• sgbc-devotion

ヨハネの福音書3:22~24

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年9月26日(土)

ディボーション聖句

ヨハネの福音書3:22~24

22その後、イエスは弟子たちと、ユダヤの地に行き、彼らとともにそこに滞在して、バプテスマを授けておられた。

23一方ヨハネもサリムに近いアイノンでバプテスマを授けていた。そこには水が多かったからである。人々は次々にやって来て、バプテスマを受けていた。

24――ヨハネは、まだ投獄されていなかったからである――

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

・マルコの福音書16:15~18

『イエスはこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。人は皆、信じてバプテスマ(洗礼)を受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。信じて洗礼を受ける人々には、次のようなしるしも伴います。

すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいみことばを語り、たとい毒を飲んでも決して害を受けられなくなったり、また、病人に手を置けば病人はいやされることもおきます。」』

22~23節 (22その後、イエスは弟子たちと、ユダヤの地に行き、彼らとともにそこに滞在して、バプテスマを授けておられた。23一方ヨハネもサリムに近いアイノンでバプテスマを授けていた。そこには水が多かったからである。人々は次々にやって来て、バプテスマを受けていた。)

 このようにBibleは、Jesusの身代わりの死(贖罪)を信じられた人は皆、ただ、それだけで「神の子」とカウントされるようになり、人生で何をしたとしても、Jesusの十字架上の命が弁護して下さるので、天国行きが内定すると約束してくれます。

 Jesusの十字架に頼る人は皆、永遠のやり直しができるということです。

 またBibleは、自らの人生での自分勝手さと罪悪を認めて、素直に洗礼さえ受けられれば、神からの特別な救い主・聖霊と奇跡的な祝福まで受けられると、約束しています。信じるか、信じられないかはあなた次第。しかし世界最高権威ある書物、Bibleはハッキリと教え説いているのです。

・ヨハネの福音書1:12

『この方イエスを受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権を神様はお与えになった。』

 22~23節,もう、Jesusを信じて洗礼を終えられたあなたは、すでに神の特別待遇や聖霊を受けていることを忘れないで下さい。なぜなら、あなたの人生には神の特別な報いと奇跡の確率が高いからなのです。

 洗礼を受けて、みことばを信じて従う人たちに神の奇跡は訪れやすいのです。

また、あなたが洗礼前ならば、神の特別待遇や聖霊を拒否する理由とは何ですか?

 あなたがどんな宗教を信じるかは自由ですが...

 しかし聖書は、神のご招待と聖霊だけは絶対に拒否しないほうが得策だと忠告しているのです。肝に銘じて下さい。

・マタイの福音書28:18~21

『復活したイエスはこう言われた。「わたしには天においても、地においても、父なる神様からいっさいの権威が与えられています。

それゆえ、あなたがたは出て行って、あらゆる国の人々を神の子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマ(洗礼)を授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのみことばを守るように、彼らを教えなさい。

見よ。そうすればわたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」』

 22~23節,またBibleは...Jesus信仰により、すでに「神の子」とされた人は皆、肉体が死んでも、永遠に人生が終わらないので、この世の人生だけに縛られ過ぎて生きる必要などないと、はっきり教え説きます。

 あなたは死から解放されており、永遠なる自由を手に入れられたのです。

 またBibleは、「神の子」たちは、聖書から神の視点を学んで、永遠なる神の使命感を第一に生きるべきだと、教え説きます。胸に書き記してください。

・第一ヨハネの手紙5:5

『世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じた者たちではありませんか。』

22~24節 (22その後、イエスは弟子たちと、ユダヤの地に行き、彼らとともにそこに滞在して、バプテスマを授けておられた。23一方ヨハネもサリムに近いアイノンでバプテスマを授けていた。そこには水が多かったからである。人々は次々にやって来て、バプテスマを受けていた。24――ヨハネは、まだ投獄されていなかったからである――)

 そしてBibleは、神の子とされて、人生の勝者となれたあなたの第一の新しい使命は、Bible&Jesusの教える永遠のいのち(人生)を勝ち取る方法と、人生の永遠なる真理を周囲の人々に、教え伝えることにあると、はっきり教え説いています。

 Bibleは...このBible&Jesusの永遠なる祝福を宣べ伝えることを、人生の第一の使命にする人の人生だけは、いつも神が味方して下さるので、結果、何をしても幸運が訪れると約束してくれているのです。

 あなたは、神からの使命を怠っていながら、神の奇跡や願いの応答が安易に受けられると、勘違いしていませんか?

 神からの使命を怠る所には、神の奇跡や願いの応答は難しいものです。目をさまして下さい。

 また、世界人類の模範、神の御子Jesusと世界一偉大な預言者と言われたヨハネも、この神の使命に生きたのです。

 このように聖書は、神の使命を第一に生きる者たちにだけ、数多くの神の奇跡と百倍の報いは任されると、教え説きます。

・ヤコブの手紙4:3〜4

『あなたがたが願っても受けられないのは、自分の快楽のために使おうとして、悪い動機で願うからです。貞操のない人たち。世を愛することは神に敵することであることがわからないのですか。世の友となりたいと思ったら、その人は自分を神の敵としているのです。』

 なぜなら神様は、あなたの心の動機を深く探られて、奇跡や願いの応答を振り分けられるからなのです。

 あなたが神の使命を第一に生きられるようになり、神の奇跡や願いの応答を数多く任される人生となれることに期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、神の御子Jesusと世界一偉大な預言者ヨハネのように、神の使命を第一に生きられるようにして下さい。

 そうすれば皆に、神の永遠なる報いと奇跡的勝利と願いの祝福が訪れるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「