跡を逃す羽目となり、2000年経った現在でも、無知で愚かな人々として、永遠なるレッテルと汚名を残してしまいました。

 あなたは、Bible&Jesusのみことばや証しを語る教会のJesusFamilyたちを軽視したり、時には比較し過ぎて妬んでしまったりなどして、神のみことばや忠告を聞き流したり、かえって、反抗してしまうことはありませんか?

 Jesusの生まれ故郷の人々のように、大きな過ちや損益を起こさないように、目を醒ますことです。

・第一コリントの手紙1:21

『事実、この世の人々が自分の知恵によって神を知ることができないのは、神の知恵とご計画によるのです。それゆえ、神はみこころによって、人間の語る宣教のことばの愚かさを通して、信じる者を救おうと定められたのです。』

43~45節 (43イエスは彼らに答えて言われた。「互いにつぶやくのはやめなさい。44わたしを遣わした父が引き寄せられないかぎり、だれもわたしのところに来ることはできません。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。45預言者の書に、『そして、彼らはみな神によって教えられる』と書かれていますが、父から聞いて学んだ者はみな、わたしのところに来ます。)

 しかし、このように聖書は、誰がみことばを語ろうとも、真心から正しく語られるみことばや証しには、神の知恵と真理が隠されていると、ハッキリ教え説きます。

 あなたの神様は、牧師(聖職者)だけではなく、時々、JesusFamilyたちからのみことばと証しを通しても、あなたに神の知恵とご計画を語られることもあるのです。

 あなたに教会の聖職者とJesusFamilyから語られる、神の知恵とご計画に期待します。

・マタイの福音書1:22~23

『すべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。「見よ、処女マリアがみごもっている。そして、男の子を産む。その名はイエス(インマヌエル)と呼ばれる。」』

・マタイの福音書2:4~6

『王は、民の祭司長たち、学者たちをみな集めて、キリストはどこで生まれるのかと問いただした。彼らは王に言った。「ユダヤのベツレヘムです。聖書の預言者によってこう書かれているからです。「ユダの地、ベツレヘム。あなたはユダを治める者たちの中で、決して一番小さくはない。神の民イスラエルを治める支配者が、あなたから出るのだから。」」

 またBibleは、神の御子で世界人類の救い主キリストの条件を満たして生まれて来たのは、Jesusしかいなかったと、ハッキリ教え説きます。あなたのJesusとBibleのみことばだけは、あなたを永遠に裏切ることがないのです。

・ヨハネの福音書3:18

『御子イエスを信じる者はさばかれない。しかし、信じない者は神のひとり子イエスの御名を信じなかったので、すでにさばかれている。』

・ローマ信徒への手紙8:1~2

『こういうわけで、今は、キリスト・イエスを信じる者が罪に定められることは決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、人間の罪と死の原理から、あなたを解放したからです。』

46~51節 (46だれも父を見た者はありません。ただ神から出た者、すなわち、この者だけが、父を見たのです。47まことに、まことに、あなたがたに告げます。信じる者は永遠のいのちを持ちます。48わたしはいのちのパンです。49あなたがたの父祖たちは荒野でマナを食べたが、死にました。50しかし、これは天から下って来たパンで、それを食べると死ぬことがないのです。51わたしは、天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きます。またわたしが与えようとするパンは、世のいのちのための、わたしの肉です。」)

 そしてBibleは、Jesus信仰のみことばとは、神からの心霊のパン(食物)であり、みことばを信じて告白することで消化されていき、結果として、永遠の命を生み出せると約束しています。

 人は皆、Bibleから自らの罪悪と過ちを省みて告白して、Jesusの十字架のみことばを信じて、祈れれば、永遠なる神の赦しと尽きることのない命を受けられるのです。

 Jesusを通してあなたに与えられる、永遠なる生命力と幸福感に期待します。Amen

(祈り)

 主なる神様、皆の霊の目を開いて、日々のBible&メッセージや、教会のJesusFamilyたちから語られる、みことばや証しを素直に受け入れられるように助け導いてあげて下さい。

 そうすれば皆、永遠なる生命力と神の知恵とインスピレーションを強められるからです!主イエスのお名前で、祈ります。AMEN!!!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.