• sgbc-devotion

ヨハネの福音書6:38~40

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年10月17日(土)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書6:38~40

38わたしが天から下って来たのは、自分のこころを行うためではなく、わたしを遣わした方のみこころを行うためです。

39わたしを遣わした方のみこころは、わたしに与えてくださったすべての者を、わたしがひとりも失うことなく、ひとりひとりを終わりの日によみがえらせることです。

40事実、わたしの父のみこころは、子を見て信じる者がみな永遠のいのちを持つことです。わたしはその人たちをひとりひとり終わりの日によみがえらせます。」

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

・ルカの福音書1:35

『天の御使いは、マリアに答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き神の力があなたをおおいます。それゆえ、あなたから生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれるのです。」』

・マタイの福音書28:18

『イエスは、こう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの神の権威が与えられています。」』

38節 (38わたしが天から下って来たのは、自分のこころを行うためではなく、わたしを遣わした方のみこころを行うためです。)

 このようにBibleは、マリアから生まれたJesusこそが、この世界で唯一、創造主なる神様の実子だと教え説きます。

 そして聖書はJesusだけが、この世界の創造主なる神様の後継ぎであり、天地万物の主権者だと教え説くのです。胸に書き記して下さい。

・ヨハネの福音書3:13~18

『天から下った者がいます。すなわち人の子イエスです。昔、モーセが荒野で蛇を上げた時、死んだ人が生き返ったように、人の子イエスもまた、十字架に上げられなければなりません。それは、信じる者がみな、人の子イエスにあって永遠のいのちを持つためです。神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子イエスを信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子イエスによって世が救われるためである。だから、御子を信じる者はさばかれない。しかし、信じない者は神のひとり子イエスの御名を信じなかったので、すでにさばかれている。』

39節 (39わたしを遣わした方のみこころは、わたしに与えてくださったすべての者を、わたしがひとりも失うことなく、ひとりひとりを終わりの日によみがえらせることです。)

 そしてBibleは...神の御心に反して、人間が身勝手な貪欲と何でもありの罪悪に満ちた社会を築いてきた為に、神の裁きを受けるしかなかったこの世界を神は哀れみ、ご自分の御子Jesusを送り、全人類に悔い改めるチャンスを与えられたのだと、教え説きます。

 Bibleで創造主なる神様は、この世界で一番大切なのは、この世界の主権者である父なる神を敬愛することにより、自分自身を低く省みる謙遜さであり、隣人を自分のように思いやる愛であると、教え説きます。あなたは、その謙遜さと隣人愛を大切に生きられていますか?

 しかしBibleは...この世界の実状は、神よりも金(経済)と権力、隣人愛よりも身勝手な欲望(快楽)を大切に愛し過ぎている為に、魂の滅びと見えない敵の罪悪にまみれてしまっていると、教え説くのです。

 あなたの人生は、罪悪や過ちなどなく、完全に潔白だと言い切れますか?

 それとも、自分の人生は完全ではないし、死後の行き先もはっきりしないので、神の赦しと死後の救いが必要だと思えますか?

 聖書は、もし、あなたの人生が完全でないのなら、いつも、神の御子Jesusの十字架の身代わりの死を信じて祈れれば、神の赦しと永遠なる救いを受けられると、約束してくれます。

 Jesusはあなたを弁護して救う為に、十字架につけられて死なれたのです。Jesusを信じる者は、ただそれだけで、永遠の命を受けられます。

・ヘブル人への手紙9:26~28

『しかしキリストは、ただ一度、今の世の終わりに、ご自身の命をいけにえとして、人間の罪を取り除くために、来られたのです。そして、人間には、一度死ぬことと死後に神のさばきを受けることが定まっているように、イエスキリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身の命を十字架上でささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の永遠の救いのために来られるのです。』

・ヨハネの福音書11:25~26

『イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。永遠のいのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きられるのです。また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。」

・マルコの福音書2:10

『人の子イエスだけが、地上で人の罪を赦す権威を持っている。』

40節 (40事実、わたしの父のみこころは、子を見て信じる者がみな永遠のいのちを持つことです。わたしはその人たちをひとりひとり終わりの日によみがえらせます。)

 このようにBibleは、神の御子Jesusの弁護と身代わりの死を信じて救われた、あなたの人生は、もはや、永遠に移されていると約束してくれます。

 それなのにあなたは、肉体の人生が全てだと焦り過ぎたり、考え過ぎて苦しんでいませんか?

 人間には、肉体だけでなく、心霊(霊魂)があります。聖書は、Jesusを信じていれば、その霊魂を永遠に治められる新たな人生とカラダが与えられると、ハッキリ教え説いているのです。

 またBibleは...Jesusに救われたあなたは、肉体の死後、すぐに神の都「パラダイス」に移されて、死と苦しみから解放されて幸福を掴み取れると教え説いており、そして、この世の終末には、神様や天使たちと同様の新しい永遠なるカラダが与えられて、神の御国に永住できるとも、約束しているのです。胸に書き記して下さい。

 いまのあなたの肉体は、やがて朽ちていくものですが、あなたの心霊(霊魂)はもはや永遠なのです。だから、Bible&メッセージで、あなたの人生と心を大切に守ることが重要なのです。

 あなたに与えられる、永遠に役立つみことばとJesusからの永遠なる生命力に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、Bible&Jesusのみことばから永遠なる生命力と神の国の希望を悟らせて下さい。

 そうすれば皆の人生に、神の奇跡と尽きぬ感動が現れ出すからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「