• sgbc-devotion

ルカの福音書24:27~43

Bible said

『主の教えを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ人は、何をしても栄える』『心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな』

『幸いなことよ。神の知恵を見いだす人は』

2015年9月12日(土)

ディボーション聖句

ルカの福音書24:27~43

27それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の中で、ご自分につていて書いてある事がらを彼らに説き明かされた。

28彼らは目的の村に近づいたが、イエスはまだ先へ行きそうなご様子であった。

29それで、彼らが、「いっしょにお泊まりください。そろそろ夕刻になりますし、日もおおかた傾きましたから」と言って無理に願ったので、イエスは彼らといっしょに泊まるために中に入られた。

30彼らとともに食卓に着かれると、イエスはパンを取って祝福し、裂いて彼らに渡された。

31それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。

32そこでふたりは話し合った。「道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか。」

33すぐさまふたりは立って、エルサレムに戻ってみると、十一使徒とその仲間が集まって、

34「ほんとうに主はよみがえって、シモンにお姿を現された」と言っていた。

35彼らも、道であったいろいろなことや、パンを裂かれたときにイエスだとわかった次第を話した。

36これらのことを話している間に、イエスご自身が彼らの真ん中に立たれた。

37彼らは驚き恐れて、霊を見ているのだと思った。

38すると、イエスは言われた。「なぜ取り乱しているのですか。どうして心に疑いを起こすのですか。

39わたしの手やわたしの足を見なさい。まさしくわたしです。わたしにさわって、よく見なさい。霊ならこんな肉や骨はありません。わたしは持っています。」41それでも、彼らは、うれしさのあまりまだ信じられず、不思議がっているので、イエスは、「ここに何か食べ物がありますか」と言われた。

42それで、焼いた魚を一切れ差し上げると、

43イエスは、彼らの前で、それを取って召し上がった。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

・マタイの福音書1:22

『すべての出来事は、主が聖書の預言者を通して言われた事が成就するためであった。』

・マタイの福音書5:18

主イエスは言われた。『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。』

 27節,このようにBibleは、聖書の真理と預言は、全世界と全人類に必ず成就すると、ハッキリ教え説きます。

 聖書は全人生の取扱説明書、あなたの人生に必要な真理と預言が与えられるのです。

 またBibleを絶対視して、あなたのために命を捨てて救い出してくれたJesusと、JesusFamilyたちを愛そうとすることが、永遠なる神を味方につけられるJesus信仰だと、教え説くのです。胸に書き記して下さい。

 あなたに必要な揺るがぬ真理と、神からの預言的インスピレーションに期待します。

・ヨハネの福音書20:9

『弟子たちは、イエスが死人の中からよみがえらなければならないという聖書のみことばを、充分、理解していなかったのである。』

27~31節 (27それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の中で、ご自分につていて書いてある事がらを彼らに説き明かされた。28彼らは目的の村に近づいたが、イエスはまだ先へ行きそうなご様子であった。29それで、彼らが、「いっしょにお泊まりください。そろそろ夕刻になりますし、日もおおかた傾きましたから」と言って無理に願ったので、イエスは彼らといっしょに泊まるために中に入られた。30彼らとともに食卓に着かれると、イエスはパンを取って祝福し、裂いて彼らに渡された。31それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。)

 しかしJesusの弟子たちは、多少の信仰心はありましたが、まさか、本当にJesusが死からよみがえられるとは、充分理解していなかったと、聖書は教え説きます。

 この弟子たちのように、あなたに完全な信仰心がなくとも、子どものように純粋な信仰心を大切に働かせようとすれば、良いだけなのです。

 あなたは、あなたの救い主・Jesusに不可能はないということを本当に、子どものように素直に受け入れようとしていますか?

 いつも、信じようと選択し続けられれば、必ず報われるのです。

・ルカの福音書1:37

『神にとって不可能なことは一つもありません。』

・マタイの福音書8:13

『それから、イエスは言われた。「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」すると、その人の信じたとおりになった。』

・ヤコブの手紙2:20

『ああ愚かな人よ。あなたは行いのない信仰がむなしいことを知りたいと思いますか。』

 27~31節,しかしBibleは、もしあなたが、あなたの救い主・Jesusには不可能がなく、あなたの祈りは必ず聞かれると信じられる100%の信仰心と、100%従おうとするHolySpiritを大切に養おうとせずに...ご利益宗教程度の信仰にとどまっては、それは虚しく、あまり意味がないと忠告しています。

 あなたの信仰心と従順なるHolySpiritのあり方は、如何でしょうか?

