• sgbc-devotion

ヨハネの福音書4:46~54

Jesus said

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2015年10月5日(月)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書4:46~54

46イエスは再びガリラヤのカナに行かれた。そこは、かつて水をぶどう酒にされた所である。さて、カペナウムに病気の息子がいる王室の役人がいた。

47この人は、イエスがユダヤからガリラヤに来られたと聞いて、イエスのところへ行き、下って来て息子をいやしてくださるように願った。息子が死にかかっていたからである。

48そこで、イエスは彼に言われた。「あなたがたは、しるしと不思議を見ないかぎり、決して信じない。」

49その王室の役人はイエスに言った。「主よ。どうか私の子どもが死なないうちに下って来てください。」

50イエスは彼に言われた。「帰って行きなさい。あなたの息子は直っています。」その人はイエスが言われたことばを信じて、帰途についた。

51彼が下って行く途中、そのしもべたちが彼に出会って、彼の息子が直ったことを告げた。

52そこで子どもがよくなった時刻を彼らに尋ねると、「きのう、第七時に熱がひきました」と言った。

53それで父親は、イエスが「あなたの息子は直っている」と言われた時刻と同じであることを知った。そして彼自身と彼の家の者がみな信じた。

54イエスはユダヤを去ってガリラヤに入られてから、またこのことを第二のしるしとして行われたのである。

[聖句メッセージ]

 本日で、ヨハネの福音書4章は終わりです。

46節 (46イエスは再びガリラヤのカナに行かれた。そこは、かつて水をぶどう酒にされた所である。さて、カペナウムに病気の息子がいる王室の役人がいた。)

 『カナ』という街は、イスラエル王国の聖地エルサレムからは遠く離れており、そのエルサレムよりも北側に位置していた田舎町です。尚、この「カナ」は、ガリラヤ湖からは西へ約20キロ離れた街でした。

 Jesusは、以前、この「カナ」に、ご自分の弟子たちの友人の結婚式の為、母マリアと共に招かれたことがあったのです。

 当時のイスラエル王国の結婚式とは、町中の人々を招待して、長期間催されるお祭りのようなもので、結婚式から一週間位は、毎晩のようにぶどう酒やごちそうを食べて、町ぐるみの祝宴をしていたのです。

 そしてその時、このカナの婚礼の最中に、結婚式に招いていた人たちをもてなす為のぶどう酒が、途中でキレてしまうというアクシデントが起きました。

 尚、イスラエル王国の当時の結婚式や宴会は、途中で、ぶどう酒や食料が切れてしまうということは、大変恥ずかしいことであり、主催者(新郎新婦)たちには、あってはならないことであったそうです。

 そして、Jesusは結婚式のスタッフたちに、6つの80~120リットルの樽に水をいっぱい注いで、宴会の世話役たちの所に持っていくように、みことばを語られたのでした。

 それから、彼らがすぐにJesusのみことば通りに忠実に行動した時、そのすべての水は、極上なぶどう酒に奇跡的に変わったのでした。

 このようにBibleは、あれこれ考え過ぎず、すぐにみことば通りに行動できる忠実な人には、神の奇跡や願いの応答が現れやすいと、ハッキリ教え説きます。

 聖書は、クリスチャンといえども、与えられたみことばをスルーし過ぎたり、無視し続けると、神の奇跡と願いの応答力は減少していくとも忠告するのです。もし、あなたに神の奇跡や願いの恵みが必要ならば、胸に書き記して下さい。

 あなたはみことばを聞くと、すぐに祈り、アクションしようとする人ですか?

 もし神の奇跡と願いが欲しいのなら、今すぐにでもJesusの十字架を仰ぎ見て、悔い改めてみることです。

 Jesusは真心から悔い改めて行動に移せる素直な人たちに、カナのような、神の奇跡と願いの応答のチャンスを与えられるからです。

47~49節 (47この人は、イエスがユダヤからガリラヤに来られたと聞いて、イエスのところへ行き、下って来て息子をいやしてくださるように願った。息子が死にかかっていたからである。48そこで、イエスは彼に言われた。「あなたがたは、しるしと不思議を見ないかぎり、決して信じない。」49その王室の役人はイエスに言った。「主よ。どうか私の子どもが死なないうちに下って来てください。」)

 そしてこの時、ある王室の役人の子どもが重病で死にかかっていた為に、その子の父親は、Jesusのカナの奇跡の噂を聞いて、祈りすがってきたのでした。

 しかしJesusは、その役人の心を見抜き、以下のように冷たく語られました。

 「あなたは、わたしを完全に信じていませんね。もう子供の命を救う方法がないから、仕方なく、また半信半疑で私のもとに来ていますね。ハッキリ言いますが...その程度の信仰なら、神の奇跡的な癒しなど起こりません。目を醒ましなさい!」と言うように戒められたのでした。

 そして、心を見透かされた役人は、すぐに悔い改めました。

 「イエス様、許してください。すみません!もう、あなたしか子供の命を救えないのです。どうか、子どもの命を救って下さい!」と、この王室役人は一切のプライドを捨てて、周囲の人々の前で、年の若いJesusに向かって、命乞いするように頼んだのでした。

・マタイの福音書8:13

『それから、イエスは言われた。「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」すると、ちょうどその時、そのしもべはいやされた。』

50~54節 (50イエスは彼に言われた。「帰って行きなさい。あなたの息子は直っています。」その人はイエスが言われたことばを信じて、帰途についた。51彼が下って行く途中、そのしもべたちが彼に出会って、彼の息子が直ったことを告げた。52そこで子どもがよくなった時刻を彼らに尋ねると、「きのう、第七時に熱がひきました」と言った。53それで父親は、イエスが「あなたの息子は直っている」と言われた時刻と同じであることを知った。そして彼自身と彼の家の者がみな信じた。54イエスはユダヤを去ってガリラヤに入られてから、またこのことを第二のしるしとして行われたのである。)

 そして、役人の子どもの父親が恥も外聞をも捨てて、真心からJesusに祈りすがったその時、ちょうど午後7時に、その子どもは奇跡的に生命を回復したのでした。

 あなたは、この王室役人の父親のように、周囲の目など全く気にせずに、恥も外聞も捨てられるほどに、悔い改めの祈りを捧げられていますか?

 また子どもを救うために、命乞いの祈りをした王室役人のように、大切な家族と仲間たちに永遠なる救いを受けさせる為、人生とプライドを賭けた捨て身の祈りができますか?

 神の奇跡と救霊を生み出すには、Jesusへの完全信頼と、真心からの情熱的な祈祷力が問われるのです。

 人生とプライドを賭けてまで、みことばを信じる者たちだけが神の奇跡を生み出せるのです。胸に書き記して下さい。

 あなたの真心に現れる、王室役人のような恥と外聞を捨て去る程の情熱的な愛ととりなし力に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、真心から完全にBible&Jesusのみことばを信頼させ、すぐに悔い改めるべき時は、悔い改められるように助け導いてあげて下さい。

 そうすれば皆に、神の奇跡と願いの応答が数多く与えられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「