 この機会に吟味してみることです。

・ヨハネの福音書20:20~31

『死から復活したイエスは、その手とわき腹の傷を彼らに示された。弟子たちは、主を見て喜んだ。

イエスはもう一度、彼らに言われた。

「平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わしたように、わたしもあなたがたを遣わします。」

そして、こう言われると、彼らに息を吹きかけて言われた。

「聖霊を受けなさい。あなたがたがだれかの罪を赦すなら、その人の罪は赦され、あなたがたがだれかの罪をそのまま残すなら、それはそのまま残ります。」

十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたときに、彼らといっしょにいなかった。それで、ほかの弟子たちが彼に「私たちは主を見た」と言った。しかし、トマスは彼らに「私は、その手に釘の跡を見、私の指を釘のところに差し入れ、また私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じません」と言った。

しかし八日後に、弟子たちはまた室内におり、トマスも彼らといっしょにいた。戸が閉じられていたが、イエスが来て、彼らの中に立って「平安があなたがたにあるように」と言われた。それからトマスに言われた。

「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」

トマスは答えてイエスに言った。

「私の主。私の神。」

イエスは彼に言われた。

「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」

この聖書には書かれていないが、まだほかの多くの奇跡をも、イエスは弟子たちの前で行われた。しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。』

32~39節 (32そこでふたりは話し合った。「道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか。」33すぐさまふたりは立って、エルサレムに戻ってみると、十一使徒とその仲間が集まって、34「ほんとうに主はよみがえって、シモンにお姿を現された」と言っていた。35彼らも、道であったいろいろなことや、パンを裂かれたときにイエスだとわかった次第を話した。36これらのことを話している間に、イエスご自身が彼らの真ん中に立たれた。37彼らは驚き恐れて、霊を見ているのだと思った。38すると、イエスは言われた。「なぜ取り乱しているのですか。どうして心に疑いを起こすのですか。39わたしの手やわたしの足を見なさい。まさしくわたしです。わたしにさわって、よく見なさい。霊ならこんな肉や骨はありません。わたしは持っています。」)

 このように子どものような素直な信仰心よりも、この世の常識や学問にとらわれ過ぎていた使徒トマスは、死から復活して目の前に現れたJesusを、最初はニセモノ呼ばわりしてしまったのです。

 あなたは、私たちと同じ不完全な人たちが作り出した常識や科学的根拠を絶対視し過ぎてはいませんか?

 常識とはうつろいやすく、科学とは仮説に頼るところが、多い現実に目をさますことです。

 常識や科学は、絶対的とは言えないのです。

 また、創造主なる神様の定義は人知をはるかに超えた存在であり、人類が神を理解しようとしても、そのお方とは海よりも深く、宇宙よりも広く、太陽の光よりもまばゆい光を放てる存在なのです。肝に銘じて下さい。

 またBibleは、神とその御声を見出すのに大切なのは、頭で理解することではなく、ただ信じられるか、どうかが問われると教え説きます。胸に書き記して下さい。

・ヨハネの黙示録3:19~20

主なる神様は言われた。『わたしは、愛する者をしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって、悔い改めなさい。見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところに入って、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。』

41~43節 (41それでも、彼らは、うれしさのあまりまだ信じられず、不思議がっているので、イエスは、「ここに何か食べ物がありますか」と言われた。42それで、焼いた魚を一切れ差し上げると、43イエスは、彼らの前で、それを取って召し上がった。)

 このようにBibleは、あなたの神様はいつもあなたの心の扉をノックするように、あなたを助けて癒す愛と、永遠の人生を生き抜く為の真理を与えようとしていると、教え説きます。

 ただBible&Jesusに心を開いて、神の愛と知恵と真理を吸収していけば、あなたの神と天使たちは、あなたと共に生活して、助け導いて下さるだけなのです。

 あなたと内なる聖霊とが親しい関係になり、今、必要な神の知恵と助けが与えられることを祈ります。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、この世の常識や学問ではなく、Bibleの真理とJesusの福音と愛を、子どものように素直に吸収して、信じ続けられるようにしてあげて下さい。

 そうすれば、皆の人生に必要な真理と神の助けと預言的インスピレーションが注がれるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